*はじめましてのあなたへごあいさつ>>>このブログについて

 

 





 

この世界は愛がとても不自由です。
 
 
「愛があるから」しなきゃいけないことなんて何もないのに。
 
 
「愛があるなら」してくれるだろうことなんて何もないのに。
 
 
愛を(自分の望む)形で、行動で、示せと、誓えと、首元にナイフをつきつける。
 
 
それだけ、「ない」と思っている。
 
 
「不足」だと、誤解している。
 
 
 
 
愛は形や行動であり、また、形でも行動でもありません。
 
 
形がなければ、行動がなければ、愛がないというのは、とても短絡的な考え。
 
 
「愛があるなら何かをしなければならない」というのもまた、ただの思い込みなのです。


 
 
愛はどこにでもあります。空のように。
 
 
それを、「この窓から見る空しか空(愛)ではない」と勝手に決めつけているのは自分なんです。
 
 
わたしたちが自己として認識し、思考をするマインドというものは、そういうことを勝手にやってしまうものなのです。
 
 


愛の元に、何か行動を「する」も「しない」も同じこと。


誰かへの愛を人質に、自分への愛を曲げなくてもいいんです。それをした瞬間にあなたからこぼれ出る愛は、純粋な輝きを失ってしまいます。
 
 
「愛はあるけど」
ずっとべったり一緒にいなくたっていいし、
(お互いに心地よい距離をとることだったり)
 
「愛はあるけど」
相手のイライラに付き合ってあげなくていいし、
(自分のケツは自分で拭こうぜ)

「愛はあるけど」
お惣菜や冷凍食品だらけの食卓でもいいし、
(手間で愛が計れたら便利だったね)

「愛はあるけど」
面倒な頼まれ事を断ったっていいし、
(だって面倒だもん)
 
「愛はあるけど」
お金を貸してあげなくてもいいし、
(貸したい自由ももちろんあるよ)
 
「愛はあるけど」
望まない性交を断ったっていいし、
(そもそも合意のうえでするものだ)
 
「愛はあるけど」
音信不通になったっていい。
(元気でね!)
 
 
「愛」と「つながり」や「行動」は別物。


自らもしくは世間が勝手に作り出した、「愛とはこういうもの」という枠から外れた罪悪感に、意味も価値もありません。

 
あなたにも、相手にも、誰にでも、揺らがない愛があるから、本当は何がどうなっても大丈夫なんです。
 
 
本当は愛って、自分や誰かの行動で揺らぐようなものじゃないの。
 
 
もっっっと自由でいいし、もっっっと伸びやかでいいし、もっっっと創造的でいいし、もっっっといろんな形があっていい。
 
 
「愛か」「愛でないのか」の判断だってどうでもいい。どうせ究極的には「愛」だから。
 
 
あなたの愛も、もっと自由に、もっと大きな世界へ解き放って!
 
 
 
☆こんな記事もオススメ
「生きづらい」の呪いを解く魔法レッスン シリーズ
 

 

イチオシ人気シリーズ

*どんな恋愛テクも霞む!?恋と愛の神髄

最新記事>>>人生を変える時短テク!幸せを阻む感情を瞬時に処理

過去記事>>>アガシャに聞いたシリーズもくじ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑いつも応援ありがとう!

 

 

 

*はじめましてのあなたへごあいさつ>>>このブログについて

 

 

【 「生きづらい」の呪いを解く魔法レッスンその④】

①はこちら>>>「生きづらい」の正体とその原因

②はこちら>>>『嫌われる勇気』は必要ない!!

③はこちら>>>顔面コンプレックスは<愛>のしるし

 


 

 

●「大人」はこの世に存在しない

 

 

「自分以外の存在はとても優れているが、自分はそうではない」という思い込みから、自ら不利な上下関係を作り出し、生きづらさを演出することがあります。

 

 

特に、相手が年上というだけで無条件に自分を貶めてしまったり、相手の意見を丸のみ(相手が正しい)してしまったり、無意識な謎の「大人崇拝」の習慣が自分を苦しめるパターンはよく見られます。

 

 

だからと言って相手を下に見ろということではありません。年齢に関係なく相手を尊重する態度は人間関係の基本です。しかしそれと同じくらい、自分を尊重する態度も大切なんです。

 

 

そもそも、成犬や成猫のような意味での「成人」は存在しますが、「大人」って存在しないんですよね。

 

 

ハタチ(法律上での大人)を過ぎた人は実感したと思うんですが、たいして何も変わりませんでしたよね?どこからが大人?大人ってなに?ってなりませんでしたか?

