◆365日 パルシステムライフ◆  

 

子どもがいても、自分らしく仕事がしたい。

オーガニックで安全なものが食べたい。

パルシステム(生協)なら、そんな願いをバッチリ叶えてくれますよ♪

 

子どもを産んでから、人生が激変しました。

それまで当たり前だったこだわりごはん、大好きだった仕事、

育児に追われ、どちらも諦めなくてはいけない?と途方に暮れていた時、

出会ったのがパルシステムでした。

 

このブログでは、時短なのにオーガニック、おいしいのに無添加、などなど

パルシステム(生協)のオススメ商品を紹介します!

 

自己紹介はこちら

→その育児と仕事の両立。諦めそうになっても

→その妊娠出産・育休中の不安と葛藤

 

パルシステムについてはこちら

時短でもナチュラルライフを楽しめる理由!パルシステムの魅力徹底解説

 

食材宅配比較はこちら

ワーママには絶対必要!食材宅配比較

 

 

 

こんにちは、chizuです。

 

さてさて、なんと、先日、

読者のグリシーヌさんが、このブログのことを紹介してくれました!

 

しかも、なんとこのブログを見て興味を持ち、

パルシステムに加入されたとのこと!

 

ものすごーーく嬉しくて、ちょっと涙ぐみました(笑)

→グリシーヌさんの記事はこちら☆

 

 

グリシーヌさんがはじめられたのは、

アプリでのみ注文ができる

「タベソダ」というサービスだと思うのですが、

実は私も気になっていたサービス!だったので、

今日はこちらについて、書いてみます。

 

 

 

この「タベソダ」というサービス!

とっても良い点があります。

 

それは、注文用の紙のカタログが届かないこと。

 

パルシステムに限らず、生協をお使いの方は、

毎週届く、大量の注文カタログ結構ストレスなんじゃないかと思うんです。

 

毎週束になってたくさんのカタログが届きます。

 

 

実際、私は注文はアプリで済ませているでの、

紙のカタログは全く見ていません。

そのまま古紙置き場へ直行。

アプリの前はネット注文してましたが、アプリが断然便利!

 

↑の「WEBカタログ」アプリを使っています。

 

 

なので、配達のお兄さんと会った時に、

「紙のカタログいらないんで、なくしてもらえませんか?」

と頼んだことがあるのですが・・・

 

「ちょっと、それはできないんです

とあっさり断られました(~_~;)

 

紙の注文用紙はなくせたので頼んだのですが。。。

なぜか、カタログはダメないようです。

 

 

商品やサービスは基本的に大満足ですが、エコを謳うなら、是非このシステムを変えて欲しい!

 

 

大量の紙カタログがストレスな方は、

この「タベソダ」に切り替えると、ストレスフリーかと(^_^)

 

 

ですが、注意が必要な点が!

 

私にも該当するのですが、

現在、何らかのサービス特典を受けている方は、

そのサービスが引き継がれない可能性があります。

 

実は我が家も、それが原因で切り替えていなのです。

 

 

「子育て応援」に力を入れているパルシステム

 

 

我が家で言えば、「ベイビー&キッズ特典」で、3000円以上の購入で、配送手数料が無料になっています。

 

→「ベイビー&キッズ特典」詳細はこちら

 

 

これが、タベソダに変更すると、

5,000円以上で無料、に変更になります。

 

5,000円以上になる週が多いですが、

まあ、無理して変えなくても良いかな、

と、二の足を踏んでいてまして^^;

 

このサービスの引き継ぎは、該当地域によっても異なるようなので、切り替えられる方は、注意してくださいね。

 

 

 

でも、それ以外はとっても使いやすそうな「タベソダ」アプリ。

注文のない週は、手数料がかからないので、毎週は買わない!って方はむしろお得かと思います。

 

これから加入を検討される方は、

候補のひとつにされると良いかと思います(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

↓↓ランキングに参加しています↓

 

↓↓クリックしていただけると嬉しいです!!

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


 

他の方の情報も参考になります!

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

 

にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

 

にほんブログ村テーマ 暮らしを楽しむへ
暮らしを楽しむ