#テストテストー

テーマ:


AD
(2017.04.15)
松竹早稲田でインド映画を5時間近く2本立てで見てきた♪まず、一本目。
 
「きっと、うまくいく」(3idiots)
 
   
端的にいうと、すごくよかった、その一言に尽きます。
 
卒業から10年間、音信不通になっていたランチョーが見つかったという知らせを受けて、ラジューとファラン、ランチョーのライバルだったチャトルの三人で、10年前の思い出を回想録のように追いかけながら、ランチョーにたどり着くまでの物語。
 
 
 
インドでは産まれた子供が女の子だったら医者、男の子だったらエンジニアに。
子供がいい会社に入って安泰になれば自分の老後も安泰、そう考える親御さんが多いという。
 
貧しい中で育ててもらった期待に応えて立派にならなければ...
 
そんなプレッシャーの中、インドの超キャリア志向を背景に、若い人たちの自殺率が高い、という話もありつつ。
 
インドならではの階級社会の闇のような部分も描かれ、特に一番最初の寮で上級生が下級生に嫌がらせをしているシーンなんかは、インドの学生事情の闇のような部分なのではないかと、容易に想像がついたり。
 
 
 
生まれたての赤ちゃんが産声を上げず、失望の中で呪文のように"Aal Izz Well"を唱えたところ息を吹き返す、そんな馬鹿な(w)というシーンもたくさんあったし。
お約束の歌って踊るシーンは健在で、後半はちょっと歌いいから物語進めておくれ、と、若干食傷気味になりつつもw
 
 
 
後半、ランチョーの真実が明かされていくシーンあたりからまたも前のめりになって3時間近い映画なのに、泣いたり笑ったり、すごく忙しい映画だった。
 
ラージューが自らの命と引き換えにランチョーを守ろうとしたシーン、そして、そこからたくさんの人たちに支えられてまさに起死回生をはかるところは、見ていて一番好きなシーンだったな。
 
 
 
 
「痛い思いをして学んだことだから」
 
面接のシーンで、面接官から「君は素直すぎてわが社向きではない」というようなことを言われた時。
 
 
自分の真っ直ぐさを否定せず、それでだめなら結構です。
という態度を取ったラージュー。
 
自分に素直に、実直に生きていく。
誰かのためではなくて、自分のために生きていく。
 
 
 
ファランもラージューも、ランチョーを通して大事なことに気づかされる。
 
 
最後のどんでん返しは本当に爽快だったな。
10代、20代の頃に出会いたかった作品でした。
そして、うちの会社にラージュー似のイケメンがいることに気づいてニンマリw
顔だけじゃなくて胸毛ボーボーなとことかも含めてそっくりw
 
ありきたりなんだけれど、また見たいな、と、思わせる。
笑って泣いて、そして最後にもう一度大笑いし幸せな気持ちになる、そんな映画でした。
 
どこかでもう一度上映しないだろか。
また劇場で見たい。
 
AD

ひぃー!!

すっかりご無沙汰しておりました。

約1年ぶり(正しくは11ヶ月と2週間ぶりくらい)!

 

そして、これを書いているのがもう7月なのですが、あれこれ思い出し記録を残していこうかと思う次第です。

いろいろあったのですよ...ホント、いろいろあったんです...

(くぅが虹の橋を渡ったり、新しい子をお迎えしたり、喘息&猫アレルギー発症とか)

 

そんなわけで、アップした日付通りに上げていきますが、しばらくしたら元の日付に戻す作業を行いますので、粛々と記録をつけていたかのような書きざまになるかと思いますが、また気長にお付き合いいただけると嬉しいです♪

AD

7月読書の記録と記憶。

テーマ:
思っていたほどは読んでなかったけど、7月もほどよくよく読みましたヽ(・∀・)ノ

今月も目標のP2000超え。
素敵な作品にたくさん出会いました。

 

