と言う訳で今から撤収です



その前にちょと敷地の説明を・・・

$チラシの裏にでも書いてろ!

モテル北陸は国道8号線に面した丘の上に建っています
入口は2か所、スロープを上り本館のMOTORLOBBYをくぐって敷地内に入ります
本館南側の少し離れたところに国際モテル(離れ)
図の右端にある『花』は現在営業中のホテル『ネオジャパネスク イン 花』のこと
現在は離れ群と花の間は道路が通り敷地は完全に分離していますが、国道8号線の拡幅工事が行われる以前は繋がった敷地だったようです




さて本題に入りましょうか




進入編では南側のスロープから上ってきました


チラシの裏にでも書いてろ!

入口はこんな感じ

近年行われた国道8号線の拡幅工事のせいか、スロープと歩道の間はちょっとした段差になっていました
車で入るのは絶対に無理



チラシの裏にでも書いてろ!

スロープはひざ丈ほどの草で覆われかなり歩きにくかったです



チラシの裏にでも書いてろ!

それでも割とすぐに建物までたどり着きました

ただしここからMOTORLOBBYまでの間はほぼジャングル状態で歩行は極めて困難
無理に正面に出るより、ここから建物裏面に回り込んだ方が歩きやすいです






チラシの裏にでも書いてろ!
建物正面、MOTORLOBBYの前



ここから南側スロープを見ると・・・

$チラシの裏にでも書いてろ!

通路だった面影は全くなし('A`)
何か道具持ってないと多分通り抜けは出来ないんじゃないかな






$チラシの裏にでも書いてろ!

直下には国道8号線

目と鼻の先に国道が通っているのにまるで別世界にような静寂、何だか不思議な場所です







帰りは来た時とは別の北側のスロープを通ってみました


チラシの裏にでも書いてろ!

草ボウボウ、枝も伸び放題で歩きにくかった南側と違い、北側は草も少なく低い位置にのびる枝も殆ど無かった為比較的歩きやすかったです

その気になれば軽トラなら走れるレベル




チラシの裏にでも書いてろ!

入口のひっそり感はこっちの方が上かも
ここに廃墟があるって知らなかったら完全に見落としちゃうレベル
南側ほどじゃないけどこちらも通路が国道よりも一段高くなっています




入口をちょっとアップで

チラシの裏にでも書いてろ!

廃道状態の南側には柵もロープも何も無かったけど、こちらには一応ロープが張ってある



北と南とじゃ断然北側の通路の方が歩きやすかった
あえて歩き難い道を通りたいっていう物好きじゃ無かったら、北側のスロープから入った方が賢い選択だと思うよ





$チラシの裏にでも書いてろ!

国道からモテル北陸が建つ丘を見上げてみる

完全に森になっちゃてるんで下からは建物はほとんど見えない
自分自身この道を何回も何百回も通ってるのに、ここに廃墟があるなんて今まで全然知らなかった

それが良いのかも知れんな
一般の人に気づかれないから今もこうしてひっそりと建っていられるのかもしれない





ところで、ここを訪れるきっかけとなった『バステル北陸』とは何ぞやという問題


少なくともこの廃墟には『バステル』の痕跡は無かった
むしろ状態の良い『モテル北陸』のチラシを発見したことから、ここの建物は開業時から閉鎖される時まで一貫して『モテル北陸』だったんだと思う



ちなみに隣に建つホテル『花』との繋がり
家に帰ってチラシの写真をよく見てみたら


チラシの裏にでも書いてろ!

チラシの裏にでも書いてろ!


チラシに掲載されているモテル北陸の電話番号と、現在のホテル花の番号が同じだった
ついでに記載されている住所の地番も同じ

って事は
『花は日本初のモテルだぞ』って言われたそれは正しかったって事だな
で、地元の人間は『花の前身はバステル』って認識らしいから、それらを踏まえて今までわかった事をまとめるとこうだな


まずは日本初のモーテルとして『モテル北陸』が昭和38年にオープン
この場合のモーテルとはあくまでも本場アメリカ式のモーテルで、必ずしもHする為だけの施設では無い
やがて純粋にHする為だけのホテル・モーテルの台頭、モテル北陸の設備ではHに特化したホテルに比べプライバシー等に難がある為大きな方針の転換を余儀なくされる
そこで敷地の一角に一般的なラブホテルを増築、バステル北陸としてオープン
昭和51年ごろ、モテル北陸部分は役目を終えて閉鎖、その後廃墟となり今に至る
バステルはその後『花』と名前を変え今に至る


あくまでも俺の超個人的な推測だけど、こう考えるのが一番つじつまが合う

まぁあながち間違いでも無いんじゃないかな



今回初めて本格的な廃墟を探索してみたんだけど、なかなか奥の深い世界だなと思いましたよ

元々趣味で酷道やダムを見て回ったりしてたんで、廃墟という世界はそう遠いものじゃ無かったんだけど、酷道やダムのついでに廃村や廃屋をのぞき見するのと、廃墟っていう廃墟を見るべくして見に行くのとはやっぱり勝手が違うなと実感

良い経験になったわ
自分の趣味に加えたいジャンルだな
今回は時間が無かったのと、経験が無くて装備が足りなかったのと、途中でなんだか怖くなっちゃったってのもあって余りゆっくり見てこれなかった
今度は冬に行ってみようかな、冬なら草も少なくて歩きやすいかも知れんし、草で見えなかった部分が見えてきて、また新たな発見があるかも知れんな( ´∀`)










  ~~~~ 追記 ~~~~



自宅を漁ったら16年前の住宅地図が出てきました
もしや・・・と思いその場所を見てみたら

$チラシの裏にでも書いてろ!

現在の『花』のところに『バステル北陸』って書いてある(゚∀゚)!!!!

やっぱり自分の推測は大筋であっていたようです


日本最古のモーテルは『モテル北陸』
その後同じ敷地の一角で『バステル北陸』開業
モテル北陸は廃墟に
バステル北陸は花と名前を変えて現在も営業
電話番号はモテル北陸時代から現在の花まで一貫して同じ番号
つまり花は日本最古のモーテルの正式な末裔



これでスッキリした( ´∀`)



 ~~~~ 完 ~~~~





【廃墟】 モテル北陸に行ってきた 【プロローグ】

【廃墟】 モテル北陸に行ってきた 【進入編】

【廃墟】 モテル北陸に行ってきた 【館内編】

【廃墟】 モテル北陸に行ってきた 【離れ編】

【廃墟】 モテル北陸に行ってきた 【撤収編】







廃墟本 The Ruins Book
廃墟本 The Ruins Book
posted with amazlet at 11.07.26
中田 薫
ミリオン出版
売り上げランキング: 92973



AD