近年の中国人観光客による「爆買いブーム」
最近は下火になってきているとか。
 
外国人が日本へ観光にくる目的も変化してきているようです。
 
買い物やグルメなどお金で一時的に日本の「モノ」を消費するだけでなく
日本の伝統文化や日本特有のおもてなしを体験する、日本でしか味わえないサービスを
経験をしてみるなど
 
「コト」の消費に目を向ける外国人が増えてきているようです。
 
本当の意味で「世界にない、日本NIPPONを体験する」
かけがえのない機会になることでしょう。
 
みなさんでしたら、何をおススメしたいですか?
私は、いけばな、着付け、お茶などをぜひ経験していただきたいです。
 
ついでに申し上げますと「文化活動」というビザがあります。
日本で外国人が日本の伝統文化を会得するために滞留できる在留資格です。
 
先日も日本の「いけばな」を集中的に直接習いたいため
そのためのビザがほしいというお客様がおみえになりました。
 
このような方のための「文化活動」ビザ!
 
いけばなスクールに一緒に同行し入学が決まりです。
あとはビザ取得のみ!
 
スクールに行ったところフランス人の方も習いにきているとのこと。
この方は短期滞在で来日中に習っているようです。
 
今回のお客様のようにいけばなを本格的に習得を目標にされていて
四季折々の花を通して学習したいということなので中長期として
認定がでればいいなと思っています。
 
まずは6か月をとれるように頑張りたいと思います^^
 
当事務所では「文化活動」のビザ取得のお手伝いもしております。
実績も多数ございますのでお気軽にお問合せください^^
 
CHO International行政書士事務所
お問合せはこちらまで