物の撮り方 ~いろいろ工夫が必要よ♪ | 横浜カラーサロン色を味方にマイナス5歳! コーラルブーケ市村 知絵

横浜カラーサロン色を味方にマイナス5歳! コーラルブーケ市村 知絵

自分に自信がない。似合う色が分からない。髪色に悩んでいる。コーディネイトできない。黒やグレイばかり着ている。老けて見られる。ガラスに映ってる自分にガッカリするなど
あなたの悩みを一緒に解決致します。


テーマ:

パンコントマテとブルスケッタのあいのこのような、むしろどっちなんだよっていうような今日の朝ごはんパン

もはやどっちでもないような雰囲気ですが爆  笑

 

若干、「日の丸弁当撮り」でも工夫によっては美しく撮れますよ。

それにはいくつかの条件があるんですけどね爆  笑

 

食べ物だったら、赤と緑のコントラストがあったり(今日も映えないのであわててパセリふったりしてます)

高さ?低さが均一なものであることなどなど。

 

 

お仲間にはテーブルフォト、カラー資材の撮り方などよくアドバイスしてほしいと求められます。

 

そもそもどう撮りたいか、どのように見えたいかにもよります。例えば、食べ物なども露出補正でアンダーに撮ったところで(暗め)まずそうには見えません。

 

 

アクセサリーなども陰影がきれいに出ます。

 

むしろ、食べ物の凹凸、お皿やグラスに模様があったり、水滴や影などを出したい場合アンダーにすると、陰影が出て素敵ですよ。

 

 

どう見せたいか。これはオートなのですが

 

これはイエローベースっぽいというか、

あたたかみをわざと出している撮り方になりますし

 

これはブルーベースぽくというか、涼しさや朝ご飯なんかのさわやかさを出したときは、

このような青みを強く出すホワイトバランスにわざとしたりします。

 

 

どんなふうに撮りたいかまず心に決めて撮りましょう。

何枚も撮りましょう。まずはそこから・・・

 

もちろん、スマホでもどういうふうに撮りたいか変えれます。

撮る前の調整でも、撮った後に変えることも可能です。

 

あまりに聞かれるので、ちょっと時間あるときに、シリーズ化しようと思ってます。

 

横浜星川カラーサロン色を味方にー5歳 市村 知絵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