連休徒然日記〜長めです〜 | 札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲でピアノ教室を開いています。
4歳から大人の方まで幅広い年代の方々がレッスンに通っています。日々のレッスンのこと、絶対音感練習日記、音楽活動や日々の生活のことなど綴っています♪


テーマ:
こんにちはニコニコ

札幌市手稲区の佐藤ピアノ教室

Facebookはこちらから←時々更新してます

佐藤幸子です


今日はまた長めのブログです

よろしかったらお付き合いを



ピアチェーレの発表会の翌日

「令和」初日の5/1のこと、




朝起きると
気になっていた喉の痛みが悪化

唾を飲み込むのも痛く、

身体の節々も痛い、

熱を測ってみると
38.2度🔥



この症状はもしかして
「溶連菌」⁈
何年か前にも罹りました。



若しくはまだまだ油断ならない
「インフルエンザ」⁈




どちらにしても
ただの風邪じゃないことは確か!




うわぁ…令和初日から
エラいこっちゃ



という訳で


怠い身体を起こして
年中無休朝7:00〜診療している
T耳鼻科へ急ぎました。




まだ朝8時前にもかかわらず、
病院は2時間待ちの状態



症状を伝えると
VIP待遇の如く
すぐ様隔離室へ〜



幸いベッドで横になりながら、
待つことが出来ましたが


自覚症状から察するに

「溶連菌」

「インフルエンザ」


この2つが頭から離れず、


潜伏期間があったはずだから
会う人会う人に
ウイルスをばら撒いてしまった


この連休は隔離生活で終わるのか


悪いシナリオが

頭を駆け巡ります





さらに昨日、

私が帰宅して間もなく

息子も飲み会からまっすぐ
うちへ帰って来ているのですが、


母:「おかえりー」


息子:「ただいまー」


母:「おかん喉痛いわー」


息子:「えー」だったか「おー」だったか
「ほー」だったか忘れました。



就寝。





久しぶりに帰って来た息子と
この二言しか会話していない状況。。



更に加えて、

大阪に遊びに行っている娘も
今日帰ってきて、

真っ直ぐうちへ来る予定


待て待て!


保育士をしている娘に
「溶連菌」「インフルエンザ」は大敵!



何としても移す訳にはいかず、


逐一今の状況をラインで知らせて
「来てはならぬ」ことを報告。



ついでに
楽しんでいるであろう
大阪の旅のこともきいてみると、


楽しそうで、美味しそうな画像が
次々と送られてくる、




その中のいくつか↓

あつあつのみたらし団子

一つ500円の神戸牛のにぎり
らしい。




更に京都にも寄ったらしく

「漬物お土産に買ったよ」
「漬物ってかご飯のおとも
みたいなの」

と娘。


嬉しい

「京都」

「漬物?ご飯のおとも?」




「京都」

「漬物」

「ご飯のおとも?」


2回言ってみました 笑



わぁ。。なんだろなぁ。。


楽しみ




普段忙しい毎日を送っているから

またとないこの10連休を
楽しんでいる娘に



羨ましいなどという気持ちは無く
何だかホッと安心するのは
母心からか、




そんなラインのやり取りをしてる間に

母ちゃん安心したのか



隔離室のベッドで
ウトウト。。






ウトウト。。。



「さとーさーん、

もうすぐ呼ばれますからね、

こちらへどうぞ」



と、看護婦さんの声で目が覚め、


起き上がり診察室の近くのソファへ

そのソファもカーテンで仕切られ
厳重な隔離体制




看護婦さんが

「◯◯さん、A型でしたよ」
とカーテン越しに患者さんに
伝えている声が聞こえてきました。


「A型」⁈



血液型⁈

ちゃうちゃう


その後、
その看護婦さんが
隔離者専用のエレベーターに
その方を案内しながら

「お子さんからどうしても
移っちゃいますよね

とお母さんであろうその方に
声をかけているのが聞こえ、


間違いなくインフルエンザ患者さんだ、
と一人で確信してしまいましたが、



この連休に…



幼児さんがいるご家庭なら
どこにも出掛けられない連休になると
思うと悲しいだろうなぁ。。


小さい子を抱えてると仕方ないですね、

我が家にもそんな時期があったことを
思い出す。。




やっと私の診察の番。



症状を伝えると、
お医者さんもやはり溶連菌の
可能性が高いと言われましたが、

インフルエンザもまた流行ってる
らしく、

「今日のニュースでもね、言ってましたよ
知ってますか?
インフルエンザまた流行ってますよー」


「そうなんですか…」

やはり連休前は寒暖差が激しかったから
油断は出来ない。

やはり先ほどのお母さんも
そうだったのか、と確信。


お医者さん
「溶連菌の検査はしましょうね」

「あー、でも朝8.6分あったんでしょ?
インフルエンザもしとこうか」

と言われ、
両方の検査をしてもらうことにしました。



検査結果が出るまで
また隔離室で横になる。。



気持ちはもう

どちらでも好きな方で良いです


何なら
両方かかっても良いかな


投げやりです。





そして遂に判定結果の時は来ました。




ドキドキ。。






看護婦さん:

