今月のお題は「宮沢賢治の処方箋」。 | ゆうのはんなり日記

ゆうのはんなり日記

のんび~り きままに おしゃべりしてます


テーマ:

今月のお題は「宮沢賢治の処方箋」。
メンバーが宮沢賢治さんの作品からひとつを選び、どんな時にそれを読むと「効く~」のか、解説します。

 

稽古真っ只中。

 

今回の劇場公演『十二階のカムパネルラ』

 

どのような作品になっているのか。

ブログを読んでくださっているみなさんと、実は同じような気持ちでおります。

 

 

宮沢賢治さんの作品は、小学校で何作品か読みました。

今の小学生も読んでいるのでしょうか。。。?

 

『注文の多い料理店』は何回か絵本を読んで様に思います。

 

 

そんな中で、ベタですが、やっぱりこの作品しか思いつきません。

 

『 雨ニモマケズ 』

 

 

この作品、今のこの現代だからこそ、感慨深い作品だと思います。 

 

 

東日本大震災の時に、この作品を渡辺謙さんが朗読されたました。

岩手県出身の宮沢賢治さんの作品だからこそ、

より多くの方を励ますことが出来たのだと思います。

 

また、この作品は様々な英訳があるそうです。

 

なかでも、『 Unbeaten by rain  』は

東日本大震災を悼み、世界各地で行われた追悼式で

読み上げられたものです。

 

2011年の4月にアメリカの国立大聖堂の行われた追悼式典で読まれた

『 Unbeaten by rain  』はイギリス在住の日本人が訳されたものだそうです。

 

きっかけは東日本大震災の寄付を募る為に作成されたポスターに

掲載する作品として『 雨ニモマケズ 』が選ばれ

日本と外国との文化の違いを意識しながら

この作品と、日本の良さを知ってもらいたいと

多くの国の方に協力してもらい訳されたそうです。

絵本のパティオさんホームページより)

 

 

様々なものに恵まれていて、

利益や生産性や快適さ、簡便さが

好まれるけれども

 

 

やっぱり、ひとは誰かの役にたてることで頑張れるし

誰かが喜んでくれると、自分も嬉しくなる。

 

それは、別に褒めて欲しいとかそんな欲求ではなくて。

 

 

そういうものだと思っているのですが

最近は、ちょっと違う考え方も多いのかなと思えたり・・・

 

そうやって、喜んで、嬉しくなって、

幸せになっているひとが増えるといいのに、

 

なんて思うのですが、これがなかなか難しいことなのですよね。

 

自分でいっぱいいっぱいになっていると

周りのことも見えなくなってしまいますし・・・

 

悲しいかな、自分に余裕がないとできないんですよね。

 

 

まずは、自分の周りのひとからですよね。

 

 

 

この詩の中で私が一番好きな部分は

『 イツモシズカニワラッテヰル 』

 

 

そんなひとでありたいです。

 

 

 

 

 雨ニモマケズ

   

   雨ニモマケズ

   風ニモマケズ

   雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

   丈夫ナカラダヲモチ

   慾ハナク

   決シテ瞋ラズ

   イツモシヅカニワラッテヰル

   一日ニ玄米四合ト

   味噌ト少シノ野菜ヲタベ

   アラユルコトヲ

   ジブンヲカンジョウニ入レズニ

   ヨクミキキシワカリ

   ソシテワスレズ

   野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

   小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

   東ニ病気ノコドモアレバ

   行ッテ看病シテヤリ

   西ニツカレタ母アレバ

   行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

   南ニ死ニサウナ人アレバ

   行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

   北ニケンクヮヤソショウガアレバ

   ツマラナイカラヤメロトイヒ

   ヒデリノトキハナミダヲナガシ

   サムサノナツハオロオロアルキ

   ミンナニデクノボートヨバレ

   ホメラレモセズ

   クニモサレズ

   サウイフモノニ

   ワタシハナリタイ

 

 

メンバーの処方箋はこちらから

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

シアターキューブリック 2018 クリスマス公演
『十二階のカムパネルラ』
2018年11月21日(水)~25日(日) @浅草九劇
作・演出 緑川憲仁
♪メインテーマ 岡村孝子『世界中メリークリスマス』

宮沢賢治の代表作のひとつ『銀河鉄道の夜』は、
もう二度と会えない友、カムパネルラをめぐる心の冒険物語。
もしも、そのカムパネルラが賢治だったとしたら……。
大正から昭和にかけての賢治の故郷・花巻と、
浅草十二階と呼ばれた巨塔そびえる浅草を舞台に繰り広げられる、
大正浪漫躍るクリスマスファンタジー。
 

[チケット]
4,500円(税込・全席指定)
 当日 4,800円
 学生(大学・専門学校生以下) 2,500円 ※要学生証
 ※未就学児の観劇はできません。

~チケットのお求めは~
 ●シアターキューブリックオンラインチケットサービス
  https://www.quartet-online.net/ticket/12kai 
 ●演劇パス
  https://engeki.jp/pass/events/detail/484 

[会場]
浅草九劇 東京都台東区浅草2-16-2 2階

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス