大統領と特許制度 | 知財タイムス
2009年01月14日(水)

大統領と特許制度

テーマ:知財の話、あれこれ

今年(2009年)は、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン(1809年2月12日 - 1865年4月15日)の生誕200周年に当たります。

奴隷解放の父というイメージが強いリンカーンですが、特許制度と縁が深いことでも有名で、彼の言葉"The patent system added the fuel of interest to the fire of genius"は、米国旧特許庁の玄関の石に刻まれているということです。また、ちょっとした発明家でもあり、自ら特許を取得していたこともよく知られています。

チザイタイムスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス