ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブな日常から美容・ファッション・グルメ・旅行などを紹介しています。


テーマ:
その1はこちらです。

さて、今回はサウナの梅湯さんを色々と見学させていただき、銭湯の魅力をいっぱい味あわせて頂きました。
レトロな雰囲気を是非皆さんも味わってください♡

サウナの梅湯
入口に入ってすぐに下駄箱。
居酒屋さんなどでもありますが、木の鍵で開け閉めするタイプです。

サウナの梅湯
アタシが入れたところの木の鍵、何故か茨城って書いてある(笑)
茨城…
なぜ茨城?謎です(笑)

サウナの梅湯
入って正面にも色々なレトロなグッズの数々。
棚とかも味がありますよね。

サウナの梅湯
こちらが番頭台。
ここを見て一番スゴイな~と思ったのが、上が磨りガラスになっていてすごく光が入るんですよ。
昼間なら照明をつけなくても十分明るい入り口ですよね。
入りやすい雰囲気をこうして演出してるのかな~なんて思いました。

サウナの梅湯
昭和レトロなロッカー。
昔の学校みたい。

サウナの梅湯
体重計もレトロ。
メモリが最初から500g引いてくれているという優しさも(笑)

サウナの梅湯
大きな扇風機。
後ろに張り紙がしてあって、だいぶ年代物のクーラーが調子が悪いそう(笑)
夏場の銭湯ってエアコン無かったらやばくない?と思ったんですけれども…

サウナの梅湯
この日は気温もそれほど高くなかったからかもしれないんですが、意外に涼しいんですよ。
これ、天井なんですが、めちゃくちゃ大きなファンが回っています。
天窓もあって、このファンが回りだしたらすごく涼しく感じました。
ステンドグラスの天井も、光がたくさん入るしオシャレですよね。
ちゃんと工夫してあるんだな~と納得。

サウナの梅湯
サウナの梅湯というだけあって、サウナはかなり凝ってるカンジでした。
まだ銭湯としては準備中なのに既にムンムンしていましたよ。

サウナの梅湯
女子風呂。
男子風呂もみましたが、こちらのほうが広々。
ちょっと気になったのが、女子と男子の間の壁が意外に低いこと(笑)
背の高い人がちょっと頑張ったら覗けそうですけど、昔の漫画じゃあるまいし、さすがに覗く人はいないですよね~。
あと、あちこちに英語での案内がいっぱい書かれていました。
最近は外国人のお客さんがすごく多いそうです。
銭湯って、ある意味すごく日本的な文化に触れ合えますよね。

サウナの梅湯
シャワーもレトロでしょ。
ホースついていなくて固定でしたよ。
頭下げて洗わないといけません。
左にアタシの足がちょっと写りこみましたがお気になさらず。

サウナの梅湯
銭湯の定番・ケロリンの桶!
これって銭湯に行くと必ずありますよね~。
カラフルでかわいい♡

サウナの梅湯
大武さんが、銭湯の楽しみのひとつにタイルの美しさみたいなことを言われていました。
サウナの梅湯さんは、浴室内のタイルが男女で色違いなんです。
上のブルーが男性、下のパープルが女性です。
ちょっとしたことですが、雰囲気すごく違いました。

サウナの梅湯
そして、昔ながらの薪で沸かすお風呂!
めちゃめちゃ燃えさかっていました。
こちらは廃材などをもらって薪として使っているそうです。
ガスを使うよりもコストも安く済むし、大工さんなども廃材の処理をしようと思うと通常お金がかかるのを引き取ってもらえるから…といってタダでいただけるそうで。
ウィンウィンの関係ですね♪

サウナの梅湯
薪のボイラーの蓋を閉めると、煙突から煙が出るそうです。
煙が出るとこみてみたかったな~。

実は、このサウナの梅湯は昨年廃業する予定だったそうです。
それを、銭湯愛好家の湊さんが後を継ぐというように名乗り出て、今はお一人で切り盛りされているそう。
かなりハードな毎日のようで大変そうですが、好きなことをこうしてやれるってスゴイな~と思いました。
たくさんのイベントなどもされているみたいなので、京都に旅行などされた時にはちょっとレトロな銭湯もルートに入れてみてはどうでしょう♪
一味かわった京都旅になれそうです。

サウナの梅湯→FB Twitter

そんなわけで、牛乳石鹸さんの楽しい座談会でした。
牛乳石鹸さま、サウナの梅湯さま、京都銭湯図鑑の作者の大武さま、ご招待いただいたAmebaさま、素敵な時間をありがとうございました♡


牛乳石鹸赤箱ブランドサイトはこちら







Yahoo!ショッピング

ハート商品レビューなどはこちらに掲載中ですハート
プチセレビューティー


AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 ブログネタ:【参加型】カウブランド赤箱 銭湯座談会♪(お土産あり) ご参加の皆様ブログレポートの御願い<PR> 参加中
本文はここから

先日京都のこちらで行われた座談会に参加してきました。
牛乳石鹸座談会
サウナの梅湯→FB Twitter

レトロな雰囲気満載の銭湯です。
こういう銭湯って最近見かけないと思っていましたが、探すと以外に残っているものなんですよね。
関西の方なら【今ちゃんの実は】でサバンナの二人が銭湯いくコーナー見たことがあると思うんですけれど、アレ見てるとこんなトコにこんな銭湯!とよく思います。

牛乳石鹸座談会
今回は牛乳石鹸さんの座談会でした。

多くの銭湯でも使われている牛乳石鹸。
正式名称は、『牛乳石鹸共進社株式会社』っていうの知っていました?
アタシは初めて知りました。
会社自体創業107年という超老舗です。

牛乳石鹸といえば、代名詞ともいうべき赤箱と青箱。
赤箱は今年で88歳を迎えるそうですよ。
それだけ長い間、パッケージは少しずつ変化したりしていますが、石鹸自体の製法を変えずに作り続けているそうです。
窯焚き製法という製造方法をしているそうなんですが、かなり熟練の技術がいるそうで、なかなか他では真似できないみたいです。
材料もほぼ国産のものしか使っていない安心処方です♡

ちなみに、全国的には青箱のほうがシェアがあるそうなんですが、関西では赤箱の方が断然売れるそうです。
赤箱と青箱の違いというと…
○ サイズ:赤箱は100g、青箱は85g
○ 価格:赤箱は108円、青箱は86円
○ 香り:赤箱はローズ、青箱はジャスミン
○ その他:赤箱はスクワランが配合され、よりしっとりに仕上がっている
…という具合なんだそうです。

なので、基本的には赤箱=しっとり、青箱=さっぱりの使用感だと思ったら良いみたいですね。
ちなみに、赤箱は2015年@cosmeベスト洗顔料、青箱は2015年に殿堂入りしたそうです。
全国で一番シェアがある固形石鹸。
さすがというか、納得です♪

コーポレートメッセージとして、
『やさしさのためには手間ひまを惜しまない』
『安心してお使いいただける製品をつくり続ける』
…ということを挙げられていて、とても誠実に石鹸作りをされている企業さまなんだなぁと改めて実感しました。

さて、今回は牛乳石鹸と縁の深い銭湯でのイベント。
銭湯についてのお話もいろいろと聞かせていただいてきました♪

牛乳石鹸座談会
こちら、京都銭湯図鑑を書かれた大武さん。
銭湯愛に満ちた素敵なお話をたくさん聞かせて頂きました。

牛乳石鹸座談会
こちらのがその著書ですね。
Amazonでも売っていましたが、超高評価がついていました。

すごくほっこり癒やされるイラストと銭湯愛に満ちた文章で楽しい本です。
大武さんのお話は、銭湯豆知識・銭湯でのマナーだけでなく、タイルのことやのれんの豆知識などもあってとても面白かったです。

のれんには、東京型・大阪型・北海道型・京都型…とあるそうなんですが、それも銭湯の設計上の違いから形が違うのれんが各地で使われているそうです。
まぁ、そういった地方の名称がついたりしていますが、京都でも他の地域ののれんを使ったりしているところもあるそうで、その辺はその銭湯次第みたいですね。

牛乳石鹸座談会
ちなみにサウナの梅湯さんののれん。
男湯バージョン。

牛乳石鹸座談会
女湯バージョン。

牛乳石鹸座談会
女湯は二重ののれんです。
ちょっとした配慮が素敵♡

そして見ていただいたらわかると思うんですが、牛乳石鹸さんはこういった銭湯向けののれんとかも一般向けではなく製造販売しているそうです。
毎年新たなデザインを出しているそうで、形の違いや絵柄の違いなどをみるといった楽しみ方も銭湯の面白さみたいですよ。

牛乳石鹸座談会
ランチにいただいたのは北極星のオムライス☆
大好きです!
これ、水を入れたら温かくなるパケなんですよ。
なので、ほかほかのオムライスを頂きました。
ごちそうさまでした。

牛乳石鹸座談会
おみやげは赤箱とタオルです。

牛乳石鹸座談会
タオルはこんなカンジのフェイスタオル。
大判で使いやすそう。
帰ってきて早速水通ししました。
使おう~っと。

牛乳石鹸座談会
サウナの梅湯さん前はとても京都らしい川が。
ちょっと東には鴨川も流れていて、京都らしい素敵な場所でした。
京阪七条駅の近くです。

画像が山のようにあるので、2記事に分けます。
お付き合いいただけると嬉しいです♡

その2へ続く♪



牛乳石鹸赤箱ブランドサイトはこちら







Yahoo!ショッピング

ハート商品レビューなどはこちらに掲載中ですハート
プチセレビューティー

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
雨です。

昨日は京都でしたが、本日は岐阜に来てました~。
ちょっと雨のせいで疲労度倍くらいな気がする…
雨の中動くのは大変ですわぁ。



これは、鴨川沿いにいたネコちゃん☆
首輪してたし飼い猫ちゃんと思うんですが、ものすごく人懐こくてかわいかったです。

明日はもう月末かぁ。
今年ももう半分の折り返し。
なんか早いですね。
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。