ちょびひげの にんまりブログ

ワンピース フィギュア ディスプレイ / デトルフ 照明 /
ケース 自作 / 切り絵 / イラスト / etc
お金をかけずにちょっとした工夫とアイディアで楽しむワンピライフ♪


テーマ:

先日、娘がミニクッションを作ってくれました。

 

「パパ、毎日お疲れ様!

 少しでも疲れが取れるように、会社のお昼休みにこれでお昼寝してね♪」って。

 

 

 

 

これがとても良くできていて。

我が子ながら感心しました。そしてとてもとても嬉しかった。

 

 

材料は100円ショップで買った「パイル地のタオル」と「手芸用の綿」なんですけどねw

 

 

 

親子揃って100円ショップ大好き、ちょびひげです(: こんにちわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで100円ショップの額縁を立体額にあしらって、

 

 

ポリストーンコレクションを飾ったり、

→過去記事『エピソードフレームを作ってみた♪』参照

 

 

 

 

 

 

ドラマチックショーケースを飾ったりして楽しんできました。

→過去記事『【ドラマチックショーケース】見る・語る・飾る』参照

 

 

 

 

この飾り方のいいところは、

 

身近な材料で手軽に作れて、

 

大事なコレクションを埃から守れて、

 

大きなケースとは違って場所もとらず、

 

ちょっとアートっぽく飾れる!

 

てなところかな?( ´艸`)

 


立体額って買うと結構な値段しますけど、それがたった100円で満足できちゃう♪という。
貧乏色の覇気を遺憾なく発揮した作品の一つだったりしますw

 

 

 

 

が!


その作り方はあえて公開しませんでした。

ぼくは自分が思いついたアイデアやものづくりの工程は
(求められずとも)いつだってブログにおっぴろげにしてきましたが。

 

これだけは公開できない理由があったのです・・・(;´▽`A``

 

 

 

 

 

なぜなら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

額縁の裏に、ただダンボールを引っ掛けただけだからw

 


これはさすがに・・・ね( ゚∀゚; )タラー


あまりにもみすぼらしく、
見た目的にも、強度的にも紹介するに耐えませんA=´、`=)ゞ

 

お時間ありましたら、当時の記事にアップした画像を今一度見てみてくださいな♪
額縁裏のダンボールが見えないよう、必死で撮影した微妙なアングルばかりですからwww

 

 

 

と、いうことで。


そんな反省を踏まえつつ、この度、ちょびひげ流 立体額をリニューアル♪
今回はその裏側まで余すところなく公開しちゃいますよw

 

 

 

 

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:

 

 

 

 

 

そもそも額縁の構造は、言うまでもなく、

 

 

枠 - ガラス板 - 背面。

 

ここに奥行を持たせてあげるんだったら、

 

 

 

 

 

背面の板を外して、その代わりに枠と同じサイズの箱をくっつけてあげるのが

構造的には一番シンプル。

 

 

でも、そうすると、

 

 

・枠と同じサイズの箱を探すのが結構、手間。

・枠と同じサイズの箱を作るとなると、もっと手間。

・ガラス板を枠にしっかり固定しないと危ない(瞬着じゃ心もとない)←体験談w

・箱の固定や開閉のための丁番や止め金具が別途必要

 

このあたりがひっかかる( ̄_ ̄ i)

もっと手軽に、簡単に作れないかな~?

 

 

 

ってことで、こんなんどうでしょう?(°∀°)b

 

 

 

 

背面の板をくりぬいて、マットの代わりにし、

その裏に一回り小さい箱をくっつける!

 

これなら、ガラス板を挟み込む形でしっかり固定できるし、

開閉のための金具もいらない♪

 

 

 

 

 

 

実際の映像がこちらヾ(@^▽^@)ノ♪

 

 

 

 

 

 

使ったのは、

 

 

ダイソーの額縁 A5サイズ

嬉しいガラス板仕様♪

 

と、

 

 

セリアのウッディスクエアBOX

 

この二つがミラクルフィット!

