こんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます^^



久々の晴天が嬉しいしん すねです。



先日久しぶりに10日間くらいの
ワンオペ育児を経験しました。


というのは、
夫と私の家事育児比率は
本当にfifty fifty。


周りの方々が驚くくらいポーン




でもそれには私なりのポリシーがあって、




夫に対して家事や育児のクオリティに
絶対口を出さない。





やっぱりありますよ…
ご飯がお釜のまま冷蔵庫に入れてあったり、
ほんの少ししか残っていないおかずが
大皿のまま冷蔵庫にしまってあったり。爆






よく私がやった方がましだわムキー
と言いなが自分でこなしてしまい、
夫が協力してくれないって
嘆く場面を見かけますが…
まーどっちを取るかは本人の自由なので。






少し話が逸れましたが…





そんな夫がここ数週間激しく仕事が忙しく、
げっそり疲れてそうだわ、
時間が欲しいやらで、
家事や育児からしばらく退いておりました。




そこでわたくし、
「あ〜夫に感謝されたい」と、
妙な頑張り教が発動しちゃうわけですよ。




自身もやる事があったし
若干体調不良の中、
夫を休ませることに必死になる私。





もうすんごい疲れた。





しまいには
泣き叫ぶカオスな子供2人を前にして、




「ママは一人しかいなーい!
もうしんどい!」
って声を荒げました。




そんなママを見た子供たちの泣き声は
さらに加速し、
「○◯だってしんどいの!!
だからそんな声出さないで!」って
4歳の長女が言ってきた。
もう3人でわけわからないまま泣きました。






でも荒げた声の本音って

もしかしたら
私の不安
私の寂しさ
かもしれない…





だから一部始終をみていた夫に言った。
もっと褒めて欲しい
もっと感謝を言葉にして欲しい
もっとよしよしって頭なでて欲しい
って。




恥ずかしくて穴に入りたいけど、
言ってみた。
あまり反応がなくてさらに穴にはいりたい。





でも本当はその言葉…






「私が、
昔お母さんに
言いたかったこと。」




なんだな〜






そんな事を夫はいつも教えてくれる。






だからやっぱりまずは
自分自身なんだな。






自分のエネルギーがスカスカで
誰を守れるねんって話。
誰の役に立つねんって話。
変な日本語失礼します。





そして今回の事をきっかけに
そろそろ2歳半になる次女の授乳を
やめてみようかと思う。



かわいいし
幸せだし
今しか出来ないからって
若干執着してたけど、



そろそろ
ちゃんと寝たい。




ってことで、
最後までお付き合いいただき
本当にありがとうございました!



私と似たような方々が
少しでも自分を大切にできますように♡



おわり