【東京・中野区】駅名にもなっている新井薬師 梅照院 | キティ写真館♥御朱印巡り&プチ旅日記

キティ写真館♥御朱印巡り&プチ旅日記

ハローキティとともに♥プチ旅日記♥御朱印♥限定グッズ♥などなど…写真で綴る毎日

2020.9.3

 

山門の提灯が印象的な

新井薬師・梅照院

 

西武新宿線の駅名になっている

「新井薬師」

いつも気になっていたので

通院の途中、下車してみました。

 

8月中旬、突然

足底筋膜炎というものに

なりまして

痛い足を引きずりながら

仕事と御朱印巡りに…

正直かなり激痛で、凹む凹む。

毎日帰宅時の頃には

気力で足引きずってますあせる

 

 

駅から徒歩10ぐらい

商店街も続きます

交差点名にもなっているので

わかりやすい

 

商店街をちょっとはいったところ

シャレた参道が見えてきました

新井薬師梅照院

両方の名前が刻まれた石板

 

 

山門です。

いやぁ〜!!  ちょっと感動!!

提灯がとこか懐かしい〜

テンション UP上矢印

 

 

手水舎

こちらもテンション UP上矢印

個人的に好きなのデザイン。

すばらしすぎです!!

 

 

本堂(瑠璃殿)

新井山 梅照院 薬王寺

(新井薬師)

真言宗豊山派

御本尊:薬師如来(表側)と

如意輪観音(裏側)の

二仏一体の尊像(高さ約5.5㎝)

空海の作と言われいます。

 

鎌倉末期、相模国(神奈川県)から

僧・行春がこの新井の里を訪れます。

清水の湧き出るこの地こそ

真言密教の修行道場にふさわしいと感じ

草庵を建てましたが、

徳川初期頃には荒れ果てました。

天正14年、庭に植わる梅の古木が

夜毎に光るという現象が起こり、

梅の木を調べると薬師如来が現れました。

鎌倉時代に活躍した武将・元新田義興の臣

中野郷新井の郷士の窪寺氏の守護仏となり、

薬師堂を建立したのがはじまりです

 

 

 

鐘楼

 

 

薬師霊堂

素敵な光が映り込みました!!

 

 

不動堂

お願い地蔵尊

お地蔵様の身体に柄杓で水をかけ、

治してほしい部分をたわしで擦って

治癒を願います

(しまった!! 足を擦ってくるんだった!!)

 

 

本堂の裏に立つ聖徳太子像

中野区の左官業組合が技能向上を願って設置

 

 

曇っていた空が青空に〜

 

そして帰路につきました

 

御朱印(書き置き)

 

こんな自販機見つけました!!

そして東京限定の「お〜いお茶」