【KUMON】大人になっても学びたい!濱田マリさんの講演会から感じたこと☆ | ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブな日常から美容・ファッション・グルメ・旅行などを紹介しています。


テーマ:

ママサポーター第8期第4回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMONブログネタ:ママサポーター第8期第4回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMON 参加中

第8期KUMONママサポーターとして活動させていただいています☆

先日、8期としては2回目の座談会がありました。



今回は、女優・声優・ナレーター・MCなどでご活躍中の濱田マリさんの講演会でした♡
濵田マリさん!
アタシたち世代ならば、やっぱりモダチョキのボーカルなイメージがとても強いのですが、あの独特のキャラと声はバンドブームの頃でも際立っていて大好きでした!
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるだっよーん♪

今でも、ドラマとかを見ていると濵田さんが出ているとついつい目がいっちゃうキャラ…というか。
とにかく大人になっても可愛らしくて大好きです。

そんな濵田マリさんですが、娘さんが一人いらっしゃいます。
もう大学生になっているそうなのですが、娘さんは小2の夏休み前にくもんに行きだしたんだそうです。
その時、娘さんの課題をしている姿を見ていて自分も勉強がしたくなり、濱田さん自身も夏休み明けくらいに一緒に通い出すことになったそうです。

時々大人が一緒に通いだした…という話を聞くことがありますが、たいてい英語なんですよ。
でも、濵田さんは算数・数学と国語!
ホントに娘さんと同じ課題を始めたそうです。

娘さんはそれから4年やって、ご自身も娘さんが辞めてからしばらくは通ったそうですが、結局辞めてしまったそうです。

…でも、その後どうしてもくもんをしていた時のことが忘れられず再開したそうです(笑)
なんでも、大人になってから100点をもらうことなんてなかったので、くもんをすることで人から頑張ったねとか褒められることが快感になったんですって。
辞めてもまた再開して…を計3回もするほどくもん中毒になっていたようで。
でも、くもんをしていたことで脳が活性化したことをかなり実感したそう。
台本がスッと入っていったり、頭のキャパが広がった感じがして仕事にすごく役に立ったそうです。
あと、英語も通信のくもんでやったそうですが、そのおかげでListeningとSpeakingがアップしたことを仕事上でも実感できたそう。



そのへんの子育てのこととかも、こちらの濵田さんのエッセイに一部載っているみたいです。
これ、めーっちゃ面白そうでしょ!
同じテーブルのブロガーさんが当てられていて羨ましかった~。
今度アタシも買ってみよ♪

親子でくもんをしていたことにより、娘さんとのコミュニケーションツールとしてすごく役に立ったそうですし、くもんをする娘さんの教材内容を把握出来るから、勉強への働きかけもしやすかったそうです。
リアルな励ましの言葉だったり、子供が喜ぶ言葉を見つけることが出来たそう。



そして、子育てのヒントになることもたくさん教えていただきましたよ♡

子供を育てる上では、自分が親にして欲しかったことをしていくことを基準にしている。
仕事と家庭との切替はちゃんとする。
子供が言っても言うことを聞いてくれない時には『困れ』と思うことにしている(必要以上言わないで子供に任せちゃう)。
一緒に勉強すると、『have to』が『want to』になってくれる。

ご自身、だいぶゆるーい子育てをしてきた…と言われていましたが、子供を愛して信じているからこそ出来たことなのではないかなと思いました。



本日のスイーツはもものゼリー&ムースをセレクト♡
爽やかに美味しくいただきました♪

さて。
後半はディスカッションタイムです。
濱田さんの講演を聞いて、どんなことを思ったかを書き出させていただきました。



『勉強は何歳からでもスタートできる!!
子供と一緒に共感できるコミュニケーションツールにもなりえるくもん』


…まさにコレですよね。
多分、今回の講演を聞いて、自分も子供と一緒にくもんをしてみようかな…と思ったママさんが結構いたはず。
それくらい、大人になってからも勉強をしてみたい!と思っている人が結構いるんじゃないかと思いました。
それがどのような効果をもたらすか…というのも、子供がくもんへ通っている親こそ実感しているところがあるから余計ですよね。


そんなアタシですが、ブログでも何度かお伝えしてきていましたが、娘ちゃんと一緒にくもん書写へ通いだして早3ヶ月弱。
娘ちゃんが書き方で、アタシがペン習字です。
週に1度の書写の教室に加え、毎日毎日娘ちゃんが宿題をしている横でアタシも書写の宿題。
そんな時、アタシが練習している漢字と娘ちゃんが国語で書く漢字と被るものが出てくる時があるんですよ。
それを見た時に娘ちゃんが、
『おかあさんも同じお勉強?!』
…といって、めーっちゃテンションが上ります。



で、先生に褒められたり、花丸もらうとアタシも照れくさくもあるんですが内心すごく嬉しいんです(笑)
アタシが先生に褒められると、娘ちゃんは帰ってきてから旦那さんにその事をすごい報告するのでちょっと恥ずかしいんですが。
新鮮な気分で週1の書写の教室と毎日の課題に取り組んでいます。
課題に向き合っている時間って、無になれるのですごく癒やされます。
終わった後の爽快感とかたまんない。
こうやって余計なことを考えないで集中できる時間ってすごく癒しになりますね。
これからも娘ちゃんと一緒にがんばります。


濵田マリさん、ありがとうございました!
改めて実感しました。
大人になってからも、勉強をするのは遅くない!
アタシも、娘ちゃんと一緒に成長していけたらと思います。


商品レビューなどはこちらに掲載中です










『アメママの子育てリアルボイス』はこちら

ミリィさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス