忘れられないランチタイムコンサート | 札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲の佐藤ピアノ教室

札幌手稲でピアノ教室を開いています。
4歳から大人の方まで幅広い年代の方々がレッスンに通っています。日々のレッスンのこと、絶対音感練習日記、音楽活動や日々の生活のことなど綴っています♪


テーマ:
こんにちはニコニコ

札幌市手稲区の佐藤ピアノ教室

Facebookはこちらから

佐藤幸子です。


月曜日から通常通りレッスン再開
どの子も元気そうに見えてホッと
しましたが、

やはり突然の大きな揺れに
目が覚めて怖がっていた子、
また
気づかずに朝まで寝れた子、
(羨ましい⁈)

皆それぞれだったようです。

また、停電中もキャンプ用品を
活用してご家族でキャンプ気分で
過ごしたご家庭があったり、

生徒さん同士のご家庭で
シャワーを使ったり

ご両親達は子供達のために
知恵と工夫で乗り切っていた様子が
伺えました爆笑




ハート




11日、予定していた銭函のレストランでの
ランチコンサート終了いたしました。

オーナーさんをはじめ
お店のスタッフの皆様、
一緒に演奏してくれた相方さん
またご来店下さったお客様のお陰で

心に残る忘れられない
コンサートになりました!

{41126CC2-5BFB-4DF2-82A5-0871753EADBA}



{FC7288E7-F3AD-475F-A3B9-B1E0A97829D6}

こちらの区域も
地震発生後停電しましたが、
その日のうちに電気が復旧し
翌日から営業を再開

ただ、通常よりもお客様の
足どりも少なく、
予約されていたお客様も
何組かキャンセルされたようでした。

また、当日になって
キャンセルされるお客様が
いらっしゃるかも知れないことを
考えると

今日はコンサートを行うべきか?
どうしようか?

また、私たちへの配慮もあり、
オーナーさんも迷っていらしたようでした。


一方で、
他に予約されたお客様も
このコンサートを楽しみにして
頂いていたはず、

でしたら是非演奏させて頂きたい
たとえ1人のお客様でも
心を込めて演奏したい気持ちは
私も相方さんも一緒でしたので

オーナーさんにその旨お伝えし
コンサートを予定通り行わせて
頂くことになりました。



さあ!

そうと決まったら
選曲はどうしよう⁈

停電で冷蔵庫が使えなくなり、
作れるメニューを考えている時と
同じです 笑


ソロの予定していた曲は
練習不足のためあせる
急遽弾ける曲に選曲し直し、

また
連弾曲の選曲は
ほぼ相方さんと考えていた曲が
一致したので
すぐに選曲決定!



そして迎えたこの日

有り難いことに
開店前から7、8名のお客様が
並んで下さったようで

開店してからも沢山のお客様に
お越し頂きました。

また、
お客様の中には
ランチコンサートのことを知らずに
偶然ご来店された方も多数いらして


演奏前に私達がご挨拶をし
これから演奏することを
伝えると

思わぬサプライズのように
とても喜んで下さりました!


しかも今月のコンサートは
この日のみ、

いやぁ何というご縁でしょうか!

温かいお客様と
ピアノを通してこんな素敵なご縁が
出来たことに感謝です!



長年音楽を続けていて
皆さまのお役に立てることの
幸せを沢山感じたコンサートでした。



=演奏曲=

ソロ
ノクターンop9-2  ショパン

月の光  ドビュッシー

ワルツ7番  ショパン

ムーンリバー

愛のテーマ(ニューシネマパラダイスより)

連弾

心にいつも花束を(桑田佳祐)

ハナミズキ (一青窈)

糸(中島みゆき)
(いずれもsound24使用させて頂きました。)


アンコール

リベルタンゴ(ピアソラ)

キャラバンの到着(M.ルグラン)

相方さんのソロ
花は咲く(3.11復興支援ソング)


嬉しいことにアンコールも
頂けて
帰り際には拍手で送って下さりました。



最後の「花は咲く」は
私達帰り際にお客様とご挨拶している
時に

相方さんが
「今度リクエストなどありましたら
応えて演奏したいと思いますので
ありましたら言って下さいね」と
ご挨拶、

すると一人のご婦人がこの曲、
「「花は咲く」が聴きたいわ」
と言って下さり、

相方さんがその場で
演奏してくれましたピンク音符


思わぬ形でお客様と交流が出来て
温かい拍手を沢山頂き、

何だかこちらの方が元気を頂いた
気持ちになりました。

今思い出しても
余韻は消えることなく
胸がじーんと温かくなります。





たとえ何もかも災害で奪われても

「心のたから」だけは誰も
奪うことは出来ない

と仰った方がおります。




3.11の東日本大震災の時


津波で大切な家族を失い、
家屋や大きな建物や車が流される
映像をテレビの前で
呆然と見ていました。

大災害を前にすると
人間の力の無力さを痛感します。


しかし
災害によって奪われるものが
大きくても

人の心まで奪うことは
出来ない

それどころか

生きていれば心に灯をともすことも
出来る。

智慧と勇気でどんな災害にも負けずに
乗り越えることが出来る。


人の心は災害にも敵わぬ
無限の強さと可能性を
秘めているだと思います。




でもやっぱり

地震はもう二度と起きて欲しくないですえーん
(怖いのはイヤだ)


当たり前に過ごしていた日常が
何と有り難いことだったのか、
痛感し

震災をきっかけに
大切なことを沢山
気付かされました。



札幌はほぼ通常の生活が
戻りつつありますが、

家屋に被害があったり
まだまだ避難所で不便な生活を
強いられている方も
沢山いらっしゃいます。

そんな方々のためにも
一日も早く普段の生活に戻れるよう
私達が今できることは
「節電」や「節水」

また心のケアも必要でしょう

私達一人一人が
思いやりの心で助け合いながら
この時期を明るく
乗り越えましょうねウインク




佐藤幸子



yukiko satoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス