猫ねこ展と、月影くん☆個展での羊毛猫と犬。 | 東京・横浜・大阪うさぎ羊毛フェルトChocolat Box(ショコラボックス)

東京・横浜・大阪うさぎ羊毛フェルトChocolat Box(ショコラボックス)

一般社団法人日本うさぎ羊毛フェルト協会 代表理事。Atelier Chocolat Box®︎主宰。著書「リアルかわいい羊毛フェルトのうさぎ」河出書房新社刊。東京・大阪・横浜アトリエ教室にて定期教室開催中。台湾、うさフェスタ、ラビットショー 出展

こんばんは。うさぎ羊毛フェルト作家の
Chocolat Box(ショコラボックス)畑 牧子です。

土曜日、長女の中学の保護者会があり、都内へ出た帰り、
お友達の、フォトブック作家、スワンさんが参加される、
神楽坂の「猫ねこ展」へお邪魔してきました。

飯田橋駅から徒歩3分。迷わずに素敵な立地のギャラリー。

うさ飼いも熱いが、猫飼いさんも熱い!
うるうるしてたのに、最後は笑顔で帰ってきました。
猫好きさん、神楽坂散策前に是非!


そして、スワンさんの愛猫、ラックくんと、ことらくんの
愛情あふれる、涙腺うるうるなフォトブックと、
てのひラックんゲット。ご一緒に出展されていた作家さんの、
陶器のエアプランツホルダー、フレンドシップキルトのキット。
(これは年末、おばあちゃんとチャレンジしようかと♪)
ハートかずらの種。種には自然が描いたハートが!
大切に育てます♪

右下の子は、個展でも、こそっとまじっていた、
(気がつかなかった人もいるかも)ラックんを参考に作った、
私が高校生の時に、初めて飼った猫、「月影」です。
本当は、額装して、LED入れるなど
準備していたんですが、時間切れー!次の機会に(笑)


スワンさんとはじめて会った日の帰り、スワンさんに
連れて帰ってもらったラックん。

私が飼ってた月影にそっくりでその頃の事を思い出しました!
「動物は絶対飼わない」と言っていた父が、
冷たい雨の日、まだへその緒がついたまま、
よろよろと歩いていた
赤ちゃん猫を連れて帰ってきたのが月影でした。

哺乳瓶でミルクを飲む力もなくて、スポイトであげていました。
(でもすぐ吐いちゃう。)私が毎日一緒に寝て温めて、
近くの高校だったので、昼休みには帰ってきて、ミルクをあげて
はじめての自分の子供のように可愛がっていた月影。

ある日、お昼休みに帰ってきたら、
冷たく固くなっていて、その名前のように、儚い命を終えました。
たった1ヶ月ほどでしたが、自分には動物が飼えないと
思っていたので、そのかわいい姿と一緒にいられて、
幸せなひと時でした。

なのに、短い命にしてしまって、
私が無知なばっかりに、かわいそうなことをしたと、
ずっと自分を責めていたように思います。

お客様の中にも、ペットちゃんが亡くなった時、
「もっとああしてあげれば良かった。こうしていれば・・・。」
と後悔する方も多くいらっしゃいます。

私もずっとそうでした。
でも、私は月影に出会えて本当に嬉しかった。
短い間だったけれど、

その時の思いは、今の仕事に繋がっているのかも。

そんな事を思いながら、「月影って覚えてる?」
なんて、涙しながら・・・。両親と電話で話して
作った作品がこちらでした。

ようやく月影に「ありがとう。」が言えましたclover*

今回の個展、沢山の「うさぎ」にまじって、
猫ちゃんもいました♪
ヒムシーちゃん。(本物)


ちょっと手直し&撮影し直しました♪(羊毛)


さらに、ワンちゃんもいましたよ。
左側が本物で、右が私の作品。という、感じで、以下のような
キャプションをパネルにして、展示していました。

犬や猫は、飼っていないだけに難しいのですが、
鼻や爪も樹脂風粘土で、その子サイズで作っています。
ちょっとうさぎ顔になるのをご了承いただければ、
2,3年お待ちいただいてもいいという方は、
あと1週間くらいは、オーダーお受けしています。

FBページメッセージ欄よりどうぞ。

お手数ですが、以下のランキングバナーも
押していただけると、制作の励みになります/(^ x ^)\




にほんブログ村


ご訪問ありがとうございました。
うさぎ羊毛フェルトの
Chocolat Box(ショコラボックス)でした。



Hay Hay Festival 2014

2015年1月18日(日)10:00~16:00

神戸サンボーホールにて開催される、

うさぎイベントに初出展します。

ブースは44番です。

★雑誌「うさぎと暮らす」54号に作品、作家紹介掲載。
読者プレゼントに作品提供。


★年賀状データー集2015年10月2日発売。作品掲載。