お陰さまで…

昨日、1つ歳をとる事が出来ました。
(日付けが変わってしまったので、正確には一昨日になります。)
改めて心から感謝します。


滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」が印象的な、2020年のオリンピック開催国が日本に決まった時、

実家のお布団の中で、「オリンピックの2020年は私はこの世にはいないだろうな…」と、悲しく、寂しく、切ない気持ちになった事をよく覚えています。

それだけに、1年1年歳を重ねられる事をとても嬉しく思います。


若い時は早く大人になりたくて、「早く歳をとりたい」と思っていた時期がありましたが、

ある程度年齢がいってからは、「これ以上歳をとりたくない」と都合の良い事を思っていました。

だけど今は、歳を重ねられると言うことが、どれほど幸せな事なのか気づかされ、1つ歳をとった昨日は幸せな気持ちで満たされました。


昨日嬉しかったこと。
ブログに残したいと思います。


夕方、宅急便が届きました。
玄関を開けると、配達員の方が両手にお花を抱えていました。
送り主はサプライズ好きな主人からでした。

「今年も誕生日を迎えてくれたことに感謝です!」

と、このメッセージにうるうるきてしまいました。


それから、わざわざケーキを買ってきてくれました。

以前も買ってきてくれたことがある、
「 PIERRE  HERME 」のケーキ箱が2つ。


こんなにハイセンスでお洒落なケーキが1つずつ別々の箱に入っていました!


ラズベリーのケーキ。
マカロンのような感じで、中にはライチが入っていました!
甘酸っぱくて美味しかったです。


金粉のせチョコレートケーキ。
濃厚なお味で、口の中に広がるチョコレートの風味がとてもハイクオリティでした。

素敵すぎるサプライズをありがとう!



最後になりますが、高校時代の親友から手作りの部屋飾り(リース)をいただきました。↓

手作りだなんて思えませんね。
センス抜群です。


どこから見てもとても素敵です。
時間をかけて作ってくれてありがとう。


また来年に向けて、素敵な時を刻みたいと思います。
AD