アレもコレも
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2006-03-22 15:16:01

第201回のTOTO結果

テーマ:toto

 鹿島 vs 甲府
 新潟 vs 磐田
 大分 vs 横浜M
 川崎 vs F東京
 京都 vs 広島
 福岡 vs 名古屋
 浦和 vs C大阪
 清水 vs 千葉
 草津 vs 徳島
横浜C vs 山形
 湘南 vs 仙台
 神戸 vs 水戸
 愛媛 vs 札幌


5勝8敗・・・。

でも前回に比べたら勝率はあがってる。

これからどんどんいくで~。

2006-03-19 23:36:46

第201回のTOTO予想

テーマ:toto

 鹿島 vs 甲府
 新潟 vs 磐田
 大分 vs 横浜M
 川崎 vs F東京
 京都 vs 広島
 福岡 vs 名古屋
 浦和 vs C大阪
 清水 vs 千葉
 草津 vs 徳島
横浜C vs 山形
 湘南 vs 仙台
 神戸 vs 水戸
 愛媛 vs 札幌


たのむよ~。

2006-03-19 23:30:37

第200回のTOTO結果

テーマ:toto

F東京 vs 清水
 磐田 vs 京都
 広島 vs 浦和
名古屋 vs 鹿島
 千葉 vs 福岡
 大宮 vs 新潟
 甲府 vs 川崎
横浜M vs C大阪
G大阪 vs 大分
 鳥栖 vs 神戸
 仙台 vs 柏
 山形 vs 札幌
東京V vs 愛媛


3勝10敗って・・・。

これはひどいね。


結局つよそうなチームを買っても仕方ないということにきづいた。

その通りにならないし、ならないのがサッカーだし、

それがサッカーの面白いところ。


それにそんな買い目は、当たったとしても配当が低い。


よし次だ次。

2006-03-17 14:40:14

第200回のTOTO予想

テーマ:toto


F東京 vs 清水
 磐田 vs 京都
 広島 vs 浦和
名古屋 vs 鹿島
 千葉 vs 福岡
 大宮 vs 新潟
 甲府 vs 川崎
横浜M vs C大阪
G大阪 vs 大分
 鳥栖 vs 神戸
 仙台 vs
 山形 vs 札幌
東京V vs 愛媛


さぁ、どうなる。

2006-03-09 14:47:08

合理的

テーマ:思うこと

行動経済学ってものがあるらしく、
確実性のない物事をおこなうときには、
人間は合理的な判断をするとは限らない
という分析なんかをする学問らしいのですが、


質問1:AとBのどちらを選びますか?
A:80万円もらえる
B:100万円もらえるが、15%の確率でもらえないことがある


質問2:CとDのどちらを選びますか?
C:80万円を支払う
D:100万円払うのだが、15%の確率で払わなくても良い可能性もある


この質問に対して、
質問1ではA、質問2ではDを選ぶ人が多いそうです。


ただ統計学的に合理性の面からすると、
質問1では、Aの期待値は80万円で、Bの期待値は85万円となり
Bを選んだほうが得をしやすいことになりますし、
質問2では、Cの期待値は-80万円、Dの期待値は-85万円となり
Cを選んだほうが損をしにくいということになります。


