昨年10月に閉館した、マリアの心臓人形博物館

私にとってとても大切な空間です

閉館した今も
その事実が変わることはありません


まだ思春期の私を最初にみつけてくれたのは館長である佐吉さんでした

当時、造形を主に
赤いものしか作れず
作品とも呼べない作品ばかり吐き出し
時には自分の血液を作品に入れ込んだり、写真も撮っていましたが全て真っ赤

とても とても
優しいとは言えぬ
どちらかと言うと
不愉快な作品でした

そんな思春期の私を「嘔吐」から「表現者」へ、表現者から「作家」へ育てて下さったのはマリアの心臓と佐吉さんです

私にとっても心臓である、マリアの心臓の扉が閉まることは自分の心臓も閉ざされる不安に潰されました

でも、ね。
私の心臓は
まだ 動いてるよ


マリアの心臓出身アーティストとして、お外の世界にお出かけ出来たこと。
そこが綺麗な色だったこと。
嬉しかったこと

私はしあわせです

あったかい
大好きな
おうちがあるから、お出かけできる。。

マリアの心臓に生まれたことを誇りに思います


恥じないように生きなきゃ、、ね。。


ねぇ。

その心臓をわたしに下さい





高円寺 アリスと豆の木にて開催されましたNewYearAlice展にて、大賞をいただきました。

大変光栄に思っております。

自分の作品が受賞させていただいたと知ったときは嬉しくて号泣しました。


この賞は、私だけのちからでいただいた賞ではありません。
私の大切なモデルである、ゆうかさんとふたりでいただいた賞と思っております。

たくさんの皆さんのお力添えのお陰です。

本当に本当にありがとうございます。

今後は、この賞に恥じぬよう気を引き締めてより一層
制作活動に精を出しますのでこれからも宜しくお願いいたします。

展示に足を運んで下さった皆様
応援して下さった皆様
アリスと豆の木関係者の皆様

本当にありがとうございました




*写真集 a,gleam
2500円
ヴレッジバンガード丸井シティ渋谷店にて発売中


*今年7月5日~13日
画廊珈琲Zaroff
(水曜定休日)
写真展 わたしの心臓



2月12日(日)18:00~21:00
高円寺ギャラリー
アリスと豆の木にて開催中の
NewYearAlice展
クロージングパーティーが御座います

ご予約不要のパーティーですので、是非お気軽にお越し下さいませ

※ギャラリー内が混み合っている場合は譲り合ってお願い致します


♪ギャラリーアリスと豆の木は、高円寺駅から徒歩3分。パル商店街を直進、途中サーティワンやパチンコ屋さんなどあります。十字路に分かれたところの布団屋さんを右手