Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪


テーマ:
幼稚園年長息子の幼稚園最後の保育参観。

最後だからと張り切って出かけた。
今回のテーマは「なんでも発表会」。
子供達それぞれが、3年間の幼稚園生活でできるようになったことを発表するという。
先生から、「個人差は色々ありますが、その子なりに成長できたことの発表です。温かく見てあげてください」と。

ふ~ん、素敵な企画ねぇ。なんて感心してたら、周りのお母さんは「うちは、フラフープをやるんだって」とか、「うちは、あやとりだよ。手品もある」とか、ちゃんとお子さんが何をやるか把握してる。

子供達も、それぞれにあやとりを用意したり、なわとびを持っていたり、準備している様子。

えっ!??
みんな、「なんでも発表会」だって、知ってたの?ちゃんと準備したの?
ってか私、息子から何も聞いてないし。。ガーン

わが息子を見ると、な~んにも持ってないし、一番前の席で、後ろの席の子と楽しそうにおしゃべりしながら、ポヤポヤ待ってる。

この子ったら、いったい、何やるんだろ??
って今更聞こうと思ってももう遅い。

発表が始まる。

最初の子は、「漢字を書きます」って。模造紙にいくつか空欄があって、「日」とか「木」とか「大」とか書いてる。うちの子なんて、ひらがなもアヤフヤなのにさ。。

次の子は、子供達に人気のアニメ「はなかっぱ」の真似。大笑い。

次の子からはピアノの発表が何人か続く。息子も、ピアノなら、いつもヤマハの練習してるから、特にとりたてて準備も要らないので、そうかなと思ったら、違う。まだ、ポヤポヤ座ってる。

次の子からは、あやとりが何人か続いて、とうとう息子の番。

と思ったら、後ろの席のサッカーを一緒に習っている仲良しの男の子と一緒に、パーン!とはじかれたようにステージに飛び乗った。「おみこしをやります!!」とな。

先生から解説が入る。
「組立体操で、おみこしをやります。Rくんがアシスタントに入ってくれます」ともう一人の男の子も出てきた。

1回目の組立体操。おみこし。二人の子供が腕を組んで土台を作り、そこに1人の子が足をかけて乗る。息子は下の一人として支える。

2回目。ロケット。下の子二人が馬になり、その上に一人が乗って手をグーンと三角にして上げる。息子は、下の左側で、ちゃんと顔を前に向けてこらえてる。

3回目。新幹線。息子は一番前。2番目の子の肩に足をかけ、2番目の子は3番目の子の肩に足をかけ、3番目の子は片足を上げてピーンと伸ばし、みんな腕を上げて、ポーズをとる。

成功するたびに拍手が起こる。あんまり良い位置に座れなかった私には、あんまり見えなかったんだけど、男の子らしいこの発表、やっている3人が楽しそうで、適度な盛り上がりもあり、なかなか良かった。

っていっても、内容は、秋の運動会でやったものを、仲の良いお友達とやって発表した、というだけなんだけどね。
けど、私には、とってもとっても嬉しかった。

だって、息子が、お友達と共同で発表できたんだから。

入園以来、発達も遅くて、極端に引っ込み思案で、友達の中でも、誰と遊ぶというわけでなく、な~んとなく、一人いるだけ、ということが多かった。友達の名前がやっと出てきたのは、年長になろうかという頃。どこか外に連れて行っても、全然他の子と一緒に遊ぼうとしない。誰かと何かをやる、ということなんて全然できなくて、年長の家庭訪問でも、友達とのかかわりについて先生に相談していた程だった。

そんな息子が、お友達と一緒に発表できたなんて。

一人でやることなら、たとえば、ピアノとか、縄跳びだって良かったけど、それよりも、息子の場合は、「友達と」というのがポイント高かった。


1年生になれば、もっと沢山の友達の中で、自分のことは自分でやらなければならないし、友達も自分で作っていかなければならない。少し前まで、本当に心配だったけど、友達と発表できるようになったのを見て、うん、大丈夫、小学校に行ってもなんとかやっていける、と思えた。

先生の言葉の「個人差はありますが」どおり、3年間でできるようになったことの発表として、彼にとってはふさわしく、素晴らしかったと思う。

卒園まであと3週間。
最後の幼稚園生活が、キラキラと、もっともっと楽しいものになるといいね、おー。
自分のペースで、しっかりと成長してくれてありがとう。
息子を見守ってくれる、全ての人たちにも大感謝ですラブラブ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
国民年金について。

サラリーマンの妻など被扶養配偶者のうち、本来は配偶者の離職や離婚、被扶養者自身の収入増などで扶養から抜け、自分で年金を払う必要があった場合で、切り替え手続きをしなかったためにずっと被扶養配偶者(国民年金3号被保険者)と記録されている方々向けの救済策「運用3号」について前回こちらで書きました。

この救済策が一時保留!なんてニュースが入ってきました。

真面目に届け出て保険料を納付していた人や、この救済策が実施される直前に年金の裁定がされて年金が減額或いは受給権そのものが発生しなかった方などからすれば非常に不公平感が強く、また、コンプライアンス的にも問題ではという向きもあり、財源だってどこから出るのよ、とまぁ、おかしなところが多く、朝日新聞は2月2日の社説で痛烈に批判をし、2月16日には年金業務監視委員会から、法令順守の立場からもありえない策では、といことも指摘されてされていた、この「運用3号」。

