花粉飛散が気になる季節になりました。この食材で、身体の内から花粉症改善・予防を! | 毎日食べたくなる重ね煮料理をいんやん倶楽部講師塩﨑千織がお伝えします

毎日食べたくなる重ね煮料理をいんやん倶楽部講師塩﨑千織がお伝えします

芦屋・西宮の陰陽調和の重ね煮料理はMITOFUJI。野菜を中心に簡単でヘルシーなお料理です。アトピー・野菜嫌いの子どもさんや体質改善したい方におススメ!大阪や神戸、京都への出張教室も行っています。

こんにちは。

旬のお野菜をたっぷり頂く、陰陽調和の重ね煮料理教室「MITOFUJI」主宰の塩﨑千織です。

 

 

三寒四温で春の近づきを感じるこの頃。嬉しいような~、でも、花粉アレルギーのある方には、つらい季節でもありますよね(:_;)

 

 

花粉アレルギーは、からだに外から異物(花粉)が入った時に、からだが反応して、かゆみやくしゃみなどのアレルギー反応を起こす症状です。その人が持つ自己免疫力の個人差によって、症状が強く出たりもします。

 

 

でも、お薬にはなるべく頼りたくないもの。それが食べもので、自己免疫力をアップして花粉症を改善できたら良いですよね~(^^)/

花粉症を軽減できる食材。何か想像できますか??

 

 

実はこの食材!蓮根なんです。

 

 

秋から春先にかけて出回る蓮根。私の重ね煮料理教室では、季節に出回る旬のお野菜が、その季節に、人間が必要としている栄養素や、薬効効果をもたらせてくれるので、旬菜を頂きましょうと、お伝えしています。

 

 

蓮根は、レモンにも匹敵するぐらいビタミンCが豊富です。蓮根を切った時に糸を引くような粘りは、ムチンという成分で、粘膜を保護してくれます。重ね煮では、お野菜のあく抜きはしませんが、一般的な下ごしらえでは、蓮根を切ったあとは、酢水に浸けてあく抜きをしますね。あのあくに、タンニンが多く含まれているのです。だからあく抜きするなんて~とってももったいないことしています(*_*)

 

 

上記の栄養成分から、蓮根には、収斂作用、消炎作用、止血作用、ぜんそく改善、咳止め、冷え性解消等の効能があります。特にタンニンが、粘膜を保護して引き締める作用があるので、冬は風邪の咳止めから、春先にかけては花粉症予防になると言われています。薬効効果があるのは、蓮根の節の部分です。ぜひ、節付き蓮根を買って、お料理に使って下さいね~(^^)/

 

 

ただ、節の部分は固くて、長時間煮炊きしてもやわらかくなりません( ;∀;)お味噌汁にすりおろして入れたり、ハンバーグなどに入れると良いですね~(^^)/

 

 

今からでもまだ間に合う!毎日のお料理に蓮根を上手に取り入れて、花粉症予防を心がけたいですね~毎日の食卓から食養生。日々続けることで、身体の健康は必ず上向きになります。そして、それが重ね煮料理なら、胃腸に負担をかけない食べ方なので、生活習慣予防にも繋がります。ご興味持たれた方は、下記からアクセスしてみてくださいね~(^^)/