表現力の引き出し ギロックの教材 | 札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲でピアノ教室を開いています。
4歳から大人の方まで幅広い年代の方々がレッスンに通っています。日々のレッスンのこと、絶対音感練習日記、音楽活動や日々の生活のことなど綴っています♪

こんにちはニコニコ

札幌市手稲区の佐藤ピアノ教室

Facebookはこちらから←時々更新してます

佐藤幸子です



先日のランチタイムコンサートの
時に一枚パシャり↑

銭函のレストランから見える海も穏やかでした



この日のランチタイムコンサートには
学生時代の友人が来てくれてました

共に過ごした学生時代、
年月は経っても
お喋りが始まると一瞬で当時の頃に
タイムスリップ出来ますね!

久しぶりにゆっくりお喋り出来て
色んな刺激をもらえて
貴重な時間でもありました

ありがとう


また、
その日の夜、
娘からラインがきて、
爆睡中でした

娘の高校時代の友人も
この日レストランにお食事に
いらしたようで
「ピアノの生演奏素敵だったって
つぶやいてた」

とラインをくれました。


「つぶやいてた」

ということはSNSか何かで
情報発信してたのを

偶然娘が見つけたのか?
今ひとつ状況がわかりませんが

おぉ〜

嬉しいです


娘のご友人さま、
ありがとうございます

と、
ワタクシもこちらで
つぶやかせて頂きます









さて、本題。

子供の生徒さんに使っている教材

「はじめてのギロック」


この本は去年、
今野万実先生のセミナーで
この教材を使ったレッスンを
受講したのをきっかけに
私もレッスンで早速取り入れました。




ギロックの作品は
子供達に人気の作品が多いので
発表会で弾かせることが多いのですが、

この教材自体知ってはいたものの
断片的に使うことが多く、

今野先生のように普段のレッスンから
「一教材」としては使っていなかったので

教材の進め方、使い方など
とても参考になりました!



以来、うちの教室の生徒さんにも
普段から取り入れてますが、
人気の高い教材です


曲のタイトルひとつひとつも
想像力を掻き立てられるような
面白いタイトルがついているので

レッスンではそこから
子供達にイメージを膨らませ

表現力を引き出すことが出来る
素晴らしい教材だと思います。



動画のこの曲も
「おばけの足あと」というタイトル


曲の始め、
おばけの足跡のように
四分音符が左右交互に出てきます。



おばけの歩く様子⁈どんな風に歩いて
いるのかな⁈
日本のおばけは足が無いみたいですが
アメリカのおばけは違うのでしょうか⁈

また、その後に続く
8分音符♫の2度音程のメロディーは
クレッシェンド、ディミヌエンドが
ついているので

少し大げさなくらいに
強弱をつけても面白いのでは
ないでしょうか


楽譜には
「Slowly,mysteriously」
ゆっくりと 謎につつまれたように

と記されています。

どんなテンポを選ぼうか
想像するのも楽しくて

曲の中の要素、
どれひとつとっても
想像を膨らませることが出来る
楽しい一曲です。




話が前後しますが、
この8分音符の怪しげな2度音程のメロディーですが、
類似したパターンが他の曲でも
登場するんです。




「ハロウィンの魔法使い」という曲


「おばけの足あと」同様にミステリアスな曲

曲の初めに登場する
「ラシラシラドミ〜」
これも2度音程のメロディー

セミナーで受講した時には
この曲を今野先生は
おどろおどろしく
子供達に弾かせていることを
説明して下さり、

横で先生が歌う時の歌い方も
教えて下さいました 笑
うんと怖くね

単調に「ラシラシ…」と弾いて素通りせず、

大げさなくらい抑揚をつけた方が
この曲の面白さが増し
子供達の表現力が引き出せることを
学びました。

同時に
「おばけの足あと」
「ハロウィンの魔法使い」
どちらもミステリアスな曲

その曲に登場する2度音程のメロディーには
ギロック先生のこだわりも感じられます。



最初の「おばけの足あと」に戻って、

楽譜には
「Slowly,mysteriously」
ゆっくりと 謎につつまれたように

と記されています。

どんなテンポを選ぼうか
想像するのも楽しくて

曲の中の要素、
どれひとつとっても
想像を膨らませることが出来る
楽しい一曲です。




↓動画は4年生のNちゃんが
弾いてくれました。

時々聞こえるおばけのような声は
ワタシ





「うんとこわ〜〜く仕上げよう」と言うと

雰囲気が掴めてきたようなので
「動画に撮っても良い?」ときくと

「えーきんちょーする

とNちゃん。

動画ではやや緊張気味ですが、
弾いてくれてありがとう


Nちゃんはこの春から4年生

これまでコツコツと積み重ねてきた、
Nちゃんの努力はしっかり力になって
いるよ!

自分に自信を持ってね!


Nちゃんの表現力が増して
ピアノの楽しさも増すことを
願っていますキラキラ






佐藤幸子