公文書写の成果☆ | ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブな日常から美容・ファッション・グルメ・旅行などを紹介しています。

昨年5月から娘ちゃんと二人で通っている公文書写。
小さな頃から字がコンプレックスだったアタシにとってはかなりの挑戦でした。

1年以上通ってきて、現在ペン習字のI教材まで進んでいます。
ペン習字はJ教材までなのであとちょっとで終わり。
終わったら次は筆ペンをやろうかと思ってます。
ただ、このI教材とJ教材がかなり厄介で、草書体が始まったのですが、さっぱりわかりません!
読めない書けない難しい!
草書体はひとつの教養としてやればいい…と思っていますが、古典を原文で読んだりすることがないので馴染みがなさすぎて日々悩みながら字を書いてます。


最近は字を書くことが少なくなってきたとはいえ、今の時期はたくさんコレを書かないといけないんです…↓


お中元のお礼状。
毎日色々届くので、毎日せっせとお礼状書き。
正直このお礼状のために習っているといっても過言ではないペン字なので、ここぞとばかりに頑張って書いています。
前まで苦痛でしかなかったお礼状書きも、今は勉強と思って楽しんで書いています。
あんまり行書体で崩すのも読めなくなったら嫌なのでほどほどの崩し方で…
(書写では色々な行書体の崩し方を習ったのですが、普段はここまで崩さなくていいかなという字もあったので)
いつも書写では万年筆で書いていますが、これはボールペンで書いたのでちょっと勝手が違ってペン使いが汚いトコもありますが、習い出す前と今ではかなり字が変わったことが自分でわかります。
大人っぽい字になってきたかな。

娘ちゃんもめっちゃ字が整ってきました。
昨日も、幼稚園のお友達にお手紙をかいて渡したら、渡した子のママさんにめっちゃ褒められて照れまくってました(笑)
ずっと娘ちゃんの字を見てきているので、キレイになってきた気がすると漠然とは感じていましたが、客観的にみたら年長さんが書く字としては抜けてキレイらしいです。
公文書写の教室に通っている同世代の子たち、みんなそれなりにキレイだからそんなに実感としてなかったけれど、確かに他の子達がかいた字を見たらぜんぜん違うな…と思うように最近なってきました。


字は一生の宝物。
字でコンプレックスを持ち続けてきたからこそ余計にそう感じています。
そういえば、アタシが昔担当していた患者さんで書道の先生がいたのですが、その方は定年を迎えてから書道の教室に毎日通い、師範の免許をとって教室を開いた…と言っていました。
60越えてからの話ですよ。
ホント、いつからでも勉強できますよね。

まだまだ自分の字の癖が全然直ってないので、これからも練習していこう!と思います♡


公文書写


商品レビューなどはこちらに掲載中です