やっと実現リベンジコンサート♪ | 札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲でピアノ教室を開いています。
4歳から大人の方まで幅広い年代の方々がレッスンに通っています。日々のレッスンのこと、絶対音感練習日記、音楽活動や日々の生活のことなど綴っています♪


テーマ:
こんにちはニコニコ

札幌市手稲区の佐藤ピアノ教室

Facebookはこちらから←時々更新してます

佐藤幸子です




桜の季節にはまだ程遠いですが、
すっかり雪も溶け、
暖かい日が続くようになり、

北国にも春がやって来ました




と、思いきや

今日は一変して冬景色




寒くなると冬に逆戻りしたような、

歩みが止まったように思えますが


季節の変わり目の「三寒四温」を
繰り返しながら
春へと一歩ずつ進んでいるんです。



歩みは続いているんですね








昨日は近隣の介護施設にて
コンサートを開かせて頂きました。

しかも、

ただのコンサートではなく
「リベンジ・コンサート」でございます


年に一度、クリスマス時期に施設に
お邪魔してのコンサート、

のはずが、

あろうことか、
ワタクシその日にインフルエンザに
罹ってしまい、

関係者の皆様にご迷惑かけてしまい

なくなく延期になったコンサートでした。

その時のブログは

「悪あがきの様子」が綴られております 笑

その後、
リベンジに燃えていた私は
年明け早々に施設様に連絡するも、

今度は施設の方で
インフルエンザが流行し
年明け早々に実現出来なくなり、


流行が収まり暖かくなる時期を待とう
ということでこの日になったワケでした。


12/25のクリスマスの日から
3ヶ月が過ぎたところで
やっとリベンジコンサート実現!

長い道のりでございました


演奏曲目

《オープニング》
♪上を向いて歩こう (ピアノさとう)


《生徒さんとアンサンブル》
連弾とパーカッション

♪ドレミのうた (年中さんOくん)

♪チキチキバンバン(1年生Uくん)

♪サマー (3年生Nちゃん)

♪シング・シング・シング(2年生Tくん)

♪A列車で行こう(4年生Tくん)



《マダム・ホットフラッシュwith.T》

♪春を待つ二つの歌

♪おおシャンゼリゼ

♪水色のワルツ

♪ここに幸あり

♪ワインレッドの心(多田さん弾き語り)

全員合唱
♪ふるさと


と、
今回は盛りだくさんのコンサートに
なりました。


そして今回出演してくれた、
生徒さんたちにとっては
初めての会場、
そして初めての経験

不安な気持ちも多いことだったと
思いますが、


みんなびっくりするくらい
堂々と演奏してくれて


演奏後のインタビューで
私が感想を聞くと、

みんなそれぞれの思いや感じたことを
しっかりお話ししてくれました



楽器搬入のお手伝いも
みんな買って出てくれたお陰で

準備や後片付けもスムーズに
終えることが出来て

レッスンの時には見ることのない
一面を見られて
せんせいは嬉しかったです!


同時に皆んなの頼もしさも感じました



そして、

パーカッションとのアンサンブル

普段ソロで弾くことが多いので
パーカッションと合わせる機会を
経験させたいと

去年からその機会を模索して
いたのですが、

このような形で実現することが
出来たのも、

施設の方々を始め、
快く引き受けて演奏を一緒に
楽しんで下さる多田さんのおかげ


いつもいつも、
ありがとうございます


また、今回人数の関係で
全員の生徒さんに
出演依頼出来ませんでしたが

次回もこのような形で
生徒さんに声をかけて出演を
お願いしますので、

チャレンジしてみたい生徒さんは
教えて下さいね!






そして今回もね、

恒例になりましたが、

やらかしましたよ、わたし

自分でもびっくりですわ、ホント。。


歌のコーナーで

♪春を待つ二つの歌

♪おおシャンゼリゼ

の後に

多田さんの弾き語り、
に続くハズが

その曲を飛ばして
次の2曲を紹介し、

一旦はけたR子さん、M子さん、
さぞびっくりされたことでしょう。

そして多田さんも
(本当失礼しました)



でもね、


お三人とも動じないで
いつもどーりに素敵に
歌って下さるんですよ



演奏中に
その事態に気づいた私は
伴奏弾きながら、

頭の中、



"ひゃあ〜〜〜エライこっちゃ"


でございましたが、




流れに身をまかせた方が良いのよ


と後からボソッと
何かを勝手に悟られたR子さん。


こういう演出なのかなと思いました 笑

と、多田さん。




お二人の言葉に助けられ⁈


美空ひばりさんのヒット曲

「川の流れのように」の歌詞が
浮かんできました。



ああ〜川の流れのように

おだやかに

この身をまかせていたい〜



そう!


人生穏やかにいこうじゃありませんか!

変に逆らっちゃいけませんね



素直に自分のボケにも

身をまかせることが大切



でしょうか






入居者さまには
いつも元気を頂き、


いつものメンバーに
いつもながら助けられ、



そして


生徒ちゃん達からは
元気をもらうことが出来ました



ありがとう



佐藤幸子


yukiko satoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