彼じゃなくて・・・

テーマ:
200707201902000.jpg


ちょっと若干“出遅れ感”もありますが

つい先日、『肩ごしの恋人』を読みました。

(唯川恵 マガジンハウス) 


いま、TBS系でドラマもやってるんですよね?


それは見てないんだけど、

どーなのかしら。

やっぱドラマもおもしろいのかな??


読み出したら止まらなくなるから

例の試験が終わるまで本読むのやめてて

やっと解禁したのです。


一気に読んじゃったよ~。


あ~いうの好きです。


女の幸せって、ひとつのカタチに決まってるわけじゃない。

何がシアワセかって、それは自分の中にある。

人と同じものさしでは測れないですからね。



でね、さっき雑誌を読んでたら

たまたまその唯川恵さんと、

ドラマの主演の米倉涼子さんの

対談が載ってたの。



『肩ごしの恋人』って題名の“肩ごし”って?肩の向こう?

っていう米倉さんの質問に対する

唯川さんの答えが以下。



「そう、恋人同士って常に向き合っていたいし、

 二人の世界に浸ってしまうものでしょう?


 でも20代後半になったら、

 そろそろ恋人は

 肩の後ろあたりにいてくれればいい。


 向き合うのは彼じゃなく、"自分の人生"であってほしい。


 という思いを込めたんです―・・・」



とのこと。



なんかミョーに納得。


っていうか


その言葉が

自分の体の中に

スーッと浸み込んでくるのを


感じた。