年商8桁サロンへ導いた

 
運をコントロールする女社長
 
千野叶杏未です。
 
 
 
 
 
1ヶ月前
 
理想の夫婦というものを目の当たりにして
 
今までの私達夫婦の関係は一方的だけど
 
私の中で崩壊が始まった。
 
これから理想の2人への道が
 
この先繋がっているのか
 
途切れてしまうのか…
 
 
 
 
 
{6CB42AD1-2480-491D-B3A4-A59FCB7AA8F7}

 

 
山形から戻ると、
 
ものすごい勢いで固定概念や
 
今まで当たり前と思っていたこと
 
子供や家族の為に犠牲になることが
 
愛だと言う偽り。
 
もうね、感情の波に晒されて
 
久しぶりに心が叫び続け溢れた涙。
 
現実に大きくこころを揺さぶられ
 
涙を流すなんて思いもよらなかった。
 
 
 
 
「離婚しようかな」
 
 
 
 
 
自分の心に深く深く向き合って
 
奥底の自分がもがいている。
 
これまでに自分が作った今の私
 
 
「はしゃげない」
「表現に乏しい」
「言葉にしない」
「伝えられない」
「黙り込む」
「過ぎるのをじっと待つ」
 
 
 
 
これに我慢のできない自分を見つけて
 
どうしよう泣ける。
 
1人でこの感情を表すなら
 
いっそのことすべてを捨て
 
ひとりを選択しようかと
 
パートナーである旦那さんと離婚して
 
向き合うことや辛いことからも逃げよう
 
そう考えて、
 
その感情から逃れられない現状に
 
膝を抱え頭を伏せ、
 
海底へ沈んだ沈没船みたいな日々だった。
 
 
 
 
 
自分の夢や叶えたいことや考えを
 
伝えるのって凄くすごく難しい。
 
一言に集約してしまったら
 
ばっさり一言で返されてしまう。
 
「お前のわがままだろ」って…
 
それなら言わず伝えず別れを選び
 
ひとりで生きる道を選択しても
 
当然、後悔することは決まっている。
 
どちらにせよ、
 
もがき苦しいものには変わらない。
 
 
 
 
 
週末、
 
無表情と無関心さで凝り固まった
 
解けようのない自分のこころに
 
満月を浴びたfull moon Waterは
 
氷河が解けていくように、
 
きっとお互いなんだけど解けて水浸し。
 
 
 
 
 
旦那さんのいっぱいの愛を感じたし
 
心に蓋をするのはやめようと決心もできた。
 
 
 
 
 
 
 
自分の夢や叶えたいことや考えを
 
「ちゃんと伝える日」を作りたくて
 
月1のデートの日を約束してみた。
 
 
 
 
選んだのは18日土曜日
 
 
 
 
たまたま愛読書に書いてあった
 
この日のメッセージには
 
 
{EA23007D-8EED-4448-AFB4-E62764AFEB8A}
 
 
私の心がざわついているメッセージだった。
 
これから理想の2人への道が
 
この先繋がっているのか
 
途切れてしまうのか…
 
 
 
 
次のステージへ上がる準備はできた。
 
自己愛の世界を私は選ぶよ。
 
旦那さん、あなたはどっちを選ぶのかなぁ。