僕が子ども達を台湾に連れて行った理由 | 第3の居場所作りを目指すダンス教室/ダンススタジオHome/群馬県館林市・伊勢崎市・太田市

第3の居場所作りを目指すダンス教室/ダンススタジオHome/群馬県館林市・伊勢崎市・太田市

第3の居場所作りを目指す、アットホームなストリートダンス教室ダンススタジオHome代表のchobiです。群馬県館林市、太田市、伊勢崎市にあります。「ダンスは手段、育むのは人間性」がコンセプト。技術よりもココロを育てたい。子ども達の笑顔と自然が僕の原動力。

・ダンスは言葉の壁を超える。

・志を持つと同じ人と出会える。

・感謝を言葉にして伝えることは、とても大切。

・人の価値は、人間力(どれだけ相手を思いやれるか)で決まる。

 

image

image

これは以前、僕が台湾に行った時に学んだこと。

 

 

 

 

台湾の皆さんの優しさに触れ、

Alunnの考えに触れ、

その人間力に、ただただ驚きました。

 

 


 

それによって自分の価値観が大きく変わり、

新たな気づきをたくさんもらえました。

(31歳のカルチャーショック)

 

 

 

 

だからこそ、

子ども達にもそんな機会を作りたかった。

 

 

 

 

 

気づきが早ければ、

その後の可能性はさらに広がるから。

 

 

 

 

 

あれから1年。

ついに実現できる機会に恵まれました。

image

 

 

 

どうなるか不安もありましたが、

皆さんがとても暖かく、

笑顔で子どもたちを受け入れてくれました。
 

 

 

 

おかげ様で子どもたちは、

無事に海外デビューを果たせました。




DJ Timeではフロアの空気を子どもたちが完全に持っていってました。

生き生きと踊る姿は、とても誇らしかったです。

 

 

 


 

今までの積み重ね。

それが開花した瞬間。





 

『努力しているとこういう瞬間が必ずある』
そんな事を学んでくれたら嬉しいなー。

 

 

 

 

 

 

 

今回の旅でも僕が強く感じたのは、

やはり『人は思いやりが大切』という部分。

 

 

 

 

 

 

相手のために何ができるか。

それを考え行動する人こそ、尊く素晴らしい人。

台湾のスタジオの代表ALunnはそれを体現し、自らの行動を持って僕らに教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

発表会で忙しいのに、空港に迎えに来て、ショッピングに連れて行き、リハーサルをこなしてから、さらに子ども達を遊びに連れて行ってくれて、夕飯をご馳走してくれる。

 

 

 

 

発表会当日は終わった後、打ち上げへ招待。

海辺の公園散策や、スタジオに連れて行ってくて、練習を一緒にしたりしました。

(子ども達にダンスまでレクチャーしてくれました。本当に贅沢。)

帰国の日は朝5:30に宿まで迎えに来てくれて、空港までお見送り。

最初から最後まで本当にありがとう。

 

 

 

 

彼は滞在中の移動や食事を全て手配し、

全て払ってくれました。

 

 

 

 

彼は僕らの為にほとんど寝ていなくて、

なのにずっと落ち着いて笑顔。

 

 

 

 

 

ただただ感謝。

ただただ尊敬。

カッコよすぎる。

 

 

 

 

 

たくさんの経験をありがとう。

ここでの思い出はきっと子ども達の心に大きく残るでしょう。

 

 

 

ダンスが上手いだけじゃなく、

人としても尊敬できる人。

子ども達にも彼のような人を目指して欲しい。

 

 

 

 

 

 

来年のHomeの発表会にALunn一行が来てくれます。その時はみんなで最大限のおもてなしをしたいと思います。

お互い様で生きていこう。

 

 

 

 

 

 これこそが僕の目指す、

『ダンスは手段育むのは人間性』






これからもHomeだからできることをやっていきます。

 

 

 


 

ダンススタジオHome代表

遠藤一樹(chobi)