ネガティブ、アナログ人間

東方神起のユノとチャンミンが大好きです。
二人のあまりの格好良さに、二次元の世界のようで、日々妄想しています。
ここにでてくるお話は、あくまでも妄想であって、本人達とは、全く関係ございません。

基本アナログでネガティブです。


テーマ:

ここに、何通もの手紙がある。

あなたから来たものと、僕が出していないもの。

素直になれなくて。

会いたいって言えなくて。

ユノ、、、元気ですか?

僕達は、いけない関係とわかりながら、いつしか愛し合った。

毎日が楽しくて、毎日が輝いていた。

あの頃はあなたのラインが入っているかどうか携帯で見るのが日課になってた。

いつからだろう。

あなたからのラインがこなくなり、あなたが、僕の部屋に来ることはなくなった。

そして、一年が過ぎ、僕は、携帯もかえ、全ての連絡先をかえた。

ある日、ポストに届いた手紙。

忘れないよ、この字。

カレンダーに時々あなたが残していったから。

次にくる日を。

それは、僕達が愛しあった日でもあり、未だに捨てられずに残してある。

怖くて開けられなかった。

だって、別れようと改めて言われてたら、どうしようかと思ったんだ。

開けるのに三日もかかった。

開けたときは、あまりのショックで、、、。

一年間連絡できなかったのは、事故に遭っていたということ。

そして、自分が誰かわからなくなっていたこと。

僕を思い出したときには、すでに、自分の隣に女性がいたこと。

会いたくても会いにいけないと。

ごめん、と何回も綴られていて。

謝るくらいなら、手紙なんかよこさない方がよかった。

すぐに返事を書いた。

あなたのことなんか忘れてた。

愛してなんかいなかった。

だから、気にすることないって。

そして、ポストまで、もっていったのに、、、だせなかった。

それをだしたら、本当に僕らの関係が終わってしまう気がして。

すでに、終わってるのにバカだよね。

それから一ヶ月後。

再び、あなたから手紙がきた。

元気にしてるかと。

寒くなってきたけど、風邪ひいてないかって。

風邪ひきやすかったのはあなたで。

それに、今さら、そんなこと心配してどうなるんだ。

そして、またすぐに返事をかいた。

あなたが心配しなくても、風邪をひいても面倒を見てくれる人がいると。

あなたより、ずっと素敵な人だと。

本当はそんな人いないのに。

そして、その手紙も出すことができなかった。




※【ゆのみん企画】今回のテーマは手紙

すみません。もう少しお付き合いを。一話で終わらなかった。

同じテーマであげられる方はこちらです。

http://yunomin.seesaa.net/s/article/384838520.html


Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

チョコチップさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。