「さとーさーん  



どちらも陰性でしたから」





「へ?」







「いんせい⁈

ですか?」


看護婦さん:「はい、陰性ですよ、

先生何か言ってましたか?」


と逆に聞かれ、


完全にどちらかだろうと思ってた私に
とっては拍子抜けの結果、



「何か言ってたかって…先生も溶連菌かも
知れないって…」
と言うと


看護婦さん「先生に聞いてきますね」
と再確認してくれて


「さとーさん、喉に炎症起こしている
風邪と先生仰ってましたよ」


と看護婦さん。



「そうなんですか〜ありがとうございます」



ほっ


とりあえず、
「喉の風邪」という結果でした


これで隔離生活からは
免れた訳で

それだけで随分気が楽になり、

今度は堂々と待合室で会計を待つことが
出来ました。

良かった



とはいえ、
帰宅しても症状は治まっておらず、

息子が帰って来ていても
何もしてやれず

友達とご飯食べに行くと言って
夕方帰って行きました

ごめんよ



その夜、
今度は
娘が大阪からそのままうちへ
来ることになり、


夜遅くに帰って来ました。


テレビを見ながら
ウトウト寝ていた私に

「2階で寝た方がいーよ」

と気遣ってくれるあたりは
さすが娘



「これね、空港で買って来たの」
とお土産を頂きました。


半分寝ぼけてる私の目に
飛び込んできたのが

食いだおれ人形おじさん


カスタードですねん
かわいい



私は寝起きですねん
どうでもいいです




更に、

「これねぇ
冷蔵庫に入れとくから~」


この、「」が
寝ぼけた頭に良く聞こえなくて

きっと
京都で買った「漬物」なんだろうと
思いました。


わーい

京都の漬物が食べれる




漬物




つけもの




明日の朝食は


つけもの、食べよう



💤











翌朝、


熱も下がり、

昨日よりもだいぶ回復


身体の節々や頭痛はまだあり、

インフルエンザの検査は
早すぎても陰性の結果が出ることを
思い出しましたが、



薬が効いてるということは
やはり喉の風邪だったと
いうことなんだろうと思うと
やっと安心できました。







娘はまだ夢の中。


ゆっくり寝てれば良いさと思い
起こさずにしていると、



夜勤明けのだんなが帰宅。





娘が帰って来てることを伝えて


「そういえば、
冷蔵庫にお土産の漬物あるわ

と思い出し、
だんなと一緒に食べようと思い
冷蔵庫から出してみました。


箱の中身を開けると


漬物にしては
随分と変わった容れ物が。。



「おっ?なんか変わった容れ物だな」
とだんな

何だかセレブな漬物?

ってどんな漬物だい 笑

「あ!ご飯のおともって言ってたわ」


「漬物」じゃなくて「ご飯のおとも」
だったかぁ




箱に4つ入っているので
それぞれ違う味なんだろうな
ワクワク

どちらにしても
期待が膨らみます



早速だんなが一つ目を開けてみると、









し、





白い。。










これをご飯に乗せたらどんな味?







二人で一瞬固まる。




。。





だんなが味見しようと
その白いものを指で触ると





ぉおおっ⁈













ぷにゅ










こ、





これは⁈







ご飯のおともにしては
未だかつてない
感触と色合い。。




こんなご飯のおとも




って




平成にはなかった…





まさに、



令和はじまって以来の


新時代のご飯のおともか⁈










慌てて箱に何か書いていないか
確認すると、





神戸魔法の壺プリン

















ぷりん






🍮









思わず二人で笑ってしまいました





にしても…

これをご飯に乗せたら…

と思うと



いやいや

想像したくないですが





漬物=ぷりん⁈




まだまだ病み上がりを
自覚いたしました。









プリンは美味しかったですよ〜🍮


クリームの下にプリンの
二層になったプリンで


だんなが触ったのはクリームでした。





それを知らずに
ご飯に乗せていたら、笑





そして例の漬物は

昨日無事に宅配便で届き、
美味しく頂いています🍚








また行きたいなぁ
京都






そして
ありがとう娘



最後までお付き合い頂き
ありがとうございました




佐藤幸子

yukiko satoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