私個人としても、いくら記録がそのままになっていたから、とか、不利益をこうむる人が100万人以上も出るといわれても、やはり、法律に規定のないものを「運用」という、まやかしの手法によって始めてしまえば、他の法律だって、何でも「運用」が通ってしまうわけで、法治国家として決してやるべきではない判断だと思っています。

そもそも、国民年金法7条で定められている国民年金の第3号被保険者とは、平たい言葉で言うと「サラリーマンや公務員など被用者年金・共済の加入者の被扶養配偶者であり、20歳~60歳までの人」です。ただし書きや、例外的に3号となるという規定はありません。

本来、この3号になる届出は速やかに提出する必要がありますが、万一提出が遅くなってしまった場合、2年以上さかのぼっても、被扶養配偶者であったことが確認できれば3号としての申請を受け付ける、いわゆる「3号特例」という制度が平成17年4月から施行されています。こちらは法の附則できちんとした形で定められているもの。

一方で、「運用3号」は、法律の定義を超えるものにもかかわらず、国会の審議はおろか、ちゃんとした形で国民に広く周知される時間も機会もないままに、年金記録回復委員会で昨年3月29日に決めたことがそのまま、厚生労働省年金局の課長通知で実施されたものです。

不公平とか、「正直者が損をする」とか、きちんとしていた人が不利な立場になり、知らずに何もしなかった人だけでなく、知っていたのに保険料を払うのがイヤだから放置していた確信犯的な人も一緒に救済されるのはおかしいなど、感情的に納得いかないというのはもちろんのこと。ですが、それを差っぴいて考えてしまっても、法治国家として、おかしな判断だと思います。

てな感じで、「年金業務監視委員会から指摘があった件は次回書きます」なんて当駄ブログで告知してました。

が、うかうかしているうちに、今日の予算委員会で、細川厚生労働大臣が、この策を一時留保すると述べたというニュース。

詳細ニュースがまだあんまり手に入らないのですが、本日2月24日の衆議院予算委員会で下記のような応酬があったとのこと。

--以下毎日新聞の記事より抜粋--

この問題は、会社員の専業主婦の妻らが、配偶者の脱サラなどで3号被保険者の資格を失う場合、国民年金1号への切り替えが必要だが、切り替えないままの人が数十万人以上いるとみられる問題。厚労省が1月から、過去2年分の保険料を払えば、さかのぼってそれ以前の未納分を納めたとみなす救済策を始めた。総務省年金業務監視委員会が「まじめに切り替え払ってきた人に不公平」と異を唱え、厚労相への是正勧告を総務相に促すことを検討している。

「この議論を聞いた国民が今日にも窓口に押しかける。政府内で統一見解を出すべきだ」と鴨下議員がただしたのに対し、細川厚労相は「年金支給について手続きを留保させていただく」と述べた。窓口での申請は受け付けるが、救済策による年金の支給は止める。

リンク元記事は、こちら
---------

やっと、正常な動きになってきたと安堵しているのが正直なところです、私的には。
まだ一時保留というだけなので、既に今年1月から「運用3号」が適用されて年金支給が決定している方の扱いなど、まだ、超えるべきハードルはありますが、こういう大事な事が、ちゃんと明るいところに出て、議論されるのは良いことです。

これをきっかけに、「3号制度」そのもののあり方や、そのほかのさまざまな年金制度の根本的な議論がちゃんと進んでいくと良いなぁと思っています。3号だけじゃなく、少子高齢化の歯止めがかからない今、現役世代が年金受給世代を支えるという、世代間扶養のやり方も立ち行かなくなるのはわかっていることだし、ツケを若い世代や将来に回さないで、ちゃんと、今、解決するための建設的な議論をする必要があると思います。

それから。

みんな、私も含めて、もっと、色々なことを人任せにしないで自分でこういうことの情報を取りに行く姿勢を持つほうが良い。

今回の「運用3号」でも、先週の土曜朝のNHK「ニュース深読み」で、「手続きを教えてくれないのは行政が悪い」と前面に出されていた出演者がいましたが、その考えが甘いと私は思います。確かに、行政側のコミュニケーションが下手くそだった面はあると思います。でも、全面的に行政が悪いわけじゃない。市の広報などにも繰り返し出ているし、行政からの発信じゃないけど新聞なんかにもしょっちゅう書かれている。なのに、そういうことを、ああいう影響力のある番組で、良識ある大人として出演しているであろう方がおっしゃるのは、同じ国の人間として、本当に情けない。

「知らなかった」じゃ済まないことが、このほかにだって沢山あります。
あんまり広げちゃうと収集がつかなくなるのでこの辺にしますが、でも、ホントそう思います。


参考までに、2月16日行われた年金業務監視委員会の厚生労働省と日本年金機構へのヒアリングの様子はこちらのウェブ動画

77分と長い映像ですが、冒頭20分程度で、郷原委員長と総務省の内山政務官からの法的な問題点についての質問、60分頃からの所が肝だと思います。

上記は長いですが、15分程度の映像でこちらのリンクが、ヒアリング後に郷原委員長が記者会見で答えている様子。
6分位からが核心です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
国民年金について。

日本に住む常識ある皆さんご存知のとおり、日本では、日本に住所のある20歳~60歳までの方は必ず国民年金に加入する必要があります。会社に雇用される方が入る厚生年金は70歳まで。

この国民年金制度で、大変不公平というか、法令違反じゃないの!?っていう政策がスタートして議論を呼んでいます。

それが、「運用3号」。
新聞やテレビでも取り上げられています。
当駄ブログにご訪問の皆様も、目に耳にされた事はあるでしょうか?

この「運用3号」、平たく言っちゃえば、専業主婦等で、ご主人が離職したり、ご主人と離婚して扶養されなくなり、本当は国民年金保険料を支払わなければいけなかったのに、その手続きを怠ったために、ずっと扶養の扱いになっていた期間がある場合、その期間は、扶養に入っていたものとみなし、保険料納付がなくても、その間の年金も支払ましょう、というもの。

この期間が、ずーっと前ならば、本当は保険料を払わなければいけなかったのに、払っていなくてもOKとするのです。ただし、国民年金の保険料は、納期限から2年を超えると時効で払えなくなりますから、それにならって、直近2年間のみその「なんちゃって扶養」期間を本来の自活期間として、2年間だけ保険料を払えばOK。

じゃ、「運用3号」って名前はどこからか、というと、国民年金の加入者の名称から来ています。
国民年金の加入者には、下記のとおり、3つのカテゴリがあります。

 第1号被保険者: 自営業者など、国民年金保険料を自分で払う人。
          定額の国民年金保険料(今は15,100円)を支払い、
          将来は老齢基礎年金だけもらう。
          (今は年間792,100円)
          
 第2号被保険者: 会社員や公務員など、雇用されている人。
          厚生年金や共済年金に加入し、給与から保険料を
          天引きで払う。
          将来は、老齢基礎年金部分に加え、上乗額をもらう。

 第3号被保険者: 第2号被保険者に扶養される人。
          保険料は、払わない
          将来は、老齢基礎年金をもらう


今回の制度は、第3号被保険者に当たる人で、本当は第1号にならなければならなかったのに、3号のままでOKとすることを、法改正ではなく、厚生労働省からの通知で、運用上の3号とする措置なので「運用3号」というわけです。

これって、不公平じゃないですか??
ちゃんと手続きした人のうち、経済的困難で保険料を免除してもらったり、払えなかった人が報われず、手続きをしなかった人が救われるなんて。

厚生労働省の答弁は、手続きを自分でしなければならないことを知らなかったために、そのままの方が、100万人以上もいるとの見込みであり、この策を実施しなければ、年金をもらえない「無年金」の方が大量に出てきてしまい、社会問題になる、ということですが。

でも、他の制度で「手続きを知らなかった」で許されるものってあるのでしょうか?
「知らなかった」で税金は逃れられません。
犬を飼えば狂犬病の予防注射を受けさせなければいけません。それを知らずに注射を受けさせなかった犬が誰かをかんで狂犬病にかからせてしまった場合、飼い主は、知らなかった、なんていう言い訳は通じず、罰金を払うことになります。

だから、「運用3号」は、法治国家としてやるべきではないことと思います。

じゃ、100万人以上も出てしまう無年金者をどうするのか?という問題は、これは「運用1号」とすればよい。過去何年さかのぼっても、本来の1号にして、払える限りさかのぼって全部払ってもらえば良いじゃないですか。払えないなら、100歩譲って「カラ期間」みたいな扱いにして、年金受給の権利を発生させる期間には入るけれど、年金額には反映させない。

本来やるべき手続きを怠ったのだから、当然だと思います。

そもそも、「3号」そのものが、今の時代に合致していないというのが私の考えで。
これをきっかけに、3号制度そのものをなくす検討を始めたらよいと思います。
専業主婦の方も、なんらかの形で保険料を負担する制度に変えた方がよい。

それはこれからの議論ですが、今の段階では、乱暴な言い方ですが、専業主婦の方は、現役時代は「3号」としてご主人に扶養してもらって保険料を払ってこなかったんだから、本来1号だったのに払わなかった期間があるならば、老齢年金をもらう年代になったって、ご主人の年金に扶養してもらえばよい。ご主人に先立たれた場合には、ご主人がもらっていた老齢年金が、遺族年金になってくれるんだし。

問題は、専業主婦だった方が離婚した場合ですが。
離婚分割を過去まで認めればよいと思います。
前のご主人が既に受給者で年金額が確定している場合とか、そもそも離婚した相手がどこにいるのか生きているのかすら不明だったり、困難は沢山あるでしょうが。

とまぁ、問題の多い「運用3号」。
朝日新聞など、2月上旬の社説で痛切に批判していましたが、ついに、総務省に設置された年金業務監視委員会が待ったをかけました。

長くなるので、これは次回。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。