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは額縁の背面をスクエアBOXよりも一回り小さくくりぬいて。

 

 

 

 

 

 

断面を斜めにヤスリがけしておくと、マットっぽさが増し増しw

 

 

 

 

 

角をきっちり出してあげるといい感じに♪

 

 

 

 

 

 

 

一方、スクエアBOXは側面の板を片側だけはがしちゃいます。

 

ハンマーで優しく叩けば簡単に外れるけど、隠し釘的なものがあるので

怪我をしないように要注意!

 

 

 

 

 

 

 

剥がした板の一枚を反対側に移植して隙間を埋めちゃいます!

ここが立体額の底部分になります。

 

 

 

 

 

 

これを”なんちゃってマット”の裏にぺたり。

木工用ボンドは乾けば透明になるし、濡れ布巾で拭き取れば綺麗になるので

はみだしたって大丈夫♪

 

 

 

 

 

 

次に、背面を用意。といっても、厚紙で十分( ´艸`)

背面とぴったりサイズにしておけば、接着しなくても挟まって固定されます。

 

 

 

 

 

 

 

ほらね(^∇^)

これなら好きな絵柄やテクスチャを入れて、差し替えも楽しめちゃう♪

 

 

 

 

 

 

 

続いて、天井部に蓋を作りましょう。

硬質カードケースを切り出してトレイ状にし、曇りガラススプレーをかけました。

 

半透明にするのが狙いなので、スプレーでなくても、

やすりかけたり、トレーシングペーパー貼ったりでもOK!

 

 

 

 

 

 

蓋はただ乗せるだけw

 

 

 

 

 

 

 

で、これを枠に嵌め込めば完成!とо(ж>▽<)y ☆

 

 

 

 

 

 

枠とマットの固定は、額縁本来の金具に引っ掛けるだけ♪

 

わざわざ丁番等を用意する必要もなく、ガラス板もしっかり固定されます。

願ったり叶ったりw

 

 

 

 

で、何故、天井部を半透明にしたかというと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥まで光を届かせるためキラキラ

 

立体額は奥行がある分、どうしても暗くなりがち。

せっかく飾ってもよく見えないんじゃ、がっかりです。

だから、半透明♪o(^▽^)o

 

 

 

 

 

 

飾り方も色々♪

 

 

フェイクグリーンや造花をあしらって、窓辺に飾るもよし。

(飾り付のセンスが不足している点はスルーでwww)

 

 

 

 

 

 

小物を置いて、アンティークっぽく飾るもよし。

 

 

 

 

 

 

もちろん、フィギュアも飾れますよ~!ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはアタックモーションズ4 火の鳥星

背景をスピード線に差し替えました♪

 

 

 

 

 

 

光を強めに当てると、陰影がついて表情も変わりますね。

 

 

 

 

 

 

 

縦置きも可。

モデルはドラマチックショーケース 3rdシーズンのルフィ。

・・・何か、前科者の写真みたいwww

 

 

 

 

 

 

 

あの名場面もぴったり収まりました♪

以前、あれこれいじってディスプレイしたけど、こういうのもシンプルでいいかもw

→過去記事『ワンピース DRAMATIC SHOWCASE~4th season レビュー&ディスプレイ』参照

 

 

 

 

 

でも、やっぱりお気に入りは、これかな?

 

 

 

 

ジオラマワールド3!

フィギュアとしてのクオリティよりも、遊び心溢れる構成にぐぐっと惹かれますねえ。

ぼくがどれくらいミニミニ好きかは過去記事『やっぱりミニが好き♪ 【其の1】』参照。

 

扉絵や原作のひとコマを再現したフィギュアは額装が似合うように思います♪

 

 

 

 

 

 

半透明の天井のいいところは、

光を通すところと、

立体額を覗き込んだ時に余計なものが写りこまないところ

 

側面とかもアレンジするといいかもね。

 

 

 

 

いかがでしたか?

100円ショップのアイテム二つでできちゃう立体額♪

大きくて立派なコレクションケースにも憧れるけど。

手元で気軽に楽しめるのもいいんじゃないかな?とも。

 

まー、額縁の裏に適当な箱がくっつきゃ、どんな形でもアリだと思いますw

今回はサイズ的にぴったりのアイテムを100円ショップで見つけられたもんで、

ちょっと紹介してみました♪

 

よかったらお試しあれ(。・ω・)ノ゙

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

ちょびひげさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。