お子さんには本当に大切なことを教えなければ・・・ | 大阪・上本町の140サイズ以上も豊富な子供服とハンドメイド雑貨 ChocolateBrown~チョコレートブラウン~

大阪・上本町の140サイズ以上も豊富な子供服とハンドメイド雑貨 ChocolateBrown~チョコレートブラウン~

100から160サイズの女の子服と雑貨とセレクトショップです。
一部、90サイズ、男の子、ママ服などもあります。
140、150、160サイズの品揃えに力を入れています。
家族や子育てをはじめ、私の生き方などプライベート話と店舗情報のブログです。


テーマ:

時々、来てくださる上品で
いわゆるセレブっぽいおばあちゃま。

ふとしたことで、うちの娘の不登校の話になり、

おばあちゃま、

勉強なんて、ほんと、どうでもいいのよ~
うちの孫も、勉強は全然できないけど
スポーツを一生懸命やっていて、
人の痛みのわかるやさしいいい子なんよ。
娘にも(お孫さんのママ)、
勉強、勉強とガミガミ言わなくていいのよ、と
色々話をして、
やっと娘も、変わってきたわ!」

おばあちゃまが考え方を変えて
娘さんも変わった。


そういう話に聞こえました。

お店に来るお子様連れのお客様も、
お子さんの発する言葉や行動に

そんなことしたらダメ、
そんないい方したらダメ、
ちゃんとあいさつしなさい
、とか
口々にいろんなことをおっしゃいます。

私も、もちろん昔はそうでした

普段から親がきちんとした言葉づかい
挨拶、行動など
ちゃんとしていたら、
自然に子供もそうなるのですが・・・。

親が一所懸命生きていたら
お子さんも一生懸命
勉強なり、
スポーツなり
頑張るのですよね。

悪いことをしたり
暴言を吐いたり、
それは
親がそうしているから。
お子さんがそうせざるを得ない
子育てをしているから。

いや、そんなことない、と思われるかもしれません。

でも、お子さんの行動や発言は
親の生き方の結果なのです。


もちろん親も人間なのですから
かっとなり
感情的になることは仕方がないことです。
人間ですから・・・

その時は
言いすぎたね、ごめんね、と言ってあげてください。

完璧な人間なんていないし、
完璧な親もいないから、
間違った時は素直に謝ればいいのです
親が謝ることは恥ずかしいことではないのです

お子さんを変えたかったら
自分(親)が変わるしかないのです。


現代にはびこる
良い学校
良い大学
良い仕事(儲かる仕事)

そういう固定観念をまず外すこと。


将来がそれでは心配と思うかもしれません

良い学校にこだわる親は
自分が一生懸命生きていない、
自信がないからなのかもしれません


私もそうでしたから、
ずいぶん遠回りをしてしまいました。

ノーベル賞の大村教授もおっしゃっていましたよね。

人の役に立ちたかった・・・と

一生懸命頑張って
何かの役にッたたり
誰かの役に立ったり
これは大きな生きる意味なのです

私たちは良い大学に入るために
生まれてきたのではないし、
家を買うために
生きているのではない。

生きる意味を
間違えないなら
子どもはまっすぐ育つはず。




ガンでも不登校でも笑顔の子供服セレクトショップの“ゆう”さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス