連合の古賀伸明会長は16日午前、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)の藤本泰成事務局長、核兵器禁止平和建設国民会議(核禁会議)の沢田和男副議長とともに、首相官邸に鳩山由紀夫首相を訪ね、核兵器廃絶を求め3団体で集めた署名を提出した。古賀氏らは5月にニューヨークで開催される核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、核軍縮への合意の道筋をつくるよう、政府に求めた。
 これに対し、首相は「日本が被爆国であることを踏まえ、政府として最大限努力したい」と応じた。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
広島市長、非核三原則法制化を要望=首相は慎重姿勢
8月の広島訪問、首相に伝達=国連総長
鳩山首相のNPT会議出席を要請=湯崎広島知事
日本の核安保貢献策要旨=核サミット

78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)
ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に-政府(時事通信)
普天間問題 徳之島3町長は官房長官との会談拒否(産経新聞)