アニメウィークエンド感想 その1 | アラバマ生活雑記帳

アラバマ生活雑記帳

海外生活も足かけ20年!の主婦が
米国アラバマの片田舎から届けるお気楽な日常

18日金曜日、ナナとタロウの学校が終わってから午後4時過ぎに出発。
アトランタのあるジョージア州はアラバマより1時間進んでいるので、到着したら現地の7時近かった。

ホテルにチェックインして女子チームは着替えてボール(舞踏会)へ。
男子チームは適当にディナーを食べに別行動。

ボールは皆正装して来ていて華やかだったが、ワルツを踊る曲目はアニソン。わはは。
MAKOは着付けの特技があるので、浴衣に金色の飾り帯をしめて行ったら
何度か「写真撮らせてください」と頼まれていた。良かったね~。

ここで今回の流行フレーズ「ハイビジョン」が生まれる。

つーのは、「デブ」とか「カワイイ」という日本語が大抵通じてしまう場なので、
下手な悪口が日本語でも言えなかったから。
一生懸命コスプレしてるんだろうがちょいと太めで残念な方々のことを

「ハイビジョンだから、横幅広がっちゃってるんでしょ」

と表現したのが始まり。

この後ずっと「あー、ちょっとハイビジョンだねー」とか
「あっちでハイビジョンの○○見たよ」とか使うことに。便利ですた。

この日はボールに行ってその後ちょっと他の会場をぶらぶらして終了。





土曜日はナナがシエル、MAKOがセバスチャンに扮するチーム黒執事と
BJがキング・ブラッドレイ、タロウがエドに扮するチームハガレンとで参加。
私は銀魂のTシャツ着て荷物持ちと撮影助手。

ブラッドレイ総統のコスはね・・・まあ、似合うんじゃないかなーとは思ってたのだけど、
いやあ、これほど似合うとは実は思ってなかった!びっくりした!!

欲をいえば身長があと10センチは欲しいとこなんだけど、つってもそれは仕方ないし
タロウがエドなので二人で並べばまあそこそこバランスは取れてるし。
やってる本人は一体これが何てキャラでどんな人なのかぜーんぜんわかってないとこが笑えるんだけど。
こういう嫁をもらってしまった悲劇ってことであきらめてくだせえ。

写真撮られる時のポーズと表情はちゃんとレクチャーしたけど素直に聞くとこがえらい。
ちなみに衣装も、持って行く時は「着なくてもいいから!でもまあ、一応持っていこうね?」と
言ってだまくらかして持って行ったわたくし。
ほほほ。
着せる気満々だったんだけどさ。まあ一応ね。

ナナはハグされたり写真撮られたりしてご機嫌だったし、
MAKOは女の子から「結婚して!!」と言われたそうで。わはははは。
ちゃんとキャラ名で呼びかけてくれる人も多くて、楽しかったようだ。

タロウも沢山写真を撮られていたしハグされていたが、
一番忙しかったのはBJかも。
彼自身、このところカメラが趣味なので他のコスプレイヤーの写真も撮りたいし
でも「撮らせて下さい!」と言われてポーズとる事も多くて、
結局移動に一番時間かかってたので。三歩進んで二歩下がる、みたいな。
しまいにタロウにまで「もう、パパは置いてっていいよ」とか言われる始末。

BJひとりで写されるのはまだわかるが、ツーショットで撮らせて!なんて
女の子もいたりして笑った~~~。良かったね~~~。
っていうか私が喜んでたのか。私の見立てで着せたコスだから、ウケるとやっぱ嬉しい!
Lサイズの衣装取り寄せたら大きすぎたので袖もズボンも胴回りも
ぜーんぶ手縫いで詰めて補正したのだけどその甲斐はあったわ!!
っていうか、家庭科でもそんな熱心に縫い物した事ないんですけど!
なんでそこまで!?(←楽しいからです)

しかし、BJ扮するキング・ブラッドレイが
真剣な顔して朝ごはんのビュッフェを選んで取ってたとこはかわいかったな~。
なんか「巻末おまけマンガ」みたいな?!
ブラッドレイ総統の日常!みたいな??
総統の素顔を垣間見た!ってな感じですっごく面白かった。