つまり人間とは、得をするときには確実性を、
損をするときには計算上の合理性よりも、
リスクの少ない方を選びがちということになります。


なんでも合理的に…と考えるのは
正しいとはいえなさそうです。

2006-03-08 10:57:26

OUT

テーマ:映画


主婦たちがバラバラ殺人事件に巻き込まれる話。
原作はこちら


原作がよい作品だと
どうしてもその映画化とかには期待してしまうんですが、
うーん、これも原作にはぜんぜん勝てていない。
というか、ぜんぜん違う。


題材がバラバラ殺人というだけで
登場人物の設定からオチまで
まったくといってよいほど別物。
それでも、その脚本がよければ問題ないんですけどねぇ。


圧倒的なリアリティがうりなはずなのに、
後半になるにつれて
どんどん現実ばなれしていくのはとても残念だし、
とってつけたようなエンディングもないなぁという感じ。


★★☆☆☆

2006-03-03 10:36:11

第11回ドラクエ8記:洞窟クリア

テーマ:ゲーム

体力も回復したので、
もう一回水晶玉を調べてみる。


するとまたやつが登場です。
「またおまえか…」
みたいなことを言ってます。


そして例の質問。
「この水晶玉はおまえのか?」
今回は「はい」を力強く選択。


するとやはり戦闘です。
まぁ当然っちゃ当然なんですけど。
RPGですし。


わりと苦労しながら、
それでもなんとかボスを倒すと
「滝にごみはすてるな」
と捨て台詞をのこして去っていきました。


なんとか一件落着です。
しかし、このボスとのやりとり、
うまくつくられてるなぁと少し感心しました。


これはおまえのか?と訊かれて、
たぶんゲームをよくやる人は
1回目はぼくと同じくいろいろ考えた上で
正直に答えるでしょう。
そしてゲームをあまりやらない人は、
当然相手に言われるがまま
正直に答えると思うのです。


つまり誰がやっても、
はじめの1回目は
この質問には正直に答えるようになっているのです。
それはつまり、今回のぼくのように
体力を回復したり、
装備を整えたりする時間を与えてくれ、
いきなり戦闘にならないように配慮されているのです。


これが意図したものか
どうかはわかりませんが、
へぇ~とおもったわけです。

2006-03-02 10:51:37

第10回ドラクエ8記:正直が一番

テーマ:ゲーム

ダメージを追っている状態からボス戦か…
ちょっとつらいな、なんておもっていると、
「正直に言え。この水晶玉はおまえのか?」
なんて訊いてくるじゃないですか。


ここでいろいろ考えます。


もし「はい」といったら、ウソを言ったことなる。
自分の水晶玉じゃないし。
基本的にウソはよくない。
絶対よくないことが起こる。
しかもいったん「はい」をえらんでから
あとで「いいえ」を選びなおすといった
ゲーム的選択ができない質問かもしれない。
「はい」を選んだ時点で
ストーリーが進行してしまうかもしれない。
そうなるとここは正直に「いいえ」を選択するべきか…。
うん、やつも正直に言えといっているし
やっぱり「いいえ」にしよう。


そういったことを1秒ぐらいで考えて、
「いいえ」を選択。
するとボスは残念そうに帰っていくではありませんか。
なんだか知らないですが、
これはHP回復のチャンスとばかりに
いそいでやくそうで満タン回復です。


それにしても正直に答えてよかった。
やっぱり正直が一番です。
あそこで「いいえ」と答えていたら
どうなっていたんだろう。
やっぱり戦闘になって、全滅かなぁ。

2006-03-01 11:05:01

第9回ドラクエ8記:いきなり登場

テーマ:ゲーム

装備もそこそこ整ったので、
いよいよ本格的に洞窟に出発です。


洞窟に向かうみちすがら、
MPはもちろんのこと、
少しでもHPも減らすまいという意気込みで
雑魚どもをけちらします。


洞窟にはいってからも
基本的にはMP温存方針はかわりません。
ボス戦で何があるかわからないですから。
さらには、やくそうも温存です。
いつ瀕死になるかわからないですから。


被害を最小限に抑えながら、
洞窟をくまなく歩き回ります。
地図を手に入れたので、
まだ通っていない場所はないか、
とり忘れた宝箱はないか、
入念にチェックしながら
慎重に進んでいきます。


そうこうしているうちに最下層。
滝つぼに水晶玉が浮かんでいるのが見えます。
なにも考えずに調べてみたら
いきなりボスっぽいやつが登場です。


これはやばい。
いくらHPを気にしながら戦っていたといっても
さすがに半分ほどまで減ってますよ。
MP温存方針なんでホイミなんて使ってないし。


さぁどうなる…。

2006-02-28 13:14:00

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

テーマ:映画


ホビットが指輪を捨てに行く話。
小説『指輪物語』の映画化3部作のパート2。


すべてのファンタジーの元といわれる圧倒的な世界観、
主人公の小さいホビットをはじめ、
さまざまな魅力的な登場人物たち。
これ系が嫌いじゃない人は、すぐに引き込まれるでしょう。


ストーリーも原作にほぼ忠実。
きれいな風景に美麗なCG。
なかなかみごたえのある映画だとおもいます。


ただ後半の、砦が破壊される絶望感と
援軍がきてからの大逆転が
きちんと描かれていないのがすごく残念。
そのあたりがきちっとできていれば
もっとよかったのに…。


★★★☆☆

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス