パリの羊毛屋さん、ラデュレ、セーヌ川、ノートルダムへ。 | 東京・横浜・大阪うさぎ羊毛フェルトChocolat Box(ショコラボックス)

東京・横浜・大阪うさぎ羊毛フェルトChocolat Box(ショコラボックス)

うさぎ羊毛フェルト作家、講師。2009年より教室開講。イベント出展、教室、羊毛とペットの毛を混ぜて、植毛の動物製作オーダー作品製作。2016年10月著書本「リアルかわいい羊毛フェルトのうさぎ」出版しました。


テーマ:
フランス旅行5日目

おみやげカウプレ、締め切りました!

この日は、フランス名物?ストライキ!メトロも電車の本数が減って、
満員電車
日本と違うのは、駅員さんが押さないので、乗り切れないこと。

この日は火曜日、ルーブルが定休日だったので、オルセー美術館へ。
ところがやってました、スト!予告はしていなかったので、
大丈夫かと1時間並びましたが・・・。結局、「本日は休館します。」
オルセー美術館
入れて~~

私は夫に並んでもらっている間に、近くのお店を見たり、
クロワッサン&コーヒーと一緒に、駅の売店で可愛い手芸雑誌を購入
刺繍とカルトナージュが載っていて、お手頃価格!

手芸雑誌

仕方ないので、近くのバトビュス(船のバス)乗り場で、
1日券€12.2を買って、セーヌ川からの眺めを楽しみながら、
ノートルダム寺院へ。

ノートルダム寺院  ノートルダム寺院バラ窓

開いていたので、登るぞ!と思ったら、そこはストの為、お休み
またバトビュスと徒歩で、コンコルド広場へ。
マリーアントワネットが処刑された場所です。

コンコルド広場

メトロの乗り場を探していたら偶然見つけたラデュレでランチ
ラデュレ  ラデュレマカロン  ラデュレ店内
ラデュレランチ  ラデュレ店内マカロン  ラデュレキャンドル
憧れの店内マカロン♪と思ったら、東京にもあるんだね。とパンフで発見。
でも店内も、お菓子も雑貨も、素敵でした~キャンドルを購入。

メトロで、シャンゼリゼ通りへ移動。
やっぱりパリに来たからには、ミーハーで、
ルイヴィトン本店へ。(30分程並びました。)
寿命だったお財布を新調。円高でかなりお買い得

ここで、ヴェルサイユ宮殿で見た「村上隆氏」のイラスト×ヴィトンコラボ財布や
スカーフ商品発見!そんな有名な人だなんて、知らなかった~。


ヴィトン財布  ロクシタン

これもお買い得!と、ロクシタンでも買いだめして、
一度ホテルに荷物を置きに行き、オペラ地区の、
パッサージュ・ジュフロアの中にある、ミニチュアのお店屋さん、
「パン・デビス」へ。
実はここが一番のお目当て。どうしても外せなかったのは、
羊毛を扱っているから~~~♪
見ているだけで楽しくて、1時間くらいいたかな?夫が怒り気味でした

パン・デビス
パン・デビス2  パリの羊毛屋さんで買ったもの。

多分、日本でも買える、もしくは似たような色を持っているかもしれないけれど、
山のように羊毛を買ってしまいました!
質感が変わっている、ニードルにも水フェルトにも加工しやすそうな羊毛です。
本や、ニードルホルダーも♪(そのうちオークションに出そうかな)

カルトナージュの展示会作品に使うミニチュアもいいものを見つけました♪
また完成したら、作品アップしますね

その後、ラファイエット(百貨店)に行って、
もう一度バトビュスへ。ストの影響か、夕日と共に見る景色がいいのか、
満席でした!

アレクサンドル3世橋

私がルーブルを見て、夫に、「あれ、何?」
と言うのを聞いた、隣の席のフランス人マダムが、
以後、ずーっとフランス語で見所を解説してくれました
ほとんど分からなかったけど、つたない英語でなんとなく会話し、
私達が降りると、周りのフランス人、皆が手を振って見送ってくれました
優しいやん、フランス人(私の焦りっぷりが面白かったのかな。)
↑写真は、マダムがパリで一番美しい場所。と言ったと思う、
アレクサンドル3世橋から見る、エッフェル塔。

帰りのメトロでは、大きな紙袋を持った私に、
女の人が「英語話せますか?」と近づいてきた。
「私より、夫の方が話せます。」と夫にふったら、
「あの人(私)の荷物を、さっきからスリが狙ってますよ。」
とのこと。夫はその人も怪しい(え~、そんなもん?)
さり気なく車両を変えた。

紙袋の中は羊毛ですけどね


フランス旅行記もあと1日!お付き合いいただいて、ありがとうございます。
懲りずにまた是非遊びにいらしてくださいませ♪ぽちも↓

Chocolat Boxさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス