【KUMON】第10期ママサポーターとして…☆ | ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブな日常から美容・ファッション・グルメ・旅行などを紹介しています。


テーマ:

ママサポーター第10期第1回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMONブログネタ:ママサポーター第10期第1回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMON 参加中

第6期から参加させていただいておりますKUMONママサポーター
第10期も継続させていただくこととなりました。
今期も引き続き子供のくもんを通して、くもんの魅力やくもんのしくみなどを発信していけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。


まずは我が家とくもんのお話。
アタシも旦那さんも特にくもんを受講していたわけではありません。
ただ、旦那さんが学生時代に進学塾で講師をしていた頃、子供にはまず最初にくもんへ行かせたいというように考えだしたそうです。
そんなタイミングで、たまたま家の近くにくもんの教室が新たにオープンすることになったので、オープン前の無料体験へ行かせていただいたのが2歳の時。
まずは国語から受講しだし、その半年後に算数を追加。
そして、今年の2月から英語を追加しました。
現時点でくもん歴は2年半。4月から幼稚園の年長さんです。
そんな流れなので、娘ちゃんは今の教室では一番の古株です。



この教材進級賞をいただくのも何回目かな。
つい先日受けたテスト、満点に近い点数を取ることが出来てBⅡ(小学校2年生相当の後半)に進むことが出来ました。
結構難しくなってきたので、本人も毎日試行錯誤しながらとりくんでいますが、なんとか頑張れています。
算数はA教材(小1程度)の終わりの方。
一桁の引き算をやっています。
英語はまだ始めたばかりなので、くもんの英語学習の特徴であるe-Pencilを使って色々な単語を聞いたり読んだりするところをやっています。



GWですが、娘ちゃんが行っている教室の方針で、GWは予定があったりするのと連休明けの教室がお直しばかりでになってしまうため、10日の休日で7日分の宿題でした。
けれど我が家としては学習習慣を乱したくなかったため、英語は毎日やる・算数は別のプリントをやる・国語の代わりに漢字検定のテキストをやる…というようにして対応しました。
画像は帰省時に新幹線の中で漢字検定のテキストをやっているところ。
長距離移動中の学習は時間潰しにちょうどいいんですよね。
じっと座っていても飽きるだけなので。


くもんですが、子供の教育だけではありません。
他にも色々な面で活動されています。

○ Baby KUMON(0歳からいけるくもん)
○ 書籍知育玩具
○ 学校・施設・企業での公文式(中学生・高校生・成人向け)
○ 書写(全年代向け)
○ 学習療法・脳の健康教室(成人向け)
○ Japanese(日本語学習・外国人向け)
○ フランス語・ドイツ語

などなど、様々な年代で様々な方面から学習に取り組むことが出来ます。



ちょうど1年前くらいから、娘ちゃんと二人で通っている公文書写。
アタシはペン習字を、娘ちゃんはかきかたを習っています。
その書写の課題提出でアタシがいただいた賞状♡
優良いただいた!!!わーい!
小さな頃から字がコンプレックスだったアタシにとって、こんな賞をもらえるとか、ホントに信じられない。
毎日コツコツ字を書き続けた甲斐があったなぁ…☆
娘ちゃんも、ちょっと前からひらがな・カタカナと並行しながら漢字の課題が始まったことで、くもんの国語との相乗効果が生まれています。
漢字の読み書きが明らかに伸びてきています。
そして、なによりも親子で並んで学習をする…というのが娘ちゃん本人も嬉しいようです。
アタシたちが通う公文書写の教室は、行く時間ちょうど同世代の子供たちが5人くらいいるのですが、そのうち4人は親も一緒に書写を受けています。
みんな仲間意識がすごいあって相乗効果が生まれています♪
どうしても親のほうが書く量が多いので、子供たちが早く終わると、子供同士でお手紙の書き合いとかやっています。
楽しそうに通えていて何より。


KUMONママサポーターでは、前々期で濱田マリさんの講演会があったんですよ。
濱田マリさんの公演レポートはこちら☆
濱田マリさんは、子供をくもんに通わせだしてからくもんの教材に興味を持ち、子供と一緒にくもんへ通っていた方なんです。
その話を聞いてから、ママサポ内でもくもんへ通うママさんが続出!
大人になってからの学びも全然遅くないし、子供とのコミュニケーションツールにもなるし、学生時代と比べて課題に向き合っている時間はめちゃくちゃストレス発散にもなります。
算数の単純計算課題とか、認知症の予防ツールとしても使われているくらいなので、大人になってからのこういった学びは脳のブラッシュアップに絶対役に立ちますよね。


アタシのKUMONママサポーターの歴史は、娘ちゃんのくもんの歴史とほぼ同じです。
今後も一緒に成長していけるようにがんばります。

そして、ブログを通して、
くもんって実際のところどんななのかな?
くもんへ通っている子はどんなふうに成長しているのかな?
毎日の宿題って大変じゃないの?
などといった皆さんの興味に少しでも役に立てたら…と思っています。

どうぞよろしくお願いいたします☆

第10期KUMONママサポーターの方々のブログはこちら☆
『アメママの子育てリアルボイス』はこちら




 

ミリィさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