奈良へ | 空と風とわたしのノート☆

空と風とわたしのノート☆

バセドウ病を通じ、心と身体の旅がはじまりました。自分と向き合うこと、陰陽の食事療法や手当て療法により断薬へ。

現在は心理カウンセラーを目指し勉強中。
自分を信じて、毎日をゆるく楽しく生きる♪

少し前に奈良へ行ってきました。
6:50の新幹線で東京から京都へ。JRで奈良まで出る。祖母のお墓参りをして、三輪素麺の山本でランチ。柿の葉寿司も数年ぶりにいただく。素麺はお出汁がきいていて、もちっとしていて美味しい。お土産も買ってしまい、想定外に荷物が重くなる(;´д`)


その後、檜原神社→狭井神社→大神神社→長谷寺のコース。昨年は大神神社参拝の際、三輪山登拝をしたため、長谷寺へは行けなかったので、今年は登山は諦めて参拝のみ。1年ぶりの大神神社はやっぱり雰囲気が良い。狭井神社と物凄い気を感じる。最初の写真が狭井神社。ぴりっとした波動。左奥に御神水が湧いていていただくことができる。もう1枚は大神神社。



その後、初の長谷寺へ。
駅をでて、20分くらい歩いたかな。長谷寺に到着し、少し上るとあの写真でよくみる登廊が。美しい。階段は緩やかな傾斜で上までゆっくりと上れる。その後更に上って本堂へ。


毎年、春と秋は観音様の御足に触れることができるため、わたしたちもお御足に触れる。そして足元からぐるっと右周りで一周し、観音様の後ろ側へ。そして改めて正面から手をあわせる。


ここは建物も美しい。全てがバランスよく無駄なところが一切ない。誰をも受け入れてきた場でしょう。何と素敵なところだろう。本堂は国宝だそう。上から景色を眺めながらここまで来てよかったと心底思えた。ちょうどこの時、普段はみることができない銅板法華説相図も公開されていて、ご縁があったのかな。ご朱印は限定のものと合わせて3つ頂いた。

長谷寺をでて、参道にあるよもぎ餅の寿屋さんへ。店主の方が親切で美味しいよもぎ餅をいただく。何軒か同じようなお店が並んでいるが、寿屋さんが一番の老舗。他のお店のと食べ比べたが、あんこと生地のもちもち感が全たく違い絶妙だった。この後、橿原神宮に行く予定だったが、喉も渇いてしまい途中のカフェでアイスコーヒーをいただいたら、ほっとした気分になり、橿原神宮はまた次回にして、そのまま奈良に戻りホテルにチェックイン。

荷物を置いて、夜ご飯を食べに奈良町へ。
奈良町初めて行きましたが、夜は殆どお店があいてないの。犬の散歩をしていた地元の方に夜ご飯を食べることができるお店を教えてもらい、春さんという古民家のお店でハンバーグと海老フライの定食をいただいた。帰り道はライトアップされた興福寺の五重塔がみえ、一瞬何時代にいるのだろう?タイムスリップしたかのような幻想的な美しさだった。