江戸後期創業の餅屋

テーマ:

ニキビ・シミ・肌アレに…クロロフイル 化粧料のカネ加です。

 
津美顔教室の先生から、買って来たばかりとすすめていただいたのが、玉吉(たまきち)餅店の「やじろ」
 

みたらし団子のシールが張られた容器に入っていますが、別物です。
 
伊勢地方から三重北勢まで親しまれてる餅で「たがね」というものがあります。
 
「たがね」は、もち米にうるち米を混ぜて蒸し上げてついた餅。
 
うるち米のつぶつぶしたのが残ったままで、食感が心地良く、米の旨味が口の中に広がります。
 
それを短冊状に切って串にさし、香ばしく網で焼いて、
 
本葛でさらりととろみをつけた甘辛醤油ダレをからめたのが、「やじろ」だそうです。
 
 
津市の大門にお店があります。 
 
津市大門といえば、津観音を中心にできた商店街ですが、他地域の商店街同様
 
衰退が激しく、シャッターが降りたアーケード街になってました。
 
それが、アーケードの老朽化に伴って撤去されることになり、車が通行できるようになるとの事。
 
新しい街づくりがすすむとイイですね。
 
この御菓子「やじろ」をいただいた美顔教室は、
 
クロロフイル津美顔教室様 ←津美顔教室のブログはコチラ