肌を重ねているのに孤独で、貪り尽くしているのに一つも手に入らなくて、見つめ合っているのに何も見えない。

ここにいるよ、そう言われれば言われるほどに孤独で寂しい。

どこかで取引しているのね。

これだけ気持ち良くて、体の奥底から快楽を貪っているから、きっと幸せになれるはずだろうと。

きっと同じくらい愛を差し出し合っているだろうと。

答えがNOだとわかっているから、いくらでも差し出せてしまう。

肉食獣が命をかけて食べるように、私を貪っている。
そこには永遠はなくて、次回はない。

今しかこの時しかない。

肌が離れた瞬間に、永遠に遠い。

見えなくなってしまうほどに遠い。

交わす言葉も通じなくなるほど遠い。

異国人というより異星人。

それぐらい、貴女は遠い。