松川温泉・南部鉄器 | 空と風とわたしのノート☆

空と風とわたしのノート☆

バセドウ病を通じ、心と身体、代替療法についての旅がはじまりました。陰陽の食事療法や手当てをはじめとした自然療法、心と向き合うことで断薬へ。

現在は心理カウンセラーを目指し勉強中。
自分を信じて、毎日をゆるく楽しく生きる♪


テーマ:


2月末に岩手県の松川温泉に行って来ました。新幹線で盛岡で下車し、バスで120分。山奥にある秘湯です。Ozマガジンの温泉特集をみて、行ってみたいなぁと思っていた峡雲荘に宿泊。東京生まれのわたしはこんなに積もった雪は初めてみましたが、今年は雪は全然少ないんだそう。

11月に行った乳頭温泉と同じく乳白色のお湯。湯花が浮いていて、さすが秘湯という感じでした。湯治に来ている方もいらっしゃいました。お湯の温度が割と高めで、最高に良いお湯でした。内湯と露天と交互に入って、ゆっくり瞑想しデトックス。雪見温泉も楽しめました。温泉って本当に地球のエネルギーそのまま。全て巡回している。食事もヘルシーで美味しかった。


翌日は盛岡観光しました。
盛岡ってレストランやカフェなど素敵なお店がたくさんありました。
貧血気味なわたしは南部鉄器を買うことも今回の旅の目的。老舗のお店も見て回りしましたが、岩鋳鉄器館がとてもよかったです。ここはギャラリー兼、実際の南部鉄器を作る作業工程がみれるテーマパーク型工場。商品ラインナップが多く、あれもこれも欲しくなりました。

鉄瓶は迷ったけど、やかんも土瓶もコーヒーケトルも家にあり、、置き場所を考えやめました。鉄瓶は土瓶が壊れたとき買おうかな。
今回は16センチの手鍋と、土瓶でお茶をわかすときに鉄分補給できると言われている鉄卵を買いました。鉄鍋はとっても良いです。毎日お味噌汁作ったり、ちょっと煮物作るときに使っています。ただお水につけっぱなしだと錆びちゃうからね、お手入れには気を付けています。
以前から使っている柳宗理の鉄のフライパン同様、何十年も使っていく予定。

鉄分は動物性から摂る方が早いといわれていますが、自然食や陰陽の本には植物性もしくは鉄鍋などから摂る方が身体の負担が少ないと書かれています。どちらにしてももっと鉄分とらないと~。


ショコラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