1133. まだいた 最後のホタル  | 宿屋のおやじ日記
2015-07-11 08:35:48

1133. まだいた 最後のホタル 

テーマ:ほたる

昨夜23時30分頃 帰る途中に、ふとホタル君から呼ばれた気がして

いつもの橋の上から おとずれ川をのぞいてみました。

 

しばらくは見えませんでしたが、目が慣れてきますと 葦の根っこに一匹

のホタルの明滅が見えました。いやー感動いたしました。


十日程前に「 今年のホタルシーズンは終わりました。」と館内から関連

のポスターをはがしていましたので 尚のこと感動した次第。


「 高く飛んでいるのは、寿命が来たホタル達で・・・。」と毎年決まった

説明をしつつも、彼らの臨終にはまだ立ち会った事がなかったのですよ。


思わず「 今年もありがとうね。おかげで多くのお客様に喜んでもらえた

よ。彼女はできたかい? 来年は君の子供さんと会えるのを楽しみに

してるよ。」と声をかけました。


出している「 光 」もかなり弱弱しくて 一度消えたら 次に点くまでに

かなりの時間がかかって 随分とやきもきしながら会話をしました。


気が付けば 日付も替わっており 次の点灯が確認できませんでした

ので 合掌して別れました。


最近「 胎内記憶 」という映像で 2~3才の 記憶の残っている全ての

子供が「 テレビで いろんなお父さんとお母さんを見せてもらったこと。

そうして今のお父さんとお母さんを選んで・・・自分で望んで・・・滑り台に

のって生まれてきた事。人の役に立つために生まれてきた事。一番

最初にお母さんを喜ばせたかった事。」を話している姿に感動していま

した。


僕が覗かなければ ただひとり 淡々とこの世の使命を終えて消えて

いたはずの 彼にとっての今年のホタルシーズンに 思いをはせた

宿屋親父でございました。


日が変わり 今日は快晴。今日も一日、素晴らしい一日でありますよう

に、素敵な出会いがありますように。


          山口長門のゆもと温泉 宿屋のおやじ でした。


                                   ではでは。

chinsuiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス