【茨城・結城市】”つむぎ ” の町へ 健田須賀神社 | キティ写真館♥御朱印巡り&プチ旅日記

キティ写真館♥御朱印巡り&プチ旅日記

ハローキティとともに♥プチ旅日記♥御朱印♥限定グッズ♥などなど…写真で綴る毎日

2020.9.8

 

1200年の歴史をもつ

結城家氏神の古社

 

久しぶりの仕事 北関東シリーズ

9月に入ってボチボチ仕事が

入ってきました。

 

仕事=収入はもちろんですが、

初めての町を訪ねられることが

さらにうれしいです!!

 

ということで今回も初めての町

茨城県結城市

 

JR東日本 水戸線 結城駅

 

 

ゆるキャラはまゆげったくん

繭玉まゆげった

結城紬(つむぎ)桐下駄を着用

奈良時代から続く高級織物

国の重要無形文化財・

ユネスコ無形文化遺産の結城紬、

繭は結城紬の原料、

下駄をはじめ桐製品も伝統産業です。

 

 

結城駅から徒歩10分

健田須賀神社に到着

一の鳥居から一直線で本殿が見えます

 

健田須賀(たけだすが)神社

御祭神:武渟川別命・須佐之男命

健田神社の創建は大変古く

現在の地より2キロ東南にありました。

ここは霊峰筑波山を拝するのに最適地で、

古代人はここで祭りを行い

日の出から暦を察した場所と考えられます。

やがて神社の様相を呈し、

結城の国造竹田臣の祖神武渟川別命を祀りました。

日本で最古の公式記録集『延喜式』(927)には、

下総国11社の1つに記されている延喜式内社です。

明治3年、須賀神社と合祀されました。

 

右差し『延喜式』左差し

平安時代の法令集。 50巻。三代式の一つ。

(他に『弘仁式』『貞観式』)

藤原忠平らが醍醐天皇の命令により編集、

延喜5 (905) 〜延長5 (927) 年完成。

内容は律令制社会の全般に及んでいる。

巻9, 10の神名式は,『延喜神名帳』ともいわれ、

全国の神社が国郡ごとに連記されている。

 

 

 

十二社(じゅうにしゃ)

結城七社(健田須賀神社を除く六社)の他、

香取神社・松尾神社・羽黒神社・三峯神社・

白峯神社・足尾神社が祀られています。

 

結城七社

南北朝時代、豪族の結城家七代当主結城直朝

南朝方の関城攻略の際にこの七社を

北斗七星に見立てて戦勝祈願をし、

見事に勝利したことが始まりとされています。

健田須賀神社には他の六社が合祀。

 

御朱印にも北斗七星とともに

結城七社の印が

 

 

猿田彦神社

(猿田彦命の御朱印もあり)

 

 

御朱印

季節限定(書き置き)

 

通常御朱印(直書き)

独特な書体は好みです^^

 

 

結城百選

市内の名所・旧跡等で優れた景観・風情を有する場所を

「結城百選」として選定

健田須賀神社も選ばれています