ちょこボラ!しよう

「ちょこボラ」とは、「ちょこっとボランティアする」こと。今すぐ簡単にはじめられる「ちょこボラ」の数々を紹介します。


テーマ:
昨夜はと~っても寒いイブでしたね。雪

娘が寝入ったあと、ツリーにかけられた大きな靴下にプレゼントを投入。
娘を起こさないよう注意しながら、そ~っと静かに床に入りました。

それにしても、さすがに10歳ともなると、サンタの存在に疑問を抱くらしい。
今月に入ってからというもの、
「サンタさんって、家族じゃないの?」
「サンタさんはママやパパだって、そう言ってる子もいるよ」
など、スルドイ質問を何度も投げかけられました。

しかし……

「そうなのだっ! サンタはじつはこの私だったのだ!
サンタさんなんて、この世にはいないのだ!」ビックリマーク


などと言うわけにもいかず、
「サンタさんは、ママとパパなの?」
と聞かれるたび、
「まさか。そんなわけないじゃん」
とごまかし通してきました。
でも、これもいつまで通用することか……。
お子さんをおもちのみなさんは、
この「サンタ問題」をどうやって解決しているのでしょう?プレゼント

ちなみに、苦し紛れの思いつきでしたが、
真実を知りたがる娘に、最終的にはこう伝えました。

私「そろそろ、サンタさんは来なくなるかもしれないよ」
娘「ええ! どうして? なんで?」
私「サンタさんが誰で、どこから来るのかを知りたがるようになったということは、
もう、あなたがこれまでのような“子ども”ではないってことでしょ。
サンタさんは、“サンタを素直に信じる子ども”にプレゼントをもってきてくれるものなんだよ」
娘「……」
私「サンタさんって、そういうものなのかも」
娘「そっか……」

納得したような、でも、どこかさみしそうな顔。
こうやって、ちょっとずつ大人になるのかな。
と思っていたら、

「プレゼントもらえなくなるのはヤダ!
私はやっぱりサンタさんを信じる!」

おやおやおや~~~。
やっぱり、まだまだ子どもちゃんですか……。合格
もうしばらく、サンタをめぐる攻防は続きそうです。クリスマスツリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本は「教育のガラパゴス」。
「ペーパー重視」はもはや日本と韓国だけ。

そんな「目からウロコ」な教育の現状を、
高木展郎教授がアツく語っておられました。メラメラ

暗記を主とする「点数重視」の受験から、
自分で考え導き出した答えを伝える「コミュニケーション重視」の受験へ。
文科省中教育審議会は、そうした方針に拠って、
新たな学習指導要領を施行するとのこと。
「三択から選ぶ」のが得意な日本式を、
「自分の言葉で記述する」の得意な欧米式へと、
教育の方法を大きく変えて行こうというわけですね。

教授によれば、
「勉強しなさい」
「100点をめざしなさい」
と尻たたきをするのではなく、
ふだんの日常会話のなかで
「それって何? 説明してみて」
「どうしてかな? 理由を考えてみようよ」
という会話を親子で積み重ねて行くことが、
子どもの学力を向上させる一番の近道とのこと。
何でもかんでも「理詰め」はよくないけれど、
地頭をよくするには、
楽しく深い親子の会話が必要不可欠なのですね。星

ちなみに、わが家ではここのところ親子で「消去算」「年齢算」を猛勉強中。
「わからないから教えて」
と娘にいわれ「どれどれ」と問題に取り組んでみたのですが、
……むむむ、むずかしいショック!
「えーと、ここが、こうだから、こうなって」

教えるというより、ともに頭を悩ませて答えを出した。という感じ。とほほほほほ。得意げ

でも、もしかすると、勉強そのものよりもこうした取り組みじたいが、
子どもの学力向上につながるのかもしれないですね。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月4日。「茅ケ崎ピースウォーク」に参加してみました。

この催しは『茅ヶ崎市・九条の会』のみなさんが主催。
「軍事費の予算は福祉や教育に使って」
「辺野古に基地はいらない」
などの呼びかけをおだやかにコールしながら歩く、
いわば平和的なデモ行進です。走る人

参加者は20名前後でシニアが中心。
「おばあちゃんに誘われて参加した」という母子が一組いらっしゃいましたが、
小学生の娘を連れて参加した私は異色の存在。
主催スタッフの方からは「よく来てくれたね~」と喜んでいただけたようです。ニコニコ

茅ケ崎ピースウォークは比較的小規模な行進ですが、
警察の方数名に付き添われ、
基本車道を歩くというかたちでスタートしました。
幟を掲げ、大きな垂れ幕をみんなで持って歩く。
う~ん、これはなかなかデモっぽい。目


先頭を歩く女性がスピーカーでコールを連呼しながら、
一行はコースをゆっくりと歩きます。
「軍事費の予算は福祉や教育に使って~」
「辺野古に基地はいらな~い」
ぞろぞろと歩く我々を、道行く人々が振返ります。
うさんくさそうに見ている人もいましたが、
さすがにヤジを飛ばすような人はいません。
いっしょに歩く人もいるかな?と期待しましたが、
みな、基本的に他人事。
そんななかで、一組の老夫婦が大きく手をふりながら、
「がんばって! 私も戦争反対!」
と叫んでいたのが印象的でした。

日本人はこういう活動に対してひどく無関心。
まさにその通りだなあと痛感しましたが、
少なくとも、何人かの心のなかにちょっとしたタネをまくことはできたはず。
何も知らずにつき合わされた娘は、
「はずかしいよ~」
といやがっていましたが、
「世界平和に貢献したんだよ」
というと、わずかに満足してくれたようです。クローバー

こうして「歩いて」みると、
これまで見えなかったものが見えてくる気がする。
運動不足の解消にもなったし、
これからも「歩く社会貢献活動」に参加してみたいと思います。走る人




午後1時半に中央公園に集合。

$ちょこボラ!しよう-ピースウォーク2

垂れ幕はスタッフのみなさんのお手製です。

$ちょこボラ!しよう-ピースウォーク3


おまわりさんもごくろうさまです。信号機

$ちょこボラ!しよう-ピースウォーク1
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。