 

 

「大人の条件」なんて言葉が象徴するように、大人は「条件」なのです。

 

 

お酒が飲めるようになったら、

自分でお金を稼げたら、

自分の感情をコントロールできるようになったら、

家族を持ったら、

自分で仕事ができるようになったら、

 

 

そんな、世間で言われるいろいろな条件をまとった成人、それを大人と呼ぶようになっています。

 

 

だから、大人という生き物は存在しないんです。

 

 

言い換えれば「大人」は「大きな子ども」でもあるし、「子ども」は「小さな大人」でもあります。

 

 

なので、「年上の方が偉い・正しい」「年下は立場が弱い」なんていうのは、本当にただの思い込みです。どの年代だろうがただの人間。

 

 

もちろん、上の世代には若い世代にはない経験があるのも事実。しかし、過去の常識が現在の非常識なんてこともよくありますね。

 

 

絶対的にどちらが正しい・偉いなんてものはなく、相手が年上だろうが年下だろうが対等なんです。

 

 

だから自分を貶める必要はないし、自分はダメだと思う必要もないし、相手の機嫌をとろうとしなくていいし、イヤなことはイヤだと言って良いんです。

 

 

これは年齢に限らず、相手の肩書や役職、性別や立場によっても起こることです。

 

 

「不完全な自分の外側には、自分の力では及ばない完璧な存在がいる」という思い込みから、自分を低く見積もってしまいます。

 

 

しかし、実はこれ、低く見積もるには低く見積もるなりにメリットもあるんです。

 

 

「不完全で未熟な自分」でいれば、誰かが助けてくれるのです。その成功体験が足を引っ張り、「不完全で未熟な自分」を辞められなくなることもあります。

 

 

それが居心地がいいならそれでいいですが、自分が勝手に作り出した「不完全な自分の外側にいる自分の力では及ばない完璧な存在」がストレスになるときには、そろそろそのレッテルのはがし時かと思います。



自分の中の感覚や違和感を無視してまで尊重しなければならない完璧な存在はどこにも存在しません。



あなたが不完全であるように、みんな不完全であり、不完全は未熟なのではなく、不完全こそが完成形なのです。



誰を崇めることも、誰かの言いなりになることも、誰かの意見に従うことも、本当はしなくていいんです。



まずはそれに気づくこと。

 

 

 

 

かくいうわたしも謎の大人崇拝の信者の一人でした。

 

 

成人してからも上司や先輩の言うことはだいたい受け入れてガッチガチに生きていたんですけど、あるとき、ヤツらもただのホモサピエンスであることに気づいてからだいぶ人生変わりました。

 

 

相手も人間!自分も人間!本当にただそれだけ!!

 

 

わたしがまだ小さいころ、「電車では静かにしなさい!」と鬼の形相で躾をしていた人たちも今では立派な中高年になり、近ごろ電車の中で一番賑やかなのはこの世代です。

 

 

(聴力の衰えにより走行音でお互いの会話が聞こえないため大声になる。なぜかマナーモード設定しなくて最大音量の着信音が鳴る。電話に出た上に声も大音量などなど…対してチビッコはゲームしたりスマホ見てたりして静か笑)

 

 

田舎の電車内のほっこりワンシーンですが、個人的には幼い頃のわたしは何を恐れて何に従ってたのかなって、ぼんやり遠くを見つめてしまう場面でもあります。

 

 

 

イチオシ人気シリーズ

*どんな恋愛テクも霞む!?恋と愛の神髄

最新記事>>>『本当の愛』の見極め方!

過去記事>>>アガシャに聞いたシリーズもくじ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑いつも応援ありがとう!

 

 

 

*はじめましてのあなたへごあいさつ>>>このブログについて

 

 





巷に溢れる「生きるのが楽になる考え方」は、それぞれのジャンルで種類豊富に発信されています。



人間関係で…とか、

子育てで…とか、

恋愛で…とか、

ビジネスで…とか、



いろいろな切り口で、角度で、それはそれはたくさん。



楽になるのはいいことだと思うんです。なにせわたしは1mmでも楽をしたい人間。楽チン万歳。



自分の中には存在しなかった考えや発想を「知る」というのも大事なことだと思います。知らないことはできないから。



そして、「とある考え方で楽になった」ということは、「今までは自分に合わない考え方に自ら捕らわれていたんだ」ということに気づくことも大事だと思うんです。



それまで採用していた考え方は、悪でも罪でもありません。ただ合わなかっただけで、環境も状況も全く異なる人にとっては素晴らしい考え方かもしれないのです。



自分を苦しめる考えと、自分を楽にする考えは、星の数ほど、同じ数だけあります。



それはカードの表と裏みたいなものだから。



何かしんどかったら、自分の採用している考え方が合わないというだけだし、だったら別のものを採用しようというだけの話。いつだって選択権は自分にあるんです。



だから、楽になった考え方にも、すがる必要はないんです。



考えなんてただの考えだから、山の天気のようにコロコロ変わる。



雨が降ったら合羽を着て、寒かったら上着を羽織って、暑かったら脱いで、自分が楽なように対応していけばいいんです。



楽になった考え方に固執して、自分の中に「正義」や「常識」を作ってしまうと、それが通用しないときにまた苦しくなります。人間関係でも衝突しやすくなるしね。



「正義」も「常識」も、自分の「幸せ」の前では、どぉーーーーーでもいいの。人生は刑事ドラマじゃないんだから。(刑事ドラマだってキャラクターの立場によって正義の形が変わるんだから)



いかに楽に、ストレス無く、自由に、生命を謳歌できるかの方が重要なの。



柔軟で、しなやかで、のびやか。これが本来の命の性質。



じゃないと、何千万年も進化を続けてこられなかったと思うのよね。


 

 

イチオシ人気シリーズ

*どんな恋愛テクも霞む!?恋と愛の神髄

最新記事>>>人生を変える時短テク!幸せを阻む感情を瞬時に処理

過去記事>>>アガシャに聞いたシリーズもくじ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑いつも応援ありがとう!