携帯からのアップの仕方がわからず、週末の更新が出来ませんでしたえーん


では土曜日の釣果、様子から


9月22日土曜日


朝から、17名様(うち、1名様ヱビング)で出船。


天気も良く、前日もアタリ活発だったので期待大! 

と、テンション高く出ました。 


最初のポイントにつくと、全員に食いそう!と言う、反応発見! 


しかし。。。。

ヒットは1名のみ。。。。 


なぜ、この反応で食わないのかっ!?

というほどの反応でした。 

お客様も皆様、慣れて上手な方ばかりなのに。。。。 


その貴重な1つのアタリを逃さなかったのは、4名様でご乗船して下さったうちのお一人、ワジマ様!

船頭の

触らないで~!

ロッドキーパーからはずさないで、そのままで~!のアッパブリッジからの声に。 

じっと糸が出て行くのを見守る。 

100mちょっとで止まって、そこからは余裕の回収。 


32号のブログ

あがって来たのは8キロほどのメボウでした。 


32号のブログ

このサイズだとこのリール(ビーストマスター9000)にはちょっと可哀想、と。 笑

でもこれで、皆の今晩の肴が出来た、と素敵なコメントです。


美味しそうなメボウでした!


前日とはうって変わってアタリが少ない。。。。 


反応の出入りとともに、船頭が船を移動させたり、待ち伏せしたり、反応が入ってくると知らせたり、としていますが、なかなかアタリが来ず。

この待ちの釣りは鯛釣りのごとく。。。。 


船頭の反応入ってきたからこれから入れ替える人は~、


その指示の後、

アタッタ~~~~~~ぁ!


取舵真ん中の川口様。

何度目のご乗船でしょう!?

何度目のアタリでしょう!? 


でも川口様、


えぇ~、何かこれ変だよ、鮫みたい。。。。 

最初、出なかったし、(10mほどしか走らなかったそうです。)俺さ、鮫なら何度もやられてるからね。 (苦笑)


と、切れてしまえ、といわんばかりなぞんざいな扱い。。。。 


でも、見てると引きはマグロっぽい。。。。 


余りにご本人が、

いや、おかしい。。。。

と言うので、


そのうち、鮫なら切れないかなぁ~、釣りする時間がなくなっちゃうよ~、何て、声もちらり。。。。


船頭が道糸を持って確かめると、

これ、鮫じゃないよ、ともかく大事に。 


鮫なら8mくらいあるんじゃないかと言う、重さ。 笑


じりじりとやり取りの末、船頭がビシを持った、リーダーの先に、姿を見せたのは。。。。


げぇ~~~~~~~~っ、マグロだぁ~~~~~~~~~っ、


ほとんどが鮫だと思ってたので、人気のないワンマンショー会場のごとくの船上が一揆に活性! 


大ダモもって、転びそうになりながら走るは、船頭は最終取り込みの支持を大声で飛ばすは、と、大興奮。 

(何匹釣れても興奮の一瞬です。)


最後の最後にタモに肴(じゃない、魚)が入ってもなお、指示に余念がない船頭。

無事に船上にあがりました。 


何度、ご乗船頂いたでしょう、

何度、鮫に追われたでしょう、

何度、鮫に食われたでしょう、

奥様と3日連続乗船されて、それでも船には上がらず、

やっと上がった、渾身の1本、


32号のブログ

長三朗のコマセのキハダの記録、42キロでした。 (誰だ、8mの鮫だとか言ったのは!?)


おめでとうございます。 

新潟に泊まりでの釣りをキャンセルして、マグロにかけた。

愛妻弁当を食べながら、眠気と戦い、しとめた、1本! 



その後、取舵大ドモの多田様と、面舵3番目の清野様にも大アタリがありましたが、カカリどころが悪く、走っていく途中で、無残に切られました。 


前日をうって変わってアタリが渋い1日でした。 

17名様にもご乗船頂いて、申し訳ありませんでしたが、嬉しい大きい1本と小ぶりながら美味しそうな1本があがりました。 


お疲れ様でした、

ありがとうございました。 


(ブログ黒子記)