放送大学 | 空と風とわたしのノート☆

空と風とわたしのノート☆

バセドウ病のこと、代替療法、心の世界、日々感じることなど綴っていきます。
自分を信じて、毎日をゆるーく楽しく生きる♪
現在、カウンセラーを目指して勉強中。


テーマ:


またまた久しぶりのブログ。
この秋から放送大学で2つの講座を学ぶことにした。今年2月に友人に誘われて、大山泰宏教授の臨床心理学の講演会に行き、とても興味をそそられ、そうか心理学って大学で学べるんだという基本的なことに気が付いた。

これまでも心理カウンセリングやセラピーを学んできて、実際に○○で辛いとか、インナーチャイルドの癒し、パニック障害など断然、これまで学んできたカウンセリングやセラピーが早いし、効果も期待できる。

けれども、個人の問題に対して社会はどんな風に取り組んでいるのか?もっと基本的な人格とは?とか、ちょっと哲学っぽいけど、わたしには知識がなく。。知らなくても困らないし、それよりも今、楽になることが大切かもしれないですが。そんなことを少し学べたらいいなーと思って始めました。

学生のうちは全ての講義をネット学習することができるので、選択科目以外も時間のあるときに聞くことができるのです。死生学についても興味があるから、時々聞いたりして。なるほどなとハッとしたり!知ることって大切だなぁと思う日々。そして自分のハートが喜んでいるのがよく分かる☺仕事しながら…なので、学ぶ時間を作ることがまだまだむずかしいですが。

これまで自分自身がカウンセリングを学び、セッションを受けてきて、悩みというのは色々種類があること。とりわけ子供のころの出来事は潜在意識にしまわれていることが多く、大人になってからも大きく影響していること。それがセルフイメージやアイデンティティーとなり、自分の土台となっている。また前世や集合意識の記憶と言われる部分もしっかり存在していることが体験を通して分かった。

セッションを受けていく中で、自分の大きなテーマというがはっきりしてきて。それはいつもいつも表にでてきているわけではないから、気にせず過ごすこともできるんだけど、やっぱり潜在意識が占めている部分は大きくて、ここにフォーカスしていくと本当に自分が変わっていく。

最近、これまで何年も取り組んできた大きなテーマに関して、いきなり道を歩いているときに大きな感情がわいてきて。(もちろんきっかけはあり、久々きたな、、と思っていて)そのまま帰宅して、すぐにその感情と向き合って、自己ワークをしました。かなり大きなものが見えて、○○をみたくないためにこのような行動をして、だから△△だったんだという心の構造がはっきりわかった。

心はミルフィーユのようにいくつかの層、段階にわかれていて、自分を守っている。その構造はとても複雑で、そんな風にしてまで自分の見たくないことを見ないようにしている。でもそこを見ていくと、大きな癒しが起こる。これは信頼できるカウンセラーさんの元で向き合っていくことが一番、安全。今回、わたしが自己ワークでここまで見えたのは、これまで何年ものセッションの積み重ねが大きい。それと取り組むことに対しての恐怖がだいぶはずれてきたから。恐怖というのは自分の中にメリットにならいことがあるということ。

そーいう、潜在意識の仕組みを大切にしつつ、自分はどんなカウンセリング、セッションがしたいんだろう。模索中。

ショコラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス