快慶・定慶のみほとけ展~フェルメール展 | 空と風とわたしのノート☆

空と風とわたしのノート☆

バセドウ病のこと、代替療法、心の世界、日々感じることなど綴っていきます。
自分を信じて、毎日をゆるーく楽しく生きる♪
現在、カウンセラーを目指して勉強中。


テーマ:


少し前に上野で快慶・定慶のみほとけ展をみてきた。

京都の大報恩寺、今年京都に行ったとき行けなかったし。普段はみれない秘仏、六大弟子立像や美しいお顔の観音様。最後のお部屋はやさしい波動に溢れていた。。
穏やかな気持ちで駅に向かい、、ふとフェルメール展、まさか当日券なんてないよねぇ??と話しながら、上野の森美術館に向かってみました。

そしたら何と見れるとのこと!閉館まであと1時間!点数は少ないので焦ることなくゆっくりみてきました。しかも空いていたし、平日の夕方は穴場かもしれません!?

最後のひと部屋がフェルメールのみ飾られていて、空間をゆったり使っていた。

10年前、東京都美術館だったかしら?フェルメール展をはじめて観賞して以来、日本にくるときは必ず足を運んでいる。2012年にマウリッツハイス美術館展が東京に来たとき、真珠の耳飾りの少女をみて。もうグッと引き込まれた。あの頃、映画もやっていた。

今回も柔らかな光と陰。
ブルーとイエローの色彩。
白い肌。
時が止まったかのよう。
華美ではなくミステリアス。
瞬間を捉えた引き込まれる力。

来てよかった~。後半にしか見ることのできない作品、大阪にしかこない作品もあるそうで、、そちらも観たいな~。 やっぱり展覧会って好き。しかも今回、学生料金(笑)
フェルメールは作品数自体が少ないですが、世界中のあちらこちらにある作品を一挙にまとめて見せてくれて有り難い。

ショコラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス