【KUMON】2019年夏☆子供の成長を振り返る☆ | ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブな日常から美容・ファッション・グルメ・旅行などを紹介しています。

ママサポーター第10期第5回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMONブログネタ:ママサポーター第10期第5回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMON 参加中

第10期KUMONママサポーターとして活動させていただいております。

もう9月の半ばなのに、8月並みに暑いですね!
今年は7月の暑さが少しマシだったから油断してました…
台風被害も関東ではかなりひどいようで、アタシも仕事の関係で配送を頼んでいたものが届かないかもしれないと言われてちょっと焦ってます。

今年の夏は、幼稚園最後の夏休み!だったのですが、家族中でバタバタしててガッツリどこかへ行ったりという予定はほとんど出来ませんでした。
娘ちゃんはほぼほぼ毎日幼稚園の預かり保育か保育園へ行き、アタシも旦那さんもフツーにお仕事。
お盆のあたりでちょっと志摩別宅へ行ったくらいで、ホントに夏休み感ゼロでした。
でも来年からは小学校なので、多少は夏休みという実感が出るんだろうけれど、今年は完全なる何も変わらない日常でした。
周囲でもそんな人多かったです。

ただ、娘ちゃんが学習に向き合う姿勢には大きな変化がありました。
なんかよくわからないのですが、この夏からくもんの宿題をやることを全く嫌がらなくなりました。
今まではこちらが必ず声掛けをして、気分が乗らないときには机に向かうまでにすっごい時間がかかったりしていたのに、とりあえずとりかかるまでがびっくりするくらいスムーズ。
やっている最中に分からないところが出てイライラすることはそれなりにありますが、声掛けせずとも朝起きたらプリントを出して机に向かいだすし、アタシたちより早く起きて勝手に始めている時とかもあって衝撃を受けています。


↑志摩別宅でアタシも旦那さんも朝シャキッと起きないでゴロゴロしてたら、もう始めるから!と宣言して勝手にプリント始めてた(笑)
よく見ると答えが間違っているところもあるけれど(笑)

自宅だけでなく、旅先でも宿題を持っていって、やるべきことを全部やるというのが当たり前になっていて、彼女の中ではそうすることが何も疑問ではないようです。

2歳の頃から始めたくもん。
この9月で丸三年になりました。
くもんのある日常をずーっと過ごしてきましたが、本当に彼女の生活の一部にすっかりなったんだなぁ…と改めて実感した夏でした。



ついにくもんのプリントタワーが身長を超えました♡
この画像を撮れたので、ずっと保管していた約3年分のくもんプリントをついについに処分しました…
正直、ずーっとこのプリントをどうしよう…と悩んでいましたが、いざ捨てるとなるとこみ上げるものがあって、アタシが泣きそうになりました(笑)



始めたばっかりの頃にやってたずんずん課題とか。
このときはこれでも大変だったなぁ…
それが今では漢字混じりで字を書いてるとか3年で大きく成長しました。



6月時点の進捗状況でもらえる進度認定証。
国語は2年生相当の終わりの方。
算数は1年生相当の終わりの方。
英語はまだまだ始めたばっかりなのでちょっとした会話のやり取りのところをやってました。

この認定証が6月時点なので、これを基準に見直すと、この夏に大きく成長した…というのはやっぱり国語です。
今はCⅠの半ばくらいをやってます。
この2ヶ月でかなり国語が進みました。
やってる問題もかなり難しくなってきてて、文末の表現を変えたり、適切な接続詞を選んだり、主語を入れ替えた時に表現が変わる言い換えをしたり…というような、かなり国語らしい問題になってきました。
それでもなんか得意なようで、1回やるとだいたい理解できてます。

算数は、7月くらいでA(1年生相当)は一応終わったのですが、Bになるとひっ算になってきて、その前にもう一度足し算を見直しておこう…ということで、今Aを最初からやり直しています。
Aの後半は引き算をやるのですが、引き算をずーっとしていたら足し算をすっかり忘れてしまっていまして…
今思い出しながら足し算を頑張ってます。

くもんって、計算が得意になるってよく言うじゃないですか。
でも、これだけ反復してずーっと計算問題をやってたら得意にもなるよ!と思ってます(笑)
だって、アタシが今までの生涯やってきた足し算課題と、娘ちゃんが1年半以上やってきた足し算課題の量を比較したら、娘ちゃんのほうが絶対に多いと思う!(笑)
それくらい沢山のプリントをこなしてきたんじゃないかと思ってます。
計算が得意な子って、なんやかんやでこうして特訓してきているんだろうな…ということがよく分かりました。
勉強にしてもスポーツにしても音楽にしてもその他様々な活動にしても、結局はたくさんたくさん反復して特訓したものが高みを目指せるんですよ、ホントに!

実は、うちの娘ちゃんが行っているくもんの教室では、うちの娘ちゃんは年長さんの中では国語はトップ、算数は2番目の進捗状況だったりします。
国語に関しては結構抜けて進んでいるようです。

約3年間、頑張ってきたくもんの成果を改めて見直したこの夏でした。

そうそう。
10月に実施される漢検。
まずは10級を受験するのでそちらの勉強も始めてます。
申し込みしちゃったし、実力だめしのつもりでやってきてもらえたらとは思いますが、どーなることやら。
一般会場での受験なので、くもん書写の方の先生が、問題を解く以前に最初に記入しなければいけない名前とかその他の項目に苦労するかもしれない…と言うてたので、そちらもやり方とかを教えてあげないとな…
試験会場についていけるわけではないので、その辺ホント心配…
外部の試験はじめてなのでアタシも今からドキドキしてます。


あ、くもん書写と言えば、1年4ヶ月位やってペン字の最終教材まで終わりました!わーい!
最後の草書はホントに苦労した…
読めない字を書くのって大変。
子どもが新たに字を覚えるのってこういう苦労があるのか…とものすっごい実感しました。
ペン字をもう一回やるという選択肢もあったのですが、せっかくなので筆ペンを次はやることにしました。
頑張ろー♡



その他のKUMONママサポーターの方々のブログはこちらから
『アメママの子育てリアルボイス』はこちら