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2445ページ
ナイス数:52ナイス

145gの孤独145gの孤独感想
最後の2ページ、どう受け取って良いかわからなくて「???」ってなってしまった。
すごく面白くてあっちゅー間に読みきった。ボキャ貧な感想しか出てこないのが残念過ぎますが…(;´д`)
読了日:7月31日 著者:伊岡瞬
風が強く吹いている (新潮文庫)風が強く吹いている (新潮文庫)感想
前回読んだ作品もそうだったからか、三浦さんの作品からは「チームプレー」の尊さとと言うかなんと言うか…そういうことをテーマに作品をかかれている作家さんなのかしら、と、思うほどに。
前作同様、一人では決してなし得ない事をモチーフに、目標に向かっていく登場人物の心の機微が描かれていて読んでいてとても気持ち良かった。
確か、映画化されていた気がするので、そちらも見てみたい!
読了日:7月24日 著者:三浦しをん
星の王子さま (集英社文庫)星の王子さま (集英社文庫)感想
初めて読んだのが池澤さんの翻訳本で良かった!と、思いつつ、他の翻訳家さん達がこの作品をどんな風に翻訳されたのかとても気になりました。きつねの言葉がとても印象的。
読了日:7月18日 著者:AntoinedeSaintExup´ery
ハチ公の最後の恋人 (1時間文庫)ハチ公の最後の恋人 (1時間文庫)感想
終わりが見えているから全力で寄り添いあう。離別のいたみを味わいながらも、永遠のお別れでないことに気付くマオの想いと。凄く共感したり、今の自分が読むべくして出逢った一冊だったと思います。
読了日:7月15日 著者:吉本ばなな
ドラゴン・ティアーズ──龍涙ドラゴン・ティアーズ──龍涙感想
マコトに…と、最後の最後にビックリな展開すぎてびびったwこの作品が2009年頃の作品なので、その後、の物語にこの妹ちゃんの出番があったりして♪wいやぁーほっこりした!
読了日:7月12日 著者:石田衣良
Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉感想
相変わらず面白かった♪
読了日:7月10日 著者:石田衣良
武士道セブンティーン武士道セブンティーン感想
剣道、授業で少しやったくらいの経験しかなかったけど、描写がとても分かりやすくて面白かったー。早苗と香織。それぞれ成長していく姿にほほえましい気持ちになったり、羨ましい気持ちになったり…。前後作品があるようなので読んでみたいと思います!あと、何かの解説で「誉田哲也初の誰も死なない!作品シリーズ」って書いてあったのに笑ってしまったw(姫川シリーズの大ファンなので!)
読了日:7月9日 著者:誉田哲也
神様ゲーム (講談社文庫)神様ゲーム (講談社文庫)感想
本をジャケ買いしましたw(装画ヒグチユウコさん♪)
最後の最後で「んんんんんんん?!」と言う展開にそわーっと背筋がヒンヤリする感覚を味わいました。
他のシリーズ作品も読んでみたいです…が、小学生であんなに死体を何度も見ちゃったら生涯トラウマだよね(^-^;って思った次第ですw
読了日:7月5日 著者:麻耶雄嵩

読書メーター
お芝居を見てきました。
大好きな役者、野口君が出てまして。


ボイジャー1号に搭載されているゴールデンレコードなどをモチーフに、なぜ私たちは生きるのか、どこからやってきてどこへいくのか。

小さな子供たちの素朴な疑問に答えていくかのような、たくさんの問いかけが散りばめられたとても素敵な物語でした。

officialより転載


「わたしたちのからだは星でできている」



この世にはわからないことがたくさんあります。

宇宙の果てはどうなっているの?

生まれる前はどんなとこにいたの?

生まれる前はどんなところにいたの?

死んだ後はどうなるの?





...

途中で、このバラバラな展開をどう回収するんだろうか…と、一抹の不安も感じました(笑)が、最後の最後で「あぁ!!」と、合点がいく感じ。

最後の一個、パズルのピースがかちっとはまるような快感。
吸い込まれるように見いってしまったダンス…


超新星爆発によってこの銀河系宇宙ができたこと。

その爆発によって発生したいろんな成分で私たちの体は構成されていること。



ボイジャー1号は、省エネのために少しずつ電源を落とされながらも。

ゴールデンレコードを乗せてはるか遠くを旅している。



物理学的な観点と哲学的な観点を持ち合わせたとても面白い作品でした。



小さな頃、亡くなった人はどこへ行ってしまうんだろうという素朴な疑問に。



「夜を照らす星になったのよ」


と、答えてくれた母。

あながち、間違いでもないのかもしれない。

私たちはみんな、星のかけらからできている。

だから、みんな。
夜空の星に帰る、そして、返るのか。



素晴らしい作品に出合いました。