今年のゴールデンウィーク
韓国も一応自粛生活の中、最終日だけお出掛け。 
(5/5でソーシャル・ディスタンスが終わり、第二段階突入)

というのは私の仕事は4/30から連休だけど
子供達も私もカレンダー通りオンライン授業あり、というなかなか動きづらいスケジュール。


天気はイマイチだけど最終日のこどもの日にお出掛け。
ヨジュにある知り合いの酪農体験牧場に行く途中の炭焼きカルビ&カルビタンのお店でランチ。


3年前くらいにも立ち寄ったお店、リニューアルしてました。





おかずがどれもツヤがあって見た目も良く
安い食堂で出てくるテキトー感とは違う美味しさ。



グツグツ煮えたぎる骨付きカルビ
食べ応え十分でみんな満足でした^ ^




ちょっといいお店で良く出てくる
細長い白い人参をイヤイヤ食べてこの表情(笑)



今回は長男も一緒
1人行かないことが多いので嬉しい^ ^




牧場について併設のカフェに向かおうとしたら
写真では写ってないけど敷地内には
もの凄い人の数に唖然…
真夏の海だったら芋洗いか?というのに近い。


見慣れたのどかな牧場の牧歌的風景が
どこかのイベント会場のような人出にびっくり。
青々として綺麗に手入れされていた芝生も剥げて地面が露出。


こちらの牧場主一家とは我が家が日本在住だった15年前から家族ぐるみのお付き合い。
うちの旦那さんがチョイと監修(?)をした韓国で酪農体験牧場の先駆者的存在の牧場です。

夏には良くコテージに泊まらせてもらったり
年に数回訪れてはチーズ、ソーセージ、アイスクリーム、ピザ作り体験や敷地内での〜んびりま〜ったり好きなように歩き回り遊ぶのが定番の過ごし方。


旦那さんが先々週仕事のついでに立ち寄り、
コロナ以降の話を聞いてびっくり。

私も話は聞いていたけど
人がうじゃうじゃいて物凄く違和感でした。
アルバイトを数人雇ってても
とても手が回らない、とうのも納得でした。



あまりに人が多くて落ち着かない💦
でも末っ子はお目当ての牧場の子犬達のお世話をし、長男・次男は座ってスマホいじりながら、ぼ〜っと。
旦那さんは牧場内をあちこち点検(?)管理のアドバイス。

中間でカフェに5人で集まり、
話してはそれぞれぼ〜っとを繰り返し
3時間経つ頃に牧場を後にしました。



旦那以外、いつも大体みんな家に一緒に居るけど、それぞれ別の部屋でオンライン学習してたり私は家事してたり、一緒にテレビ観たり話したり過ごし方はさまざま。


日帰り旅行で車の中、という同じ空間でくっついて座り、みんなであーだこーだ他愛もないおしゃべりが続く。
途中スマホ観てたり寝てたり、前座席・後部座席で分かれて話したり。


私は途中から寝て、目が覚めたら牧場に戻っていてボー然…。なんと次男がカフェにスマホを置き忘れて取りに戻ったと聞かされ

唖然…

でもまあ、いいか〜
あったわけだし、みんなでまたおしゃべりしながら
寄り道でもしてのんびり帰ろうよ〜、と
穏やか〜な帰路でした^ ^


特に何もしていないけど
楽しかった〜と子供達。
ここ2、3年は特別何かしなくても楽しい、ということが多い。


あれこれ行く場所もする事も調べたり計画したり、で毎回準備や連れて行ったりで忙しく大変だったあの頃が懐かしい。


単純に子供達の成長や緩やか〜な価値観の変化を感じます。


数年間家で迷子になっていた我が家の鯉のぼり。
パッチワークが得意で趣味の祖母が
10年くらい前に作ってくれたもの。

見つけて出してあげられて良かった!
こどもの日だから、あれ作ってこれ作って飾り付けてお祝い、ももう数年前から簡素化して家族でお出掛けや外食に。

ここ数年で今年は時間的に余裕があった方で、子供達も私達親もリラックスして楽しんだこどもの日。
こういう過ごし方もアリだな〜^ ^