奈良 | 空と風とわたしのノート☆

空と風とわたしのノート☆

バセドウ病を通じ、心と身体の旅がはじまりました。自分と向き合うこと、陰陽の食事療法や手当て療法により断薬へ。

現在は心理カウンセラーを目指し勉強中。
自分を信じて、毎日をゆるく楽しく生きる♪

奈良二日目、8時過ぎにはホテルをでて電車で法隆寺を目指す。法隆寺駅に着いたらタイミングよくバスが停まっていて、すぐに出発。
まだ朝も早かったせいかそこまで混雑しておらず。ただ想像以上の広さに驚いた。東京ドーム4個分の広さだそう。世界最古の木造建築。釘を一本も使ってないなんて…信じられない!柱の曲線も美しい。


大講堂や夢殿も素晴らしかった。聖徳太子のご朱印もいただく。雨が降っていたため写真は殆ど撮らず。たまたま期間限定で秘宝展が開催されていたので見たりして。。かなりの展示数の多さに驚く。次第に修学旅行生も増えてきたため電車に乗って、郡山城下町へ。古い街並みをお散歩しつつランチを済ませ、薬師寺へ向かう。


きらびやかな薬師寺。国宝の薬師三尊像をみて、唐招提寺へ。

ここは緑がきれいで全体的に気がとってもよかった。数年前からこちらの千手観音様を見てみたくて、ようやく念願が叶った。金堂は建物自体美しく、内陣には巨大な三尊が並んでいてとても厳か。これは上野の展覧会などには来ないだろうなぁ、しなやかな体躯。全てが美しく落ち着ける空間。こちらのお庭の一角に甘味屋さんでもあったら最高なのに…と感じるくらい素敵な空間。京都の枯山水も良いけど、奈良のこの感じも最高に良い。お土産屋さんで美しい鐘の音がするキーホルダーを買いました。観音様を近くに感じられます。


唐招提寺を後にしてから、一気に春日大社へ向かいました。本当は平城京跡や不退寺、海龍王寺も見れたら…なんて思っていましたが。たまたま春日大社行きのバスがきたから乗ってしまった。春日大社は10代のころ、母や祖母と来たことがある。そのときはもっと厳かだったような気がしたが。今回も修学旅行生と鹿が多くて…なるべく鹿とは目を合わせないようにして、ささっと参拝して奈良町へ向かった。

奈良町は昨夜の雰囲気とはうってかわって、たくさんのお店がところ狭しと並んでいる。路地のまた奥の奥に、ひっそりと見つけられては困るかのように面白いお店が並んでいた。ここでもかなり歩いた。

途中、ガイドブックにも載っていたカナカナでアイスコーヒーとプリンをいただき、足を休める。かわいらしい店内。ランチを食べている方もいらっしゃり、美味しそう。その後、屋根瓦がすてきな元興寺へ。



帰りは20時すぎの新幹線だったが、18時すぎには京都に戻った。京都駅でお土産をみたり、抹茶屋さんで休憩したり。密かな楽しみだった551の肉まんやシュウマイ、ちまきなども買った。551は東京にはないから、京都で買えるのが楽しみなのだ☺1泊2日と駆け足の奈良の旅。再びの大神神社、狭井神社、初めての長谷寺、唐招提寺が最高によかった。