「フリー素材 結婚式」の画像検索結果
 
タイトルは仰々しいですが、
単に「収監されている外国人との婚姻」について記載します。
獄中婚自体がレアですが、収監中の方との婚姻も可能なことはご存知の通りです。
 
収監されている外国人と結婚をご希望の場合は
通常の国際結婚と同様、必要書類を揃えます。
 
外国人との婚姻は日本方式で最初に行うものと
外国人本国の方式で行うものと二通りです。
 
今回は日本方式で行うものについてのご説明です。
 
日本方式で行う場合は、届出をする役所に
外国人側の書類が何が必要となるか確認しましょう。
 
そして、その書類とは国によって異なりますが
概ね独身証明書、出生証明書はマストです。
 
収監されている外国人の上記の書類の取得は、領事館に問い合わせをしましょう。
ここでポイントです。
本人が領事館へ行けない状態なので、取得できるかどうかに全てがかかってきます。
これさえクリアしたらあとは大丈夫です。
 
日本の役所から婚姻届けをもらう。
署名欄を除いては日本人配偶者が記載してあげましょう。
そして
収監中の外国人に自筆でサインをしてもらうために郵送で送ります。
また郵送で送ってもらいます。
 
無事に領事館で外国人本人の必要書類が取得できたら
訳文を添えてご自身の役所に婚姻届とともに提出します。
 
収監中の外国人の方の領事館で取得する書類について
お悩みの方、お力になれると思いますのでお気軽にお問い合わせください。
 
収監中でなくても本人が事情があって本人の必要な書類がとれなくてお悩みの方、
その他書類取得や翻訳など、もちろん国際結婚の手続き自体に困難を感じていられるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいね。
 
お問い合わせはこちらまで↓