頭皮ケアは美肌への近道

テーマ:

一度傷んだ髪は、自然によくなることはありません。

美しくハリのあるつやつや髪のために、

センシティブ&アクティブケアを。

 

髪や頭皮は日々様々なダメージを受けています。

乾燥や紫外線といった日常的に誰でも受けてしまうものから、最近は当たり前となったカラーリングやブリーチ、パーマ等のヘア処理によるダメージというように、髪は私たちの身体で最も過酷な条件にさらされている部分です。

 

 

では、カラーリングなどの処理をしなければ、髪はダメージを受けないのかといえば、そうではありません。

例えば、「紫外線」は毛髪中のタンパク質の変性や流出を促して、ダメージホールをつくります。

また洗髪後におこなわれるドライヤーの熱風によるダメージを受け、傷んでいるのです。

髪は一度傷んでしまったら、自分の力では修復できません。

そのため日ごろからのケアが非常に大切です。

 

シャンプーの前に

 

ステップ1 ブラッシング

シャンプーを行う前に、髪が絡まないようブラッシングをおこないます。

髪を濡らす前に、目の細かいブラシで髪全体を軽く、ゆっくり丁寧にブラッシングし、頭皮についているフケなどを取り除きます。

※強くブラッシングしますと摩擦や静電気により、髪を保護しているキューティクルが損傷しやすくなります。

 

ステップ2 予備洗い

シャンプーの前に、お湯で髪を十分に湿らせて、予め髪や頭皮の汚れを落とします。