【東京・新宿区】早稲田界隈さんぽ 穴八満宮と水稲荷神社 | キティ写真館♥御朱印巡り&プチ旅日記

キティ写真館♥御朱印巡り&プチ旅日記

ハローキティとともに♥プチ旅日記♥御朱印♥限定グッズ♥などなど…写真で綴る毎日

2019.7.24

 

高田馬場の由来がわかった

穴八幡宮は黒光りしていた

 

同行のキティさんを

神田川の流れの失い

ちょっぴり心神喪失状態。

 

それでも歩く早稲田界隈

早稲田大学近くまで来ました!!

 

すごく大きくて立派な

朱が輝く鳥居発見!!

穴八幡宮です

鳥居をくぐると流鏑馬の銅像が

ここに馬場(高田馬場)の由来が。

馬場で行われてきた流鏑馬が

現在は穴天満宮に継がれています

長い階段を昇りつめると

こちらも朱が輝く立派な門

早稲田の雑踏はどこへやら

静寂の境内

こちらは黒光りの本殿

かなり大きく立派です

社伝によれば、1062年(康平5年)、

源義家が奥州からの凱旋の途中、

この地に兜と太刀を納め、

八幡神を祀ったのが始まりと

言われています。

蟲封じ、商売繁盛や出世、開運に

利益があるとされています。

特に蟲封じは徳川家や天皇家も

訪れたとか。

現在の本殿等は、1961年(昭和36年)

御鎮座900年事業として再建工事を開始、

現在も続いています

 

手水舎 かなり個性的

 

布袋様

すべてにおいて

輝いていました

御朱印 一陽来復

 

 

 

そしてさらに歩くと

水稲荷神社

こちらは180°変わって

質素感が素敵です!!

早稲田水稲荷神社は水と緑の鎮守、

日本稲荷古社の随一と言われています

イケメンな狐さんです

 

こちらは御朱印はありません

 

さらにキティさん事件にもめげず

早稲田を歩きます…