コンクールの結果、そしてコンクールから学ぶこと | 札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲でピアノ教室を開いています。
4歳から大人の方まで幅広い年代の方々がレッスンに通っています。日々のレッスンのこと、絶対音感練習日記、音楽活動や日々の生活のことなど綴っています♪


こんにちはウインク


札幌市手稲区の佐藤ピアノ教室

Facebookはこちらから








2月に入り
やはり雪もどっさり降りました雪だるま

お陰様で雪かきも増えて
いい運動になってますあせる



昨日はカワイこどもコンクール
札幌地区予選会

ソロ部門Bコース(小学4年生まで)に
当教室から3名の生徒さんが出場し


2名が入選
1名が入賞し4月に行われる道大会に
出場出来ることになりました。



おめでとうございますキラキラ



今月に入ってから、
心配していた風邪やインフルエンザが
やはり流行だして



今回出場した生徒さんたちも

直前、

体調を崩したり、

発熱したり
また、
兄弟の子が体調を崩してしまったりで
ヒヤヒヤでしたが、



3人とも無事に出場出来ることが
出来て一安心キラキラ


また、

当日全ての生徒さんの演奏は
聴けませんでしたが、

私の聴いた限りでは
出場出来なかった生徒さんは
おりませんでした。



生徒さん、

また支えるご家族も

同じ思いでこの日を迎えていた
ことでしょうね。。





今回のコンクールを通して
初出場ながら賞を頂けた生徒さん


また上を目指していた子にとっては
悔しい結果になったことと思います。



今回の結果に皆それぞれの
想いがあることと思い、


今回経験出来たことをそれぞれ
日々のレッスンや練習に生かして
更に成長して欲しいと願っていますキラキラ




時々街中や道端で見かける光景。。


子を叱る母親が、

○○に怒られるからやめなさい!



つい先日もご近所で
そんな光景を見かけました。





親にとって都合が悪い⁈

やめて欲しいことだから

余計にやりたくなるのか?


またそう思うと、
親は余計に子供の行動が
目についてしまうもの。


反対に、

注意をしない、
子供の行動に関心を示さないのも
問題ですがあせる



大切なのは
その子(叱られた子)が
自ら気づくこと


そのためにはその場で、
やってはいけない理由を
親が言ってあげること。



●相手の迷惑になること、

●相手が嫌な気持ちになること、

また、
●命に関わること、

それ以外は
多めにみて良いんじゃないかと
思いますが。。


我が家の子たちも
同じ年齢の頃は、

外に出たり外出すると、
嬉しくてはしゃいだり
テンション上がり気味でしたので
(特に息子)

時々学校の担任の先生から電話があると
ドキドキヒヤヒヤであせる

こういう時は殆ど良いことは
ありませんでした。
実際いろんなことがありましたから笑



なので、
息子の行動に関しては
常に目を光らせてキラキラ
口うるさいこと言っていたかも
知れません。


話が逸れましたが 笑


前出の話の親子の光景をみて
考えさせられました。


レッスンでも指摘することだけに
終わっていなかっただろうか。。




目の前の課題ばかりに目が入って
しまうのではなく
曲全体を見ること、

「木を見て森を見ず」
という喩えもあるように

その森は
どんな森なのか?

その曲全体に描かれている、
『音楽の姿』に気づくことが


自発的な音楽表現につながるのです。



と、


カッコいいこと書いても

それを
どこまで伝えることが出来たか。。


自問自答です。




もちろん、


技術的なこと、
ミスしないことも大切。



一回切りの演奏の中ですから
「ミス出来ない」というプレッシャーも
当然出てきますが、


そのことばかりに
気が向いては
良い音楽、演奏は生まれない。




自分の想いで

自分の言葉で

音楽の世界を楽しむことの出来るよう
育って欲しい。



そんなことを思い描いていますが、


これはコンクールの舞台に
限ったことではなく、

普段のレッスンも同じ。。



というより、



普段のレッスンの延長に
コンクールや発表会があると
思っています。



毎日どんな気持ちで
練習を積み重ねて、



毎週どんな気持ちで
レッスンを積み重ねていくか、



日々の小さな積み重ねが

やがて大きな自信を作り
心に響く演奏につながっていくと
思うのです。




今回出場した生徒さん皆、

普段から頑張っている生徒さんたちですピンク音符

他の生徒さんも
頑張ってる生徒さんたち沢山おりますよニコニコ


そんな生徒さんたちの
良い経験と成長の機会になれたら
幸いですし、


私にとって学びの場でも
あるんです。


4月の大会に出場するMちゃんも
また一緒に頑張ろうグー


先ずはゆっくり休んでねキラキラ





↑表彰式に出られなかった子の
賞状も一緒に持っています







↑すっかり日が暮れて
会場を後にする頃には
イルミネーションがキラキラキラキラ




↑札幌をうろちょろしていたら
かわいいキャラクターに遭遇

カメラを向けたら
かわいいポーズをとってくれましたラブラブ





待ち時間の間に
会場近辺のカフェ情報やケーキ屋さん
情報を検索ひらめき電球


すると、
地下鉄駅近くに23時まで営業してる
ケーキ屋さんを発見しひらめき電球

早速帰りに買って帰りました。



美味しそうで
4つも衝動買いあせる

ダンナと2人暮らしなのに
4つも。。買い過ぎたか⁈と
少し後悔していたところ、


蟻のように
甘〜い匂いを嗅ぎつけたのか⁉️


息子が今朝方
釣りに行くと言って
釣り道具を取りに帰って来たので

一つ食べてもらいましたニコニコ

ホント、
いーところに帰ってくるもんです。


ところが、帰り際!


「これ、悪いんだけど
捨てといてくれない?」

と言い、
プラスチックゴミを持ってくる始末ムカムカ

ケーキのお返しがコレかっ❗️

しかも分別してないしムカムカムカムカ


これだから口うるさく言いたく、
やめときます。


ブログの最後が
息子のゴミの話で終わりたくないので

気を取り直してもう一度

ケーキの画像を


はぁ美味しかったウシシハート







良い休日をピンク音符





佐藤幸